成長を続けるインド、その魅力と投資方法を解説

成長を続けるインド,その魅力と投資方法を解説,ゼロETF,ウィズダムツリーETF

世界第2位の人口を有するインドが今注目されています。インドを代表する株価指数(SENSEX指数)は5月に30,000ポイントを超え、史上最高値を更新し、その後も堅調に推移しています。
国内の高いIT技術力やGDPの高い成長率など、投資対象としての魅力は十分のインド。インドの魅力とインド株式へ投資する方法をご紹介します。

インドの魅力とその力強さの秘密は?

史上最高値を更新したインド株指数(SENSEX指数)

インドでは、2014年5月に現モディ政権が誕生し「Make in India(メイク・イン・インディア)」による国内製造業の強化策等、国内経済のテコ入れ策が進められてきました。その結果、政権発足前(2013年)より高い経済成長が続いています。

経済が成長するに連れて株価指数も上昇しており、SENSEX指数は2017年5月に30,000ポイントを超え、約2年ぶりに史上最高値を更新しました。

2014年1月末=100とした場合のインド(SENSEX指数)と日本(日経平均株価)の株価比較(月末値ベース)

出所:マネックス証券作成

増え続ける人口と高いGDP成長率

SENSEX指数上昇の背景には、インド国内経済の好調さがあります。インドは、図1のように人口が増え続けており、IMFの予測では2022年には、ほぼ中国の人口に追いつくという推移になっています。人口の構成比で若年層が多く、国内消費が盛んであることが経済の強さに繋がっています。
また、GDP成長率も図2のように、BRICs諸国と比べても高い水準が続いており、今後も引き続き高い成長率が予測されています。

中国・インド・日本・米国の人口推移(2017年以降はIMF予測)

出所:IMF(国際通貨基金)のデータ(2017年5月30日時点)を基にマネックス証券作成

BRICs各国のGDP成長率(2017年以降はIMF予測)

出所:IMF(国際通貨基金)のデータ(2017年5月30日時点)を基にマネックス証券作成

インド株式に「ゼロETF」で投資できるマネックス証券の商品のご案内

ウィズダムツリー・インド株収益ファンド(EPI)

当社の「ゼロETF」の対象でもあるEPI(連動指数:ウィズダムツリー・インド・アーニングス・インデックス)を使って投資してみるのはいかがでしょうか。
EPIは米国市場に上場するウィズダムツリー社が組成・運用するETFです。このETFの特長は、時価総額ではなく、企業収益に基づき構成銘柄および組入比率を決定している点です。時価総額が大きい企業でも利益が少ない企業にはあまり投資しないように作られています。しっかりと利益を稼ぎ出すインド企業の成長に投資できる仕組みになっています。

ウィズダムツリー・インド株収益ファンド(EPI)の概要

ウィズダムツリーの渡邊氏に詳しく語っていただいていますので、動画も是非ご視聴ください。

ウィズダムツリー・インド株収益ファンドのご紹介

  • インドとインド株の魅力
  • 良好な人口動態
  • 消費に支えられた経済
  • 高いGDP成長率
  • 金融政策による株価の下支え
  • ウィズダムツリー・インド株収益ファンドのご紹介

ウィズダムツリー・ジャパン株式会社 ETFストラテジスト渡邊 雅史氏

その他、インドに投資する投資信託はこちら

ゼロETF(米国ETF売買手数料実質無料プログラム)

ゼロETF(米国ETF売買手数料実質無料プログラム)

国内初のプログラムであるゼロETFでは、対象ETFの米国株取引手数料(売買ともに)を実質無料といたします(取引日の翌月末までに、お客様の外国株取引口座に米ドルでキャッシュバックいたします)。

→ ゼロETF(米国ETF売買手数料実質無料プログラム)

外国株取引口座をお持ちでない場合

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設手続きは証券総合取引口座開設後、すべてウェブサイト上で完了いたします。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

既にマネックス証券に外国株取引口座をお持ちのお客様は別途お手続きの必要はございません。

証券総合取引口座をお持ちでないお客様はこちら。

本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社及び説明者は、セミナー及び関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時又は提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社及び説明者はセミナー及び関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナー及び関連資料等は当社及び情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式及び米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、又は発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等及び手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。