2019年 相場プロの展望は? -米国株-

2019年 相場プロの展望は? ー米国株ー

2018年のダウ平均株価は、23,000ドル台後半から26,000ドル台後半にかけて大きく乱高下しました。トランプ大統領による対中貿易摩擦への懸念や、米中間選挙など、重大イベントが目白押しであった2018年。それを踏まえて2019年はどのような相場展開となりそうでしょうか。アメリカ本国にて、最前線で相場を見るプロ2名に、展望をお伺いしました。
日本株、FXに関するレポートは以下のボタンより、ご覧いただけます。

日本株
米国株
FX

日本株

米国株

FX

レポート執筆者の方々はこちら

広瀬 隆雄氏

コンテクスチュアル・インベストメンツ マネージング・ディレクター

広瀬 隆雄 氏

三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。マネージング・ディレクターとして活躍している。米国企業の動向に精通。米国フロリダ州在住。

来年挑戦したいことは?

将来、新興国株式市場が見直されることを見越し、新興国株式市場をもう一度基礎から勉強し直したい!

森 崇 氏

マンハッタン・グローバル・フィナンシャルCEO

森 崇 氏

大和証券、米国証券会社ブルーストン・キャピタル等を経て、現在、証券会社 マンハッタン・グローバル・フィナンシャル CEO。在米27年。テレビ東京「モーニング・サテライト」、ロイターテレビ、TBSラジオ等に出演の他、各種新聞、雑誌に寄稿中。米国のみならず、ヨーロッパ経済のマクロ・ミクロに精通し、その簡潔明瞭な語り口は多くのファンを持つ。

来年挑戦したいことは?

シリコンバレーにリサーチ拠点をつくり、最新のハイテクトレンドを発信するとともに、魅力的米国株のご紹介に役立てたく考えています。

2019年 米国株主要指数の予想レンジ

ダウ平均 S&P500 ナスダック総合
予想レンジ 2019年末 予想レンジ 2019年末 予想レンジ 2019年末
広瀬隆雄氏 22,859~26,300ドル 26,300ドル 2,467~2,835ポイント 2,835ポイント 6,559~7,546ポイント 7,546ポイント
森 崇 氏 25,000~27,000ドル 27,000ドル 2,700~2,950ポイント 2,950ポイント 7,400~8,200ポイント 8,200ポイント

広瀬 隆雄 氏:米国経済は、いよいよ野球で言う「8回裏」へ

  1. 2019年の米国株式は若干の上昇(+5%程度)を予想している
  2. 米ドル/円については若干のドル安(-4%程度)を予想している
  3. 政策金利引上げはストップされる
  4. 企業収益はハイテクを中心にブレーキがかかる
  5. ディフェンシブ株が注目される
  6. 米中貿易戦争の焦点はITセクターに移る

レポートを読む

森 崇 氏:2019年米国株はどうなる?

<前編>米国の景気拡大局面は終わりに向かう

<中編>米国経済は潜在成長率を上回る成長が持続する見通し

<後編>今回の米国株調整期と類似した2016年を振り返る

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。