つみたてNISA 投資信託の信託報酬等のご案内

投資信託で資産を運用するお客様が気になることの一つはコストではないでしょうか。
マネックス証券では、つみたてNISAで買った投資信託のコスト(信託報酬等)を、何パーセントという年率だけではなく、金額にしていくらかかったかを、年に一度、ウェブサイトでお知らせいたします。
初回のお知らせは、2020年1月18日よりご確認いただけます。

お知らせ(2020年1月27日掲載)

遅延しておりました「つみたてNISA信託報酬等実額通知書」の初回のお知らせを、2020年1月26日に交付いたしました。当初の予定より遅れましたことをお詫び申し上げます。

おさらい 「信託報酬等」とは

信託報酬等とは、ファンド(投資信託)を保有している間、信託財産の中から運用を行う運用会社や管理を行う証券会社などに日々支払われている費用をいいます。「年率」で何パーセントなのかは、当社のウェブサイトや目論見書などに表示されています。

つみたてNISA限定で、信託報酬等の「実額」をお知らせ

つみたてNISA限定で、信託報酬等の「実額」をお知らせ

マネックス証券では、2020年1月18日から、つみたてNISAで買った投資信託の保有にあたりかかったコスト(信託報酬等)が前年におよそいくらだったのかをウェブサイトでお知らせいたします。

つみたてNISAとは

ご注意 信託報酬等の実額は、簡易な計算でもとめた参考値です

お知らせする信託報酬等の実額は、年間の平均残高に、信託報酬等比率を掛け合わせて求めます。
たとえば、「2019年の平均残高」は、①2018年の年末と②2019年の年末の両方の時点の残高を足して2で割って求めます。この場合、2019年の途中から保有開始した投資信託や、2019年の途中ですべて売却・償還した投資信託はお知らせの対象となりません。

NISA取引サイトで確認(2020年1月18日より)

マネックス証券のウェブサイトにログインして、まずNISA取引サイトに進みます。
 口座情報 → 電子交付 書面検索 のページの最下部にある「つみたてNISA信託報酬等実額通知書」という書面で確認できます。

NISA取引サイトで確認(2020年1月18日より)