近年注目を集める「インパクト投資」とは

これからの投資の重要テーマ「SDGs」を学ぶ(4)

「これからの投資の重要テーマ『SDGs』を学ぶ」と題して、シリーズでSDGsをご紹介するコンテンツの第4弾です。今回は「インパクト投資」を解説いたします。

以下の文章、図表は大和住銀投信投資顧問の提供を受けています。

SDGsとインパクト投資

具体例:サファリコムが解決する社会的課題

ネット通販で買い物をしたり、家賃を支払ったりする際、金融機関の送金サービスを使うのは日本では当たり前のこと。ただ、それができるのは金融機関に口座を持っていることが前提です。一方、世界には金融機関に口座を開設できず、こういったサービスを使うことができない人々は少なくありません。

そんな状況が、近年、一変した国があります。東アフリカにあるケニア共和国です。街の中のあちこちに「M-PESA(エムペサ)」という緑色の看板を掲げた店舗が目につきます。携帯端末を使った決済サービスを手がける通信会社、サファリコムの代理店です。

「M-PESA」の仕組みは簡単で、まず、利用者は店舗の窓口で送金額と手数料を払います。次に送金相手に、送金額を伝えるメッセージと暗証番号を携帯電話のメールサービスで送ります。送金相手は、窓口でそのメールと暗証番号を提示すれば現金を受け取ることができます。
ケニアには農村から都市部に出稼ぎに行く貧困層も多く、そうした人々は金融機関の口座を持っていません。その一方で、彼らの携帯電話の保有率は高く、そこに着目して2007年にスタートした安全で手軽な「M-PESA」の送金サービスは瞬く間に受け入れられました。

2017年6月末のケニア国内におけるサファリコムの加入者数は人口のおよそ半分の2,300万人、代理店数は約14万3,000店まで拡大しています。
ケニアは人口が日本の約4割、国土は約1.5倍です。日本国内のコンビニエンスストアの店舗数が5.5万店程度(2018年9月時点)ですから、いかに生活に欠かせないインフラになっているかが分かります。

各種資料をもとに大和住銀投信投資顧問作成

社会的課題の解決と「インパクト投資」

こうした様々な社会的課題を世界中の国々が抱えています。それを解決するための資⾦を提供する「インパクト投資」と呼ばれる投資⼿法が近年注⽬を集めています。

インパクト投資の対象となるのは、社会的課題の解決に取り組むと同時に、それによって経済的利益の獲得にも成功している企業です。「新しい市場」を⽣み出し、⾼い成⻑機会を得ることで、業績は拡⼤することが期待されます。
例えば、前述のサファリコムの2018年3⽉期決算では、前期⽐14.3%増(約553億円)の純利益を上げるなど、⾼い成⻑を続けています。

社会的課題から創出される新市場とインパクト投資

各種資料をもとに大和住銀投信投資顧問作成

  • 上記は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
  • 上記は各種の信頼できると考えられる情報源から作成されておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 上記に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに将来変更される場合があります。
  • 上記のグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。
  • 上記のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

(2018年11月作成)

ファンドのご紹介

世界インパクト投資ファンド

本コンテンツの提供会社である大和住銀投信投資顧問では、「世界インパクト投資ファンド」を設定し提供しています。

世界インパクト投資ファンド(愛称:Better World)

つみたてOK 100円積立 NISA

このファンドの見方は、「社会的課題の解決(SDGs達成)をめざす中でイノベーションなどによって新しい市場が創出される」というもの。
革新的な技術やビジネスモデルをもっている世界の企業が投資対象です。
2018年5月末現在では、ケニアのサファリコムやバングラディッシュのグラミンフォンなど、日本では個別に投資することは難しい銘柄が組入れられています。

5分ほどの動画でファンドや、投資する銘柄についてわかりやすく解説されています。

世界インパクト投資ファンド動画一覧

(大和住銀投信投資顧問のウェブサイトが開きます。)

「SDGsを学ぶ」バックナンバー

マネックス証券では、重要なテーマとしてSDGsを解説してきました。
以下のページで過去ご紹介したコンテンツをご覧になれます。

重要テーマ「SDGs」

世界インパクト投資ファンド、世界インパクト投資ファンド(資産成長型)(愛称:Better World)の取引に関する重要事項

<リスク>

当ファンドは、主に値動きのある国内外の株式等を実質的な投資対象としています。当ファンドの基準価額は、組み入れた有価証券等の値動きや為替相場の変動等の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。当ファンドは、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

当ファンドご購入の際には、申込金額に対して最大3.24%(税込)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、換金時に直接ご負担いただく信託財産留保額はかかりませんが、当ファンドの保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率1.944%(税込)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

当ファンドご購入の際には、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。