当社のSORについて

当社では、2019年6月より現物取引において、SOR(スマート・オーダー・ルーティング)注文サービスを導入しております。本サービスは東京証券取引所に加え、私設取引システム(PTS)等の注文状況を参照することでお客様により有利な条件での約定機会を提供するものです。詳細はこちらをご覧ください。

当社では、2019年6月より現物取引において、SOR(スマート・オーダー・ルーティング)注文サービスを導入しております。本サービスは東京証券取引所に加え、私設取引システム(PTS)等の注文状況を参照することでお客様により有利な条件での約定機会を提供するものです。詳細はこちらをご覧ください。

一方、本日、一部報道機関で、個人投資家向けのSOR注文サービスを利用し、超高速で売買を繰り返すHFT(ハイ・フリークエンシー・トレード)業者が、個人投資家に先回りし有利な約定を行う可能性が報道されています。
これは、SORを利用した注文で、一定期間東証以外のPTSに発注状態となる「TIF(タイム・イン・フォース)」を導入した場合に発生します。PTSに発注状態となっている間に、HFT業者等が東証に先回りで発注を行うことで有利な約定ができる(個人投資家が不利な約定となる)というものです。
当社の提供するSORシステムではそのような形で個人投資家に不利な状態は発生いたしません。
以下のとおり、当社のSOR注文サービスの概要をご案内いたします。

当社におけるSORの概要

  • TIF(タイム・イン・フォース)は提供しておらず、お客様の注文を事前にHFT業者等が確認することはできません。
  • PTSへの注文がPTSで約定しない場合は即時にキャンセルし、東証に注文いたします(IOC注文という形式で発注しています)。
  • SORのチェックを外すことで、東証に注文を直接出すことが可能です。

当社のSORの執行状況については、ウェブサイトで月次のデータを公表しております。
証券総合取引口座にログイン後、注文約定一覧画面からご確認ください。
また、当社におけるSORの詳細については、取引説明書およびウェブサイトをご確認ください。

当社のSOR取引説明書

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。