米国株取引ツール(ウェブ・スマホ)に新機能を追加!

ウェブ・スマホの米国株取引ツールに新機能を追加!

これまで米国株ダウンロード型取引ツール「トレードステーション」のみに実装されていた「マトリックス機能」、「ホットリスト機能」、「ニュース機能」を、「ウェブブラウザ型取引画面」および、「トレードステーション米国株 スマートフォン」(スマートフォンアプリ)に新規機能として追加することとなりました!
この機会にぜひご利用いただき、お客様の投資判断にお役立てください。

掲載画像は全て開発中の画像です。予告なく変更となることがあります。

各種追加機能のご紹介

マトリックス (板情報)・ホットリスト (ランキングリスト)

マトリックス機能とは、板情報を閲覧することができる機能です

売買の気配状況を、これまで以上に詳細に確認することが可能となります。

ここがポイント!

  • 日本からでは情報を得ることが比較的難しい、価格帯別の板情報リアルタイムで確認することができます!
  • 注文の出ているすべての価格帯の板を参照することが可能です!

ホットリスト機能とは、銘柄ランキングリストを作成できる機能です

 リストは30秒ごとに自動更新されます。

ここがポイント!

  • 日本からでは情報を得ることが比較的難しい、米国株の騰落状況リアルタイムで確認することができます!
  • 値上がり幅/出来高急増/急騰中等の条件を選択するだけで、ランキングリストの作成が可能です!

お客様の投資判断に、ぜひご活用ください。

すべての機能を利用するためには「米国プレミアム株価情報(LV1)」(税抜500円/月)へのお申込みが必要です。
未契約のお客様については、マトリックス機能はBATS取引所の最良気配のみ表示され、ホットリスト機能は表示が不可となります。
ご希望のお客様はコールセンターまでご連絡ください。

マトリックス機能

マトリックス機能

マトリックス機能

マトリックス機能

ホットリスト機能

「値上がり幅」を基にランキングを作成した際の画像です。

ホットリスト機能

ニュース(英語)

これまでダウンロード型ツールのみに実装されていたニュースの閲覧機能を、新たに追加いたします。
最新の市況情報や各銘柄にかかるニュースを随時取得可能です。

ニュース機能は英語版を提供予定です。今後、日本語に翻訳してのニュース配信も検討いたしております。

ニュースの情報については、Benzinga Newsより取得しております。

ニュース

各機能の追加予定日について

「マトリックス機能」、「ホットリスト機能」、「ニュース機能」は、「ウェブブラウザ型取引画面」および、「トレードステーション米国株 スマートフォン」」へ、10月中旬ごろより、順次追加予定です。
日程が確定次第、別途お知らせいたします。

スマートフォン版アプリについて

マネックス証券では米国株の取引において、スマートフォン版のアプリを提供しております。
主要オンライン証券で評価No.1のスマートフォンアプリとなっており(※1)、App Store(※2)での評価は、4.3とお客様から高い評価を獲得しております(2018年8月13日現在)。

主要オンライン証券No.1アプリ 米国株スマホアプリ(2018年8月17日最新情報)

※12018年8月13日現在。主要オンライン証券はSBI証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券をいいます。
App Storeにおいて各証券会社が提供するスマートフォンアプリの中での評価数値で比較。マネックス証券調べ。

※2App StoreはApple Inc.のサービスマークです。

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。