現物取引の手数料を10,000円までキャッシュバック!

本キャンペーンは終了いたしました

信用取引口座新規開設キャンペーン 現物取引の手数料を10,000円までキャッシュバック

マネックス証券では、2017年3月6日(月)~2017年4月28日(金)の間に信用取引口座(「スタート信用」含む)を開設され信用取引を1回以上していただき、なおかつ本キャンペーンにエントリーいただいた全てのお客様を対象として、キャンペーン期間中の現物取引にかかる手数料を10,000円(税抜)までキャッシュバックいたします。

この機会にぜひ信用取引口座の開設(無料)、ご利用をご検討ください。

キャンペーンエントリー方法

本キャンペーンは、信用取引口座の開設+信用取引1回以上+エントリーが必要です。

(1) 信用取引口座を開設する

信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が大きくなる可能性があるため、価格の変動等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。信用取引を利用するときは、その仕組みをよく知り、お客様自身の判断と責任において行うようお願いいたします。

また、信用取引口座の開設には審査がございます。審査の結果によっては口座開設を受けかねる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

(2)信用取引を1回以上する

(3) キャンペーンにエントリーする

こちらからキャンペーンにエントリーいただけます。
キャンペーン概要をお読みいただいた上で、エントリーボタンよりエントリーしてください。

本キャンペーンは終了いたしました

キャンペーン概要

キャンペーン期間 2017年3月6日(月)~2017年4月28日(金)
キャンペーン内容 期間中に信用取引口座(「スタート信用」含む)を開設され信用取引を1回以上された方を対象に期間中の現物取引にかかる手数料を10,000円(税抜)までキャッシュバックいたします。
キャンペーン条件 キャンペーン期間中に以下の条件を満たしたお客様が対象となります。
① 本キャンペーンにエントリー
② 信用取引口座を新規に開設
③ 信用取引を1回以上
※ ①と②・③の順序は問いません。
プレゼント時期 2017年5月中旬ごろにお客様の証券総合取引口座へ入金いたします。
注意事項
  • 本キャンペーンは、別途エントリーが必要となります。
    キャンペーンエントリーボタンより、お申込みください。
    <エントリー可能期間:2017年3月6日(月)~2017年4月28日(金)>
  • キャッシュバック 時に証券総合取引口座、信用取引口座を解約されている場合は対象外となります。
  • キャンペーンエントリーをしたお客様には、別途本キャンペーンについてのご案内をメール等で行う場合がございます。
  • 既に他のキャンペーン/プログラムの対象となっている場合、本キャンペーンの対象外となることがあります。

キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

株価変動リスクを取り除きつつ株主優待をゲット!信用取引の活用例

株主優待がある銘柄は、権利落ち日に一時的に株価が大きく下落する場合があります。
株主優待は欲しいけど、一時的な下落リスクが気になるというお客様も多いかもしれません。

せっかく株主優待を貰えても、株価が大きく下がっちゃうと、損しちゃうのよね。

このリスクを回避するために、信用取引を活用する方法があります。
信用取引の売りと、現物取引の買いを併用する「つなぎ売り」です。

「つなぎ売り」とは同一銘柄を現物で保有し、信用取引で空売りすることを言います。

現物を保有して株主優待権利を得る一方、株価が下がると利益が出る空売りを行うことで、価格が下落したときのリスクに備えることができるのです。

たとえ株価が下がっても、現物の株価が下がった分だけ、空売りで利益が出るから、損益が相殺されるのね!

スタート信用では空売りはできません。

「つなぎ売り」を利用して株主優待を取得しつつ、株価下落に備える方法

リスク管理を考えた「スタート信用」を提供しています

マネックス証券では、信用取引初心者の方向けに、リスク管理を考えた「スタート信用」を提供しています。

「スタート信用」は、通常の信用取引のルールはそのままで、建玉上限金額を500万円と低く設定し、買建て取引専用(新規売建て取引はできません)とするなど、個人投資家のリスク管理を考えた信用取引サービスです。

また、当社のオリジナルサービスである、利用料無料の「みまもるくん(信用取引自動決済発注サービス)」をお申込時に自動で設定いたします。

マネックス証券では信用取引デビューを応援しています

新たに信用取引口座を開設された方を対象に口座開設当日から起算して31日以内に約定した信用取引での取引手数料(税別)を、最大10万円までキャッシュバックいたします。

信用取引はじめてキャッシュバック

「信用取引」をはじめるには・・・

信用取引アクティブ派の方にオススメ

レバレッジで資金効率UP、空売りも
信用取引のメリットをフル活用

ログインして

信用取引初心者の方にオススメ

建玉上限金額500万円、買建て取引専用
建玉上限あり・買建てのみでスタート

ログインして

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

<手数料等(税抜)>

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の0.1%、指値で約定金額の0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく一律1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります(信用取引でも共通です。NISA口座ではご選択いただけません)。単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

みまもるくん(信用取引自動決済発注サービス)に関するご留意事項

  • 損切り決済率以上の損失が発生しているかを判定する際、「銘柄・市場・売買区分」が同じ建玉はひとまとめにして計算されます。また、損切り決済率は、口座ごとに一律に設定され、建玉ごとに設定いただくことはできません。
  • 自動決済注文は、通常、判定結果をもとに翌営業日の寄付の成行注文として発注されますが、株式相場の急激な変動などにより、決済注文が約定しない場合や、お客様が設定された損切り決済率を上回る損失が発生する場合があります。なお、約定前のご注文については、ご自身で訂正・取消しができますが、約定した注文の訂正・取消しはできません。
  • 自動決済注文には、パソコンからの成行注文と同様の手数料がかかります。
    (一日定額手数料コースをご利用の場合は、一日定額手数料の約定金額に含まれます)
  • 保証金維持率が20%を割って追加保証金(追証)が発生した場合、追加証拠金の判定が優先され、自動決済注文は発注されません。
  • 保証金維持率が20%超、25%未満の追証で期日までに入金されず発注される強制執行注文、制度信用取引で期日が到来し発注される決済注文は、自動決済注文に優先して発注されます。
  • ご自身で発注済の決済注文があった場合には、その注文は取消しされて、自動決済注文が発注されます。
  • 自動決済の判定は、毎営業日の終値を基準に、夜間処理のタイミングで行われ、リアルタイムでは行われません。
  • ETNなどの一部の銘柄(成行禁止銘柄など)はサービス対象外です。