広木・大槻による新レポート「グローバル・マクロ・ウォッチ」開始

広木・大槻による新レポート「グローバル・マクロ・ウォッチ」開始

チーフ・ストラテジスト広木 隆とチーフ・アナリスト大槻 奈那によるグローバル・マクロ解説レポートを開始しました。今後、随時グローバルマクロ経済の見通しや中央銀行の金融政策についてコメントしてまいります。

第1回目は広木による雇用統計プレビューレポート

「米国雇用統計 - ハードデータの強さを示せるか」(広木隆)

110円台にまで進んだ円高が株式市場の重石となっているが、米国の長期金利が低下したのは米国景気にやや陰りが見え始めたからにほかならない。

広木・大槻による新レポート「グローバル・マクロ・ウォッチ」開始

直近発表された経済指標は強弱まちまちであった。特徴として、ソフトデータ(景況感や消費者信頼感といったセンチメント系)は強いのだが、ハードデータ(生産や消費などの実数)に弱さが見られる。その意味では、米国の経済指標のなかでもっとも重要な雇用統計 - いうまでもなくハードデータである - が、いつに増しても注目される。

今週末の雇用統計を占う一助として、ディープマクロ社のレポートを紹介しよう。ディープマクロ社はビッグデータを使ったユニークな分析手法で注目を集める米国の調査会社である。

ディープマクロ社の詳細

当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。