ファンドマネージャーたちが選び抜いた日本株とは

ファンドマネージャーたちが選び抜いた日本株とは

市場の平均に勝つ運用を目指す日本株アクティブファンドのファンドマネージャー。彼らはまさに日本株選びのプロフェッショナルと呼べるでしょう。そんなファンドマネージャーたちが選び抜いた銘柄とはどのような銘柄なのでしょうか?野村総合研究所が日本株のアクティブ型投資信託約400ファンドを集計し、それらの投信の保有比率が高い銘柄を抽出しました。本コンテンツでは2020年6月時点の最新集計データをご紹介します。

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。

日本株に投資する投信の保有銘柄を野村総合研究所が集計

野村総合研究所は国内公募型の日本株を投資対象とした投信から「インデックス型」「業種特化型」「企業グループ特化型」などの投信を除外し、残った約400のアクティブ型投信の運用報告書から各投信の保有銘柄を抽出して投信ごとの「アクティブ度」を計算しました。「アクティブ度」とはその投信のポートフォリオとベンチマークとなる株価指数(パフォーマンスの基準とする株価指数)の構成銘柄との乖離度合いを示します。
本コンテンツでは「アクティブ度」が高かった上位3分の1の投資信託の保有銘柄の分析結果を紹介しています。

2020年6月の最新データは?

それでは2020年6月時点の集計で高アクティブファンドの保有比率が高い銘柄はどのような銘柄なのでしょうか?

2020年6月時点の集計で高アクティブ投信の保有比率が高い銘柄(上位20社)

銘柄名 市場名 高アクティブ
投信
構成比率
7月16日
終値(円)
時価総額
(億円)
予想PER
(倍)
PBR
(倍)
エムスリー(2413) 東1 1.23314207 4,770 32,373.3 119.9 19.5
ペプチドリーム (4587) 東1 1.04182819 4,660 5,867.4 133.2 35.4
レーザーテック (6920) 東1 0.97708523 10,240 9,654.9 92.3 26.7
ネットワンシステムズ (7518) 東1 0.76100324 3,505 3,014.3 25.8 4.5
SHIFT (3697) 東1 0.73708037 11,170 1,777.1 122.1 17.8
アンリツ (6754) 東1 0.73608935 2,464 3,406.9 25.1 3.6
太陽誘電 (6976) 東1 0.62137348 3,345 4,355.8 19.5 2.0
弁護士ドットコム (6027) マザーズ 0.60201627 9,880 2,199.3 439.9 103.3
ソフトバンクグループ (9984) 東1 0.6015662 6,403 133,810.8 7.3 2.1
朝日インテック (7747) 東1 0.57183793 3,015 7,855.0 87.5 11.0
NITTOKU (6145) JASDAQ 0.51986804 2,891 523.2 23.7 1.8
神戸物産 (3038) 東1 0.51073796 6,550 8,960.4 53.0 14.1
ジャパンマテリアル (6055) 東1 0.50436265 1,668 1,753.9 29.5 6.3
ベネフィット・ワン (2412) 東1 0.49143995 2,123 3,396.2 54.5 20.4
メルカリ (4385) マザーズ 0.48519902 4,160 6,493.8 - 20.2
ラクスル (4384) 東1 0.46104698 3,330 935.7 - 14.4
メニコン (7780) 東1 0.45973792 5,280 2,007.8 44.5 3.7
サイバーエージェント (4751) 東1 0.45942704 5,790 7,320.1 91.3 9.2
アトラエ (6194) 東1 0.45814263 2,988 397.7 73.2 9.6
ラクス (3923) マザーズ 0.45249566 2,425 2,197.2 93.9 42.3

(出所)野村総合研究所の集計データおよび7月16日時点のQUICKデータを元にマネックス証券作成

本情報は、公表データををもとに分析したものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、投資判断・資産運用の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘等を目的としたものではありません。
本情報の著作権、知的財産権その他一切の権利は、株式会社野村総合研究所またはその許諾者に帰属しており、電子的方法または機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を行うことを禁止いたします。株式会社野村総合研究所は、本情報の正確性、信頼性、完全性についてその原因のいかんを問わず一切責任を負いません。

新たにアクティブファンドの保有比率が高くなった銘柄は?

2020年5月時点の集計ではアクティブファンドの保有データがなく、2020年6月時点の集計で保有比率が高くなった銘柄はどのような銘柄なのでしょうか?

2020年5月時点の集計では保有データがなく2020年6月時点の集計で保有比率が高くなった銘柄

銘柄名 市場名 高アクティブ
投信
構成比率
7月16日
終値(円)
時価総額
(億円)
予想PER
(倍)
PBR
(倍)
日本通運 (9062) 東1 0.01826318 5,750 5,520.0 14.8 1.0
キリンホールディングス (2503) 東1 0.01635624 2,163 19,769.8 15.6 2.3
大阪有機化学工業 (4187) 東1 0.01561148 2,768 620.3 23.1 1.8
ブラザー工業 (6448) 東1 0.01449823 1,911 5,011.0 9.9 1.2
本田技研工業 (7267) 東1 0.01334383 2,843 51,489.9 17.5 0.6
白銅 (7637) 東1 0.01316995 1,401 158.9 14.9 0.9
日本製粉 (2001) 東1 0.01292662 1,699 1,339.2 18.60811286 0.8473
大真空 (6962) 東1 0.01189947 2,190 198.2 29.46086667 0.705
松屋フーズ (9887) 東1 0.01184073 3550 676.8 26.0191 1.5749
シミックホールディングス (2309) 東1 0.01070081 1393 263.6 10.95361739 1.0941
日野自動車 (7205) 東1 0.01016437 749 4,303.6 85.989594 0.7929
ドーン (2303) JASDAQ 0.00877394 2,282 75.3 32.2 4.4
日本精線 (5659) 東1 0.00652494 3,380 219.4 18.8 0.7
日本製紙 (3863) 東1 0.00633318 1,503 1,747.3 12.2 0.5
十六銀行 (8356) 東1 0.00599883 1,942 736.5 6.7 0.2
ワールドホールディングス (2429) 東1 0.00568392 1,558 273.6 4.9 1.1
ダイキョーニシカワ (4246) 東1 0.00549553 499 368.7 5.7 0.5
野村マイクロ・サイエンス (6254) 東2 0.00539126 2,079 211.1 14.57700535 1.8503
大成建設 (1801) 東1 0.00525943 3,895 8,745.9 14.63060018 1.0921
昭和真空 (6384) JASDAQ 0.00461278 1383 89.9 11.03257772 0.917
キョウデン (6881) 東2 0.00458865 302 157.9 7.897489474 0.8024
JMS (7702) 東1 0.00398297 786 194.4 11.97893125 0.5927
東邦ホールディングス (8129) 東1 0.003818 1,981 1,550.5 8.7 0.6
スバル興業 (9632) 東1 0.00347991 7,770 206.8 7.8 0.8
ホギメディカル (3593) 東1 0.00295247 3,210 1,049.1 18.3 1.0
澁澤倉庫 (9304) 東1 0.00238949 1,965 299.0 11.1 0.7
日本ピストンリング (6461) 東1 0.00207045 1,215 101.7 9.8 0.3
ジーエルサイエンス (7705) 東2 0.00192712 2,051 229.5 10.8 1.0
ブロッコリー (2706) JASDAQ 0.00175155 1626 142.2 23.7051 1.5132
木村化工機 (6378) 東1 0.00161504 410 84.5 8.994172043 0.6894
和井田製作所 (6158) JASDAQ 0.00120336 944 66.3 202.288 0.752
ディーブイエックス (3079) 東1 0.00119199 893 100.7 26.9 1.2
トーメンデバイス (2737) 東1 0.00105359 3,840 261.2 12.4 0.8
イワブチ (5983) JASDAQ 0.00094174 5,990 65.9 18.5 0.4
アゼアス (3161) 東2 0.00087028 886 53.9 28.3 0.9
前田製作所 (6281) JASDAQ 0.00066731 476 76.6 6.5 0.6
小田原エンジニアリング (6149) JASDAQ 0.00043159 1,845 117.9 22.6 0.9
ジオスター (5282) 東2 0.00031707 298 94.0 18.6 0.5
ユタカ技研 (7229) JASDAQ 0.00017151 1,648 244.2 11.5 0.3
北陸電気工業 (6989) 東1 0.00017105 840 77.7 17.6 0.6
神島化学工業 (4026) 東2 0.00009314 719 66.4 11.2 0.9
西川計測 (7500) JASDAQ 0.00007461 3,950 135.6 11.1 1.2
南陽 (7417) 東1 0.00003503 1,551 102.6 11.6 0.5

(出所)野村総合研究所の集計データおよび7月16日時点のQUICKデータを元にマネックス証券作成

本情報は、公表データををもとに分析したものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、投資判断・資産運用の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘等を目的としたものではありません。
本情報の著作権、知的財産権その他一切の権利は、株式会社野村総合研究所またはその許諾者に帰属しており、電子的方法または機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を行うことを禁止いたします。株式会社野村総合研究所は、本情報の正確性、信頼性、完全性についてその原因のいかんを問わず一切責任を負いません。

特に注目の銘柄は?

新たにアクティブファンドの保有が判明した銘柄の中から高アクティブ投信構成比率の高い上位5銘柄をご紹介します。

日本通運(9062)

企業概要

国内最大の総合物流会社、通称「日通」。国内輸送・国際輸送・専門輸送(鉄道・トラック・航空・内航輸送、倉庫)のグローバルなロジスティクス事業を主軸に、物流サポート、警備輸送などのサービスを提供。世界5極体制、陸・海・空 の多彩な輸送モードを駆使、ワンストップの世界最大級のネットワークでグローバルビジネスをサポート(世界47カ国に700拠点超を持つグローバル・ロジスティクスにより国際航空貨物輸送は国内企業では圧倒的なトップ、新世界日通戦略を推進)。傘下に名鉄運輸<9077>(持分法適用会社)を持つ。2009年宅配便事業を「ゆうパック」に引き継ぐ。2011年三井物産と物流事業で業務提携。2013年NEC・パナソニックと物流子会社設立・子会社化。2015年名鉄運輸と資本業務提携。2016年中国アリババグループと国際ネット通販で業務提携。2018年アパレル物流の伊Everforth社を買収(約190億円)。

通期業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター


キリンホールディングス(2503)

企業概要

国内最大級のビール・飲料会社。酒類・飲料を基盤とした綜合飲料事業(ビール・発泡酒・ワイン・チューハイ・焼酎・ウイスキー、清涼飲料)、医薬・バイオケミカル事業をグローバルに展開。主要商品は「ラガービール」「一番搾り」「麒麟淡麗」「生茶」「午後の紅茶」「FIRE」「キリンレモン」など。海外は東南アジア・中国で有力会社と提携・販売強化を推進。主要傘下企業は麒麟麦酒、キリンビバレッジ、協和キリン<4151>、メルシャン。2016年クラフトビールの米ブルックリン・ブルワリー社と資本業務提携。2017年コカ・コーラグループと業務提携、30年以上続いた米製薬大手アムジェン社との合弁会社を解消。2019年4月協和発酵バイオ株式を協和キリンから譲受(1280億円)。2019年ファンケル<4921>と資本業務提携(持分法適用会社化)。2019年豪飲料事業を中国乳業大手に売却(456億円)。2020年ブラジル子会社をキッコーマンへ譲渡。主要取引先は三菱食品。

通期業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター


大阪有機化学工業(4187)

企業概要

アクリル酸エステルの中堅メーカー。エステル合成・機能性ポリマー合成・精密有機合成技術を基軸に塗料・インキ・粘接着剤・電子材料部材等の樹脂原料の製造販売、溶剤類の精製加工。アクリル酸エステルは、塗料・インキ・粘接着剤・電子材料部材等の樹脂原料。化成品(自動車塗料樹脂関連・光学フィルム用原料のアクリル酸エステル、塗料・粘接着剤向けのメタクリル酸エステル)、電子材料(液晶パネルや半導体用レジストの原材料)、機能化学品(化粧品原料・特殊溶剤・機能材料)事業を展開。化成品はマルチパーパス生産設備で多品種少量生産対応。伸縮性アクリル導電材料・伸縮性アクリルエラストマー、次世代半導体レジスト用材料、機能材料の超親水性材料「LAMBIC」に注力。2014年出光興産のアダマンタン誘導体事業を譲受。主要取引先は三菱ケミカル、JSR。

通期業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター


ブラザー工業(6448)

企業概要

電気・工業機械メーカー。プリンタ・デジタル複合機・ファクシミリ、産業用プリンティング機器、家庭用ミシン、工業用ミシン、電子文具、工作機械・工業用部品、業務用カラオケ機器等の製造・販売。明治創業の安井ミシン商会によるミシン販売を原点に家電全般の販売を経て、現在はデジタル複合機とプリンターが主力。世界中のSOHO市場で高いシェアを獲得、海外売上比率80%超(40以上の国と地域に生産拠点や販売・サービス拠点)。子会社で業務用通信カラオケ「JOYSOUND」(業界2位)を開発。2012年伝導機器のニッセイ<6271>をTOBにより連結子会社化。2013年米コダックのスキャナー事業取得(約200億円)。2015年英産業用プリンティングメーカーのドミノ社を1890億円で買収、テイチクエンタテインメントを買収。2018年産業/商用施設向け燃料電池市場に参入。2024年新社屋完成。

(出所)マネックス銘柄スカウター


本田技研工業(7267)

企業概要

国際的な自動車メーカー、自動車世界6位・オートバイ世界1位。世界各地の生産・販売ネットワークにより四輪車・二輪車のグローバル展開と共に船外機・小型ジェット機・ロボットなどを生産。主要車種は「アコード」「シビック」「フィット」「CR-V」「フリード」「N BOX」「アキュラ」など。ハイブリッド車では代表の「アコード ハイブリッド」を始め10車種以上、燃料自動車「クラリティ フューエル セル」、電気自動車(2018年)をラインアップ。燃料電池車・EV電池開発・自動運転で米GMと提携。二輪車「スーパーカブ」は世界生産累計1億台を達成。車以外では小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」(2015年就航)・汎用エンジン・船外機発電機・耕うん機・二足歩行ロボット「アシモ」などを開発・製造・販売。2015年市販車拡販を技術開発を狙いF1復帰。2016年新型燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」を発売。2017年自動運転AI技術で中国センスタイム社と業務提携。2018年自動運転でGMと業務提携。2019年傘下の車部品会社(日信工業、ケーヒン、ショーワ)を完全子会社化&日立オートモティブシステムズと統合へ。2020年いすゞ自動車と水素自動車の共同開発を決定。

通期業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター

アンケートにご協力ください

本コンテンツは皆様の参考になりましたでしょうか?ぜひ以下のアンケートフォームからアンケートにご協力をお願いいたします。

アンケートに回答する

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の売買手数料は、1注文の約定金額により異なり、2億円超の約定金額のとき最大手数料345,000円かかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。