FX PLUSオートレールが8月末にパワーアップします

FX PLUSオートレールが8月末にパワーアップします

利用者が1,000名を超え人気の「FX PLUS自動発注オートレール」の機能改善を、2017年8月28日に行う予定です。
セミナー等で皆様にいただきました貴重なご意見や、実際のお客様の取引状況をもとに、オートレール本体(親注文)の同時注文上限数を、現在の2本から10本まで引き上げます。また子注文に相当するトリガーの設置上限も、親注文1本につき50本まで引き上げます。
さらに利便性を向上させるため、設定時にトリガー設置レンジを表示させるなど、画面デザインの改修も行います。
2017年1月にサービス開始して以来初めての、お客様の声を受けた機能改善となります。ぜひこの機会に、カンタン・カシコイ自動発注オートレールをお試しください。
また改善内容は、月2回開催のオンラインセミナー「[相場解説付き] 資産運用としての外貨投資 FX"利大損小"志向&自動発注ガイド」でも解説します。(詳細は「レポート・セミナー」をご覧ください)少しでもご興味があれば、ぜひ当社オンラインセミナーもご利用ください。

「オートレールとは?」はコチラ

「松本大やFXトレーダーが鼎談 オートレール・ラボ特別号」はコチラ

機能改善の詳細

1.オートレール本体(親注文)の同時注文上限数の拡大

オートレール本体、つまり親注文の同時注文上限数を、現在の2本から10本まで引き上げます。「複数通貨ペアで自動売買させたい」「異なる設定値をもっと併存させたい」というお客様の声に応えます。別の通貨ペアはもちろん、3つある方向設定や売/買の別も、異なるものを10本まで併存させることができるようになります。
この改修は、オートレールが操作できるブラウザツール、スマートフォンアプリ、ライト版取引ツール、高機能取引ツールの全てで、操作が可能となります。

2.トリガー設定(子注文)の設置上限の拡大

オートレールは自動売買される子注文が発動するトリガーを、親注文設定時に必ず設置しますが、このトリガーの設置上限が、11本から50本まで引き上げられます。これもまた「上抜け/下抜けした時の機会損失を防ぎたい」といったお客様のご意見を反映したものとなります。
この改修も、オートレールが操作できるブラウザツール、スマートフォンアプリ、ライト版取引ツール、高機能取引ツールの全てで、操作が可能となります。

3.画面デザインの改善

その他、画面デザインも大きく改修します。
ブラウザツールでは、メニューに大きく「オートレール」のコーナーを新設。今まで各所に散らばっていた「サマリー・訂正・取消」画面や、「設定履歴」画面を注文実行画面と共に、一つにまとめます。
また、設定画面に「設定価格レンジ目安」の表示を新設し、お客様が入力したオートレール設定が実際に入るレンジを、レートでわかりやすく表示いたします。
細部にこだわり、この他にも数項目の利便性改善を実施いたします。

掲載している画面は開発中のものとなります。予告なく変更となる場合がありますので、ご留意ください。

FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)に関する重要事項

<リスク>

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

<手数料等>

FX PLUSでは、取引手数料はかかりません。当社は、通貨ペアごとにオファー価格(ASK)とビッド価格(BID)を同時に提示します。オファー価格とビッド価格には差額(スプレッド)があり、オファー価格はビッド価格よりも高くなっています。流動性の低下、相場の急激な変動により、スプレッドの幅は拡大することがあります。

<証拠金>

FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。