サイト内の現在位置を表示しています。

米国株国内店頭取引のサービス提供開始! ~日中でも米国株取引が可能に~

マネックス証券では2021年9月21日(火)より、米国株取引において、国内店頭取引の取扱いを開始いたしましたのでお知らせいたします。

取引方法は画面下部でご確認ください。

サービス提供の内容について

これまで米国株取引においては、米国現地取引時間に現地の証券取引所に注文を取り次ぐ委託取引のみ提供しておりましたが、今般、日本時間の日中に米国株の取引が出来るよう、米国株における国内店頭取引のサービスを開始いたします。
国内店頭取引とは、現地の証券取引所へ注文を取り次ぐ「委託取引」と異なり、マネックス証券が相手方となり、売買を成立させるお取引です。

日々マネックス証券が提示する取引価格(証券取引所での取引価格とは異なります)にて、日本時間の12:00~17:00に米国株のお取引をいただくことが可能です。
なお、委託取引・店頭取引の残高は区別せず管理するため、いずれかの方法でお買付いただいた株式は相互の取引方法にて売買いただけます。

<サービスのポイント>

  1. ポイント① : 日本時間の日中(12:00~17:00)に米国株のお取引が可能です
  2. ポイント② : マネックス証券が提示する取引価格にて、原則として注文後即時に約定が成立いたします
  3. ポイント③ : 取引銘柄はNYダウ30工業株構成銘柄等の大型銘柄です

お取引は外国株管理サイトより行うことができますので、本ページ下部の操作方法をご覧いただき、以下のボタンより外国株管理サイトに遷移し、お取引ください。

管理サイト(為替振替・口座管理)

POINT1

日本時間の日中に米国株のお取引が可能

これまでの米国株取引は、米国現地取引時間にお取引いただく「委託取引」のみを提供しておりましたが、米国株国内店頭取引では、日本時間の日中(12:00~17:00)を取引時間としております。
これにより、月曜日の現地市場の取引開始前に週末のニュースを見て取引をするなど、取引の幅が広がり、取引するために夜間まで待つといったことなくお取引いただくことが可能です。

米国株国内店頭取引の取引可能時間 12:00~17:00(日本時間)、米国株委託取引の取引可能時間21:00~翌9:00(日本時間、夏時間)

POINT2

マネックス証券提示価格で原則即時に約定

「委託取引」では、現地証券取引所へお客様のご注文を取り次ぎ、証券取引所での注文状況により約定が成立いたしますが、「米国株国内店頭取引」においてはマネックス証券が提示する取引価格において、原則としてご注文後即時(※)に約定が成立いたします。
注文後即時に約定結果が判明するため、すぐに次の投資戦略を検討することが可能です。

なお、当日約定した銘柄については、当日の夜間に米国市場においても売買を行うことが可能です。

銘柄毎に取引可能数量が設定されているため、当該枠の範囲内でのご注文に限ります。

POINT3

取扱銘柄はNYダウ30工業株構成銘柄等を参考とした大型銘柄

取扱銘柄については、NYダウ30工業株構成銘柄等を参考とし、米国株取引においても比較的取引量の多い大型銘柄を30名銘柄程度です。(NYダウ30工業構成銘柄が全て対象となるわけではありません)
サービス開始当初は30銘柄程度を予定しておりますが、お客様のご要望に応じて、順次取扱銘柄を拡大してまいります。

取扱銘柄一例 Apple Inc(AAPL),Amazon.Com Inc(AMZN),Alphabet Inc-Cl A(GOOGL),Microsoft Corp(MSFT),Tesla Inc.(TSLA),SPDR S&P 500 ETF(SPY)

取引ルール

米国株店頭取引の主要な取引ルールは、以下になります。

取扱銘柄 米国株(個別株・ETF)のうち、マネックス証券が選定した銘柄
取引時間 日本時間12:00~17:00
営業日 原則、日本・米国いずれもが営業日の場合のみ取引可能です。
なお、米国のバンク・ホリデーに関連して休業日とする可能性があります。
また、現金配当以外のコーポレートアクションが対象銘柄に発生する場合、その効力発生日においては対象銘柄の取引を停止いたします。
取引形態 マネックス証券が相手方となって行う国内店頭取引
取引通貨 米ドル

円貨決済は対象外です。

取引価格 現地市場の終値等をベースとした基準となる価格に、概ね1.50%(最大5.0%)のスプレッドを加減して決定
  • 通常、現地市場の終値より買付提示価格は概ね1.50%高く、売付提示価格は概ね1.50%低くなります。
  • 各市場(日本・米国以外の海外市場を含む)の動向や対象銘柄の個別要因により、提示価格(基準となる価格とスプレッドを合計した価格)が変更される場合があります。変更された価格は、お客様への提示価格に速やかに反映いたします。
取引可能数量 銘柄毎の日々の市場動向等を踏まえ、当社が毎営業日設定

1注文あたり、および当社での当日の合計での取引可能数量を設定いたします。(相場動向により取引時間中に変更する場合があります)1注文あたりの取引可能数量は、原則100万円相当の金額を目途に設定いたします。

約定日・受渡日 約定日:お客様が注文し約定した当日
受渡日:約定日から起算し3営業日目
約定の取消 取扱銘柄に現金配当以外のコーポレートアクションが発生していたと事後的に発覚した場合等、約定を取消す場合があります。
残高の取扱い
  • 委託取引で買い付けた残高と店頭取引で買い付けた残高は区別せず管理するため、米国株国内店頭取引において約定した結果は、当日の米国市場の開始前に委託取引の残高へ反映され、委託取引でも売買を行うことが可能です。
  • 同様の理由で、委託取引において約定した結果は翌国内営業日の米国株国内店頭取引の開始前に米国株店頭取引の残高へ反映され、米国株国内店頭取引でも売買を行うことが可能です。
  • コーポレートアクションや配当金の支払いについては、委託取引・店頭取引いずれの残高も共有にて処理を行います。
売買単位 売買ともに1株(口)から
注文方法 当社が提示した価格による取引
取引経路 パソコン、スマートフォンによるウェブブラウザからの注文
ご利用条件 外国株取引口座の開設が必要です。
米国税法上の取扱の関係から、当社では米国籍および米国の外国人永住権を保有されているお客様は外国株取引口座にお申込みいただけません。
非課税口座(NISA口座) 対象外
株券の保管 TradeStation Securities, Inc.を通して、当社の指定する保管機関DTC(デポジトリー・トラスト・カンパニー/The Depository Trust Company)に混蔵寄託され、米国の法令および慣行に従って保管されます。

米国株店頭取引と委託取引の違い

米国株店頭取引と、委託取引との取引ルールの違いは、以下のような違いです。

委託取引米国株店頭取引
取引形態 当社、現地取次先を通じ、米国現地の証券取引所へ直接発注いたします。 当社が相手方となって、直接お客様と取引を行います。
取扱銘柄 当社が選定した銘柄となります。米株店頭取引と比較し、幅広い銘柄を選定いたしております。 当社が選定した銘柄となります。委託取引と比較し、銘柄数は限定されております。
取引価格 米国現地での証券取引所における取引価格です。 当社がその都度、提示する価格となります。

現地市場の終値等をベースとした基準となる価格に、概ね1.50%のスプレッドを加減して決定いたします。

通常、現地市場の終値より買付提示価格は概ね1.50%高く、売付提示価格は概ね1.50%低くなります。
また、各市場(日本・米国以外の海外市場を含む)の動向や対象銘柄の個別要因により、提示価格(基準となる価格とスプレッドを合計した価格)が変更される場合があります。変更された価格は、お客様への提示価格に速やかに反映いたします。

取引時間
  • 8:00~20:00(ニューヨーク現地時間)
  • 21:00~翌9:00(日本時間/夏時間)
  • 22:00~翌10:00(日本時間/冬時間)

米国では、3月第2日曜日から11月第1日曜日までサマータイム(夏時間)が実施されます。

12:00~17:00(日本時間)
営業日 米国の取引可能日に準じます。 日本、米国ともに取引可能な日となります。
また、米国のバンクホリデーの関係上、米国で取引可能であってもお取引いただけない日があります。なお、現金配当以外のコーポレートアクションが対象銘柄に発生する場合、その効力発生日においては対象銘柄の取引を停止いたします。
手数料 約定代金の0.45%(税込:0.495%)
ただし、最低0米ドル、最大20米ドル(税込:22米ドル)
取引価格に手数料を含みます。
メリット
  • 現地取引価格にて、直接取引を行うことができます。
  • 様々な注文方法や、ツールをご利用いただくことができます。
  • 日本時間の日中にお取引を行うことができます。
  • ご注文後、原則として当社の提示した価格で即時に約定が成立いたします。
デメリット
  • リアルタイムでの株価を参照する場合、日本時間の夜間にお取引いただく必要があります。
  • 取引は取引所の注文状況によるため、実際に約定するまで約定価格が決定いたしません。
  • お取引いただける銘柄や注文可能数量に、委託取引と比較し制限があります。
  • 委託取引と比較し、原則として買注文の場合は取引価格が割高、売注文の場合は取引価格が割安となります。

米国株国内店頭取引の取引方法

買付の場合

外国株トップ画面より、「外国株管理サイト」に遷移いただきます。「外国株管理サイト」内における「外国株取引」の「銘柄一覧(買い注文)」より、銘柄一覧を表示いただき、右側「銘柄説明」の書面を必ずご確認の上、注文欄の「買付」ボタンより画面に従いご注文ください。
外国株管理サイトへは以下のボタンより遷移可能です。

管理サイト(為替振替・口座管理)

売付の場合

外国株トップ画面より、「外国株管理サイト」に遷移いただきます。外国株管理サイト内における「外国株取引」の「売り注文」より、米国株国内店頭取引で売却可能な銘柄一覧が表示されます。取引欄の「売付」ボタンより画面に従いご注文ください。

<ご注意事項>

  • お取引に際しては、委託取引と米国株国内店頭取引の違いや取引ルールを十分にご理解の上、お取引ください。
  • 「買付」「売付」ボタンは、注文可能時間帯のみ表示されます。
  • 各銘柄には取引可能数量が設定されており、当該数量を超過するご注文はお受けできず、注文エラーとなります。
  • 取引価格については、取引時間中に変更される可能性があります。注文画面で必ず価格をご確認の上、ご発注ください。なお、注文発注時と当社での受注時の間に価格が変更された場合、注文はエラーとなります。
  • 外国株取引を行うためには、外国株管理サイトへの資金振替および米ドルへの為替振替が必要です。詳細は以下のページをご確認ください。

    米国株の入出金

書面改定のご案内

今回のサービス拡充にともない、書面の改定を行います。
書面の改訂は、2021年9月18日(土)10:00~21:00頃を予定しております。
お客様におかれましては改訂後の書面を必ずご確認の上、本サービスをご利用ください。

変更の詳細は、以下のページをご確認ください。

米国上場有価証券等取引に係る上場有価証券等書面 改定のお知らせ(2021年8月20日 掲載)

米国上場有価証券等取引に係る上場有価証券等書面 改定のお知らせ(2021年8月20日 掲載)

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等>

米国株式等の委託取引では、約定金額に対し0.45%(税込:0.495%)(ただし、手数料上限20米ドル(税込:22米ドル))の国内取引手数料がかかります。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の取引手数料は、1注文の約定金額により異なり、最大14,000米ドル(税込:15,400米ドル)かかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。店頭取引では取引手数料はかかりませんが、取引価格は当社が直近の米国金融商品取引所の終値等をベースとして合理的に算出した基準となる価格に、概ね1.5%(最大5.0%)の値幅を加減して決定いたします。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。