【米国株】円貨決済スタート!キャンペーンも実施中

米国株円貨決済スタート!

マネックス証券では、2018年3月26日(月)から米国(アメリカ)株取引の円貨決済機能を導入いたしました。これにより、従来は必要だった米ドル資金用意のためのご注文前の為替振替が不要になり、円貨のご用意だけで快適に取引を行うことができるようになりました。 また、円貨決済の導入を記念して、キャンペーン期間中の米国(アメリカ)株取引における円貨決済時の為替振替手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンを実施いたします。ふるって、ご利用ください。

ご注意

NISA(非課税口座)では円貨決済をご利用いただけませんのでご注意ください。

米国(アメリカ)株の円貨決済とは

米国(アメリカ)株の売買は米ドルで行われるため、米ドル資金を取引前に為替振替にて用意をする必要があります。米国(アメリカ)株円貨決済は、円貨資金を米国株の買付可能額に用いるため、注文時に米ドルが無く、円貨資金のみの状態でも株の買付けが行える機能です。
なお、円貨資金をもとに買付けを行った場合、決済代金の受渡しは米ドル資金にて行われるため、買付けの翌日に取引金額分の為替振替が自動で行われます。

米国(アメリカ)株の円貨決済の特長

いつでも米国(アメリカ)株の売買資金が用意できる!

米国(アメリカ)株の円貨決済に必要な円貨資金は、証券総合口座内にある円貨資金をいつでも米国株の買付可能額に反映できるため、1日に1回の米ドルへの為替振替後でも、即時に円貨資金の連携が可能です。取引開始時間後でも売買をしたいタイミングで自由に資金のご用意がいただけます。

無駄なく必要な分だけ円貨資金を利用できる!

米国(アメリカ)株の円貨決済では、米ドル資金と円貨資金の両方がある場合、米ドル資金から優先して使用しますので、米ドル資金が不足している最小限の金額だけ為替振替が自動で行われます。
米ドル資金と円貨資金の残額をご自身で都度計算することなく取引が行え、不要な為替振替も抑えることができるため、為替振替にかかる手数料を最小限に抑えられます。

円貨決済を使用した場合でも、売却代金は米ドルのまま返ってくる!

米国(アメリカ)株の円貨決済では、買付け時に円貨決済を利用した銘柄でも、売却時の売却代金は円貨への為替振替をせず、米ドルで返ってきます。
売却については円貨への為替振替が自動で行われないため、次の売買をそのまま米国株で行う場合に、不要な為替振替が行われず、為替振替にかかる手数料を抑えられるほか、スムーズに次のお取引をいただけます。また、円貨に戻したい場合はご自身で戻したい金額だけ為替振替を行うことができます。

米国(アメリカ)株の円貨決済を利用するには

米国(アメリカ)株の円貨決済は、外国株取引口座で円貨資金の連携設定・連携指示を行うことで利用可能です。

円貨余力の自動連携設定

外国株取引口座TOP画面で[米国株円貨決済 利用状況]の「自動連携を利用する」ボタンを押下すると自動連携の表示が[利用する]となり、17時頃時点で外国株取引口座内にある円貨資金が米国(アメリカ)株の買付可能額に加えられます。
当日の取引から円貨資金を使用する場合は、17時頃までに設定します。

円貨余力の連携指示

17時頃までに自動連携が設定されていない場合、もしくは自動連携した円貨資金を米国(アメリカ)株以外の注文等に使いたい場合は、外国株取引口座TOP画面で[米国株円貨決済 利用状況]の[当日連携済みの円貨金額(円)]の隣にある「増減」をクリックし、米国株買付可能額の円貨金額を増減させる指示を行います。
17時頃以降に外国株取引口座に振替を行った円貨資金を米国株買付可能額に加える場合も同様にこの指示を行います。

連携した円貨資金のうち、取引に使用した円貨資金は自動で為替振替が行われ、取引に使用しなかった円貨資金は連携が解除されます。

キャンペーン実施中

円貨決済では、お客様が米国(アメリカ)株取引をされる際に、米ドル資金が足りない場合、外国株取引口座の日本円を米国(アメリカ)株取引に利用し、後日、自動的に為替振替が行われます。本キャンペーンでは、自動的に為替振替された分の為替振替手数料(片道1ドルあたり25銭)を全額キャッシュバックいたします。

例えば......

米ドルで1,000ドル、外国株取引口座の日本円で100,000円分保有している状態で2,000米ドルの米国株を購入する場合、足りない1,000ドル分については、連携された100,000円を充当します。充当された100,000円分の為替振替にかかった為替振替手数料(250円)を全額キャッシュバックいたします。

翌日に100,000円分は、米ドルへの自動為替振替が行われます。この場合のキャッシュバック金額は、1,000米ドル×0.25=250円となります。

1米ドル=100円で計算しています。市況による為替変動を考慮を常に行い、掛目を設けていますので、1米ドルが100円の場合でも必ずしも100,000円分が1,000米ドルに換算されるわけではありません。ここでは簡略化のため、掛目や手数料などの諸経費は省略しています。

キャンペーン概要

キャンペーン期間 2018年3月26日(月)~ 2018年4月30日(月)(現地約定日ベース)
キャンペーン内容 キャンペーン金額上限: なし
エントリー要否: エントリー不要です。
キャンペーン期間中の米国(アメリカ)株取引における円貨決済時の為替振替手数料を全額キャッシュバックいたします。
キャッシュバック時期 2018年5月中旬頃、証券総合取引口座へ日本円でキャッシュバックいたします。
キャンペーン対象条件 対象口座:課税口座
対象取引:米国株取引における円貨決済時の為替振替手数料(1ドルあたり25銭)
対象取引経路:ウェブサイト、スマートフォンアプリ、ダウンロード型取引ツール
(米国株取引が可能な経路をいいます。スマートフォンアプリやダウンロード型取引ツールで為替振替を行うことはできませんので、ご注意ください。)
※本キャンペーン対象外の条件は以下をご参考ください。
キャンペーン対象外条件 下記口座状況のお客様
  • キャッシュバック時、証券総合取引口座を解約されている場合
その他の注意事項
  • 米国株デビュー応援プログラムは、米ドルへの初回為替振替日(約定日ベース)以降の取引が対象です。円貨決済機能では為替が自動で振替えられるため、事前の為替振替は不要です。
    ただし、同機能による自動振替の場合、為替振替(約定日)は翌国内営業日となります。
    そのため、米国株の初取引に円貨決済を利用した場合、初回為替振替が翌国内営業日となるため、初取引日の取引手数料(税抜)はキャッシュバック対象とはなりませんのでご注意ください。キャッシュバック対象とするためには事前に手動で為替振替を行っていただくようお願いいたします。
  • キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。