サイト内の現在位置を表示しています。

これからのDX時代を見据えたファンド ゼロ・コンタクト

ハッチのファンドを見る眼 デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(愛称:ゼロ・コンタクト)

チーフ・外国株コンサルタントの岡元兵八郎(ハッチ)が、日興アセットマネジメントが設定・運用するデジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(愛称:ゼロ・コンタクト)をご紹介いたします。

ハッチのファンドを見る眼:ゼロ・コンタクト

(収録日:2021年8月20日)

マネックス証券のYouTubeチャンネル「マネックスオンデマンド」にリンクします。

目次:

  • ハッチのファンドを見る眼 (ファンドの注目ポイント)
  • 保有上位銘柄:ショッピファイについて
  • 保有上位銘柄:トゥイリオについて
  • 保有上位銘柄:ペロトン・インタラクティブについて
  • 保有上位銘柄:ツイッターについて
  • 保有上位銘柄:ペイパル・ホールディングスについて
  • マネックス証券で取扱いのあるARK社が調査に関わるファンド
  • コンセプト動画のご紹介

販売用資料を見る

ファンド紹介

デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(愛称:ゼロ・コンタクト)

ノーロードつみたてOK100円つみたてNISA
  • 主に、世界の上場株式の中から、ゼロ・コンタクト・ビジネスを行なう企業の株式などに投資を行ないます。
  • 今後の成長が期待される、ゼロ・コンタクト・ビジネス(非接触型ビジネス)関連企業の株式(預託証券を含みます。)を中心に投資を行なうことにより、中長期的な信託財産の成長をめざします。
  • 外貨建資産への投資にあたっては、原則として、為替ヘッジは行ないません。
  • 「デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド」「デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(予想分配金提示型)」との間でスイッチングが可能です。(NISA口座についてはスイッチングのお取扱いはありません。)

【投信つみたて】新規&増額積立で1000ポイントプレゼント

【投信つみたて】新規&増額積立で1000ポイントプレゼント

ハッチも注目!キャシー・ウッド氏率いるアーク・インベストメント

アーク・インベストメントの特長

米アーク・インベストメントは"破壊的イノベーション"への投資に特化した、非常にめずらしい運用会社です。アナリストの多くがテクノロジー企業などの出身者で構成されています。アークが伝統的な運用会社と異なる点やユニークな点は以下の通りです。

  • 既存の業種でなく、未来の世界を変える「破壊的イノベーション」に着目。
  • イノベーションを理解する専門家を金融以外からも採用。
  • イノベーションを実現する企業や、大企業の中での取り組みを発掘。
  • イノベーションがつくる未来の市場規模から逆算して、今の企業の株価を見る。
  • 自動車や電気など業種のタテ割りでアナリストを配置しない。
  • 企業の3ヵ月毎の業績発表など足元の数値を気にしない。

出所:日興アセットマネジメントのウェブサイト

キャシー・ウッド氏(ARK創業者 CIO/CEO)

キャシー・ウッド氏の写真

2014年1月のARK設立以前は、大手運用会社にて12年間、グローバルテーマ株式運用のCIOとして50億ドル以上を運用。
ダボス会議への出席、2016年"Women in Finance, Outstanding Contribution Award"や"2018 Bloomberg's Top 50"に選ばれるなど、業界でいま最も注目される女性のひとり。

出所:日興アセットマネジメントのウェブサイト

キャシー・ウッド氏の言葉に見る、アークの銘柄の選び方

安売りされている銘柄を胃の痛くなる想いをしても信じて、買う。

「株価が下落局面に入った時、一般的なアクティブファンドの運用者は自分達の評価対象であるベンチマークまたはインデックスに投資比率を近づけようとする傾向があります。なぜなら、そうすることで日経平均やダウ平均(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)といったベンチマークに大きく負けることはないと考えるからです。

しかし、市場のインデックスに近づけてしまったことで、いざ株価がリバウンドした時でも、インデックス程度にしか戻らないことがあります。個別銘柄の株価は上昇したのにファンド自体は思ったほど上昇しないといった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ARKはそれを避けたいと考えており、真逆のことをします。つまり他の運用者が下がると思って投げ 売った株式を買い集めるのです。売られる株式を安い値段で買おうとするために、下落局面において 私たちの運用ではインデックスよりも大きく下落する傾向もみられます。

しかし、私たちが見ているのは、足元の短期的な業績ではなく、その会社がやろうとしていることが5 年後、10年後、20年後にわたって、どれぐらいの市場を作り上げるのか、そして、その会社がその中 で何%ぐらいのシェアを握ることができるのかということ。さらに言えば、まだ存在しない「モノ」や 「サービス」の将来性をも見込んで投資を行なっているのです。

いわばベンチャーキャピタルの視点です。「5年で2倍」をひとつの指針ともしており、資本家目線に近い投資をしていると言えるでしょう。ですから私たちは、独自のリサーチと信念のもと、一番厳しい時に安売りされている銘柄を胃が痛くなる想いをしながらも買い集めます。ファンドの値動きは大きくなる傾向にありますが、だからこそ市場が反発するときには、より大きな上昇も期待できるのだと考えています。」

出所:日興アセットマネジメントのウェブサイト、資料

アークをさらに深く知るためには

アークと提携を結ぶ日興アセットマネジメントのウェブサイトでは、アークに関する情報が充実しています。アークについて、さらに深く知りたい方はぜひご覧ください。

ARKイノベーションファンドシリーズ

(日興アセットマネジメントのウェブサイトへ遷移します)

コンセプト動画(約4分)

デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(予想分配金提示型)コンセプト動画

(日興アセットマネジメントのウェブサイトへ遷移します)

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際の申込手数料はかかりませんが(IFAを媒介した取引で購入される場合を除く)、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、約定日の基準価額に最大計1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.38%(税込:2.618%)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。なお、IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引から投資信託を購入される際は、申込金額に対して最大3.5%(税込:3.85%)の申込手数料がかかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「ファンド詳細」よりご確認ください。

<その他>

投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。また、通貨選択型投資信託については、投資対象資産の価格変動リスクに加えて複雑な為替変動リスクを伴います。投資信託の収益分配金と、通貨選択型投資信託の収益/損失に関しては、以下をご確認ください。
投資信託の収益分配金に関するご説明
通貨選択型投資信託の収益/損失に関するご説明
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。