サイト内の現在位置を表示しています。

譲渡益税徴収に伴う外貨預り金の自動振替について

2021年11月22日より、特定口座にかかる譲渡益税の源泉徴収が行われるときに円貨預り金(またはMRF)が不足していた場合、外貨預り金を売却して不足分に充当いたしますので、お知らせいたします。

譲渡益税徴収に伴う外貨自動振替について(11/22~)

特定口座(源泉徴収あり)では、譲渡益税の徴収は証券総合取引口座で円貨にて行われます。
このため、譲渡益税(円換算)相当額の外貨預り金を保有していても円貨預り金(MRFを含む、以下同じ)の残高が譲渡益税分に満たない場合は不足金が発生し、お客様にご入金をお願いしていたほか、証券総合取引口座における有価証券の買付などが制限されておりました。

2021年11月22日(月)以降は、譲渡益税の徴収により円貨不足金が発生するときに、相当額の外貨預り金(円換算)が証券総合取引口座にある場合は、自動で外貨を円貨に振り替え、不足金に充当いたします。
これにより、お客様にご入金をいただく必要がなくなるほか、証券総合取引口座における不足金発生を起因としたお取引の制限もなくなります。

外国株取引をご利用のお客様へ

外国株取引口座において譲渡益税徴収のために行われる自動振替機能により外国株取引口座において不足金が発生するケースについては、現在対応を検討しております。今しばらくお時間をいただきますようお願いいたします。

例:円貨預り金がないときに外貨建て債券を外貨決済で売却した場合

2021年11月19日まで

2021年11月22日以降

外貨自動振替の概要

対象となるお客様

以下の1~4のすべてに該当する場合、お客様の保有する外貨預り金を自動で円貨に振り替え、譲渡益税の徴収により生じる不足金に充当します。

  1. 特定口座を開設し、「源泉徴収あり」を選択している
  2. 4営業日以内に予定されている譲渡益税徴収により、円貨預り金が不足する
  3. 2.で不足する金額(円換算)分以上の外貨預り金(対象10通貨の合計、後述参照)を証券総合取引口座で保有している(譲渡益税の徴収日までに受渡が完了するものを含む)
  4. 追証、立替金、引出不足請求が発生していない

以下の場合は、自動振替は行われません

  • 特定口座(源泉徴収なし)を開設している場合
  • 外貨預り金が証券総合取引口座にない場合(例:外国株取引口座で保有する外貨預かり金は、当該自動振替の対象外)

自動振替の対象となる通貨

自動振替の対象となる通貨は、10通貨です。以下の順で円貨に振り替えられ、不足金に充当されます(保有していない通貨はスキップされます)。
なお、円貨に振り替えた際の受渡金額が1円未満となる通貨は、自動為替の対象外となります(スキップされます)。

①米ドル ⇒ ②ユーロ ⇒ ③ポンド ⇒ ④豪ドル ⇒ ⑤カナダドル ⇒ ⑥NZドル ⇒ ⑦人民元 ⇒ ⑧南アランド ⇒ ⑨メキシコペソ ⇒ ⑩トルコリラ

自動振替が行われるタイミングと振替内容の確認

自動振替は、4営業日以内に発生する譲渡益税徴収によって円貨預り金が不足することが判明した場合に、原則、翌日の早朝に行われます。

適用される為替レート等の自動振替の詳細は、ログイン後の外国為替取引 注文約定一覧よりご確認いただけるほか(譲渡益税徴収日の前営業日まで)、外国為替取引報告書でも確認できます。

外貨自動振替の例

譲渡益税徴収により円貨預り金が不足する場合に行われる自動振替は、以下のように行われます。
なお、以下は自動振替の概要をご理解いただくために簡易な計算式を用いて作成しております。実際の振替金額算出にあたっての算出式や端数処理等とは異なりますので、振替金額も以下と異なる場合があります。

例1.譲渡益税全額が不足金となるケース

【条件】
譲渡益税:1,000円
円貨預り金:0円
米ドル預り金:50米ドル 為替レート:1米ドル=110円

・ 1,000円分の不足金の解消のため、9.10米ドル(1,000円÷110円)が振替えられます。

例2.譲渡益税の一部が不足金となるケース

【条件】
譲渡益税:1,000円
円貨預り金:300円
米ドル預り金:50米ドル 為替レート:1米ドル=110円

・ 700円分の不足金の解消のため、6.37米ドル(700円÷110円)が振替えられます。

例3.複数の通貨をまたいで振替えられるケース

【条件】
譲渡益税:1,000円
円貨預り金:0円
米ドル預り金:5米ドル 為替レート:1米ドル=110円
豪ドル預り金:10豪ドル 為替レート:1豪ドル=80円

・ 1,000円分の不足金の解消のため、
5米ドル(5米ドル×110円=550円)と5.63豪ドル(450円÷80円)が振替えられます。

ご留意事項

  • 譲渡益税徴収により円貨預り金が不足する場合に行われる自動振替は、譲渡益が発生したお取引が外貨でのお取引でない場合(例:国内上場株式や投資信託のお取引)でも、自動振替の条件を満たせば行われます。
  • 譲渡益税徴収による円貨預り金の不足金額に相当する外貨預り金(円換算、対象10通貨合計)がない場合は、自動振替は行われません。お客様によるご入金が必要となります。
  • 外国株取引口座での取引により発生した譲渡益税があった場合は、外国株取引口座から当該譲渡益税相当額の証券総合取引口座への振替が行われたうえでなお円貨預り金が不足するときに行われます。
  • 自動振替が行われた後、その後のお取引により譲渡益税の徴収額が減額となった場合は、振り替えた円貨はそのまま円貨預り金で保有されます。
  • 自動振替により不足金が解消する場合、不足金発生のお知らせは掲載・配信されませんが、自動振替処理の遅延等により、当該お知らせが掲載・配信される場合があります。
  • 自動為替に適用されるの為替レートは、円貨預り金の不足が発生することが判明した日の銀行公表電信買相場と売相場の仲値です。
  • お客様の口座状況により、自動振替が行われないケースがあります。