サイト内の現在位置を表示しています。

【暗号資産CFD】契約締結前交付書面/取引約款 ご確認のお願い

いつもマネックス証券をご利用いただきありがとうございます。
この度、2021年7月21日(水)付けで契約締結前交付書面を改定いたしますのでご案内いたします。

2021年7月21日(水)週次メンテンナンス後に取引アプリ内で表示される改定後の書面をご確認の上、ご同意ください。改定後の書面にご同意いただくまでは、取引いただけませんので、ご注意ください。

改定内容

  1. 契約締結前交付書面
    • レバレッジ手数料率の算出方式変更に伴い、手数料に関する記載を修正。(p.6、p.15)
    • ストリーミング注文の執行順に関する記載の追加。(p.9)
    • その他一部文言の修正。
  2. 取引約款
    • 第11条(売買注文の取消・変更)
      一部記載の削除
    • 第15条(証拠金)
      一部記載の削除

暗号資産関連店頭デリバティブ取引(暗号資産CFD)に関する重要事項

<リスク>

暗号資産に関するリスク
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
取引に関するリスク
暗号資産CFDでは、暗号資産の価格変動によって、元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、取引対象である暗号資産の価格変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられておりますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

<手数料等>

暗号資産CFDでは、取引手数料はかかりませんが、ロールオーバー時に保有している建玉ごとに毎営業日レバレッジ手数料がかかります。レバレッジ手数料は当社が営業日単位で指定する料率が適用されます。なお、その料率は、相場状況によって日々変動するため、固定値として事前にお示しすることができません。また、レバレッジ手数料は消費税等の課税対象です。日々のレバレッジ手数料の詳細は取引ツール内及び当社ホームページよりご確認ください。
当社は、取扱い銘柄ごとにオファー価格(ASK)とビッド価格(BID)を同時に提示します。オファー価格とビッド価格には差額(スプレッド)があり、オファー価格はビッド価格よりも高くなっています。流動性の低下、相場の急激な変動により、スプレッドの幅は拡大することがあります。

<証拠金>

暗号資産CFDでは、取引額に対して一定の証拠金率(50%)以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイト掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。