人気FXトレーダーが徹底解剖!オートレール・ラボvol.3

オートレール・ラボ

前回号「これがFX勝ちパターンだ!FXオートレール・ラボvol.2」はコチラ

前々回号「テスト結果や設定例アリ!FXオートレール・ラボvol.1」はコチラ

いまさら聞けない!?ボリ平のFX基礎講座

1.そもそもFXってなんだっけ?

FXとは、株式や金などの商品とは違い、単なる通貨と通貨の交換です。株式や金などはその「モノ」の価値が上がったり下がったりを売買するのに対し、FXは交換する通貨どうしの強弱により取引条件(為替レート)が変わります。任意のタイミングで通貨を交換し、その利ザヤを稼ぐ取引です。

【MonexTraderFX】

(MonexTraderFXより)

「FX」はForeign Exchangeを短縮した言葉、そのまま訳せば外国為替の交換です。ですから普段のマーケット情報などで「米ドル/円上昇・下落」といいますが、その時の交換条件が良ければ儲かるし、悪ければ儲からないだけ。FXでは上昇・下落に良い・悪いはないのです。

2.FXは値頃感がない

株式や金などの現物は今の価格に対し「高い・安い」という評価額(値頃感)がありますが、FXの場合はただの通貨の交換なので、値頃感は存在しません。これまでの米ドル/円相場を振り返ってみると、1米ドル:75円の時もあれば、125円の時もありました。今後1米ドル:60円になることも、200円になることも(それ以上の場合も)可能性としてはあります。1米ドル:100円が円安水準なのか、円高水準なのかは、その時の為替レートによっても見方が変わるため、値頃感を持たずに取引することが大切です。

(MonexTraderFX 米ドル/円週足チャート)

3.FXは売りも買いも同じ

FXは2つの通貨の交換ですから、【米ドル/円買い】という注文は、「円を売って、米ドルを買う」であり【米ドル/円売り】は「米ドルを売って、円を買う」という取引です。株式投資からFXを始めたばかりのトレーダーがなかなか「売り」から入れない、という話を聞きますが、FXは売りも買いも同じことですから、利益が出そうなポジションを取る(=売りも躊躇なく行う)を徹底していきましょう。(※多くの通貨ペアでは、売り建玉にマイナスのスワップポイントが付く事が多いです)

4.FXのチャートを参考にする

そうは言っても「チャート」と呼ばれるグラフを投資判断に使います。チャートの値動きはその通貨ペアの上昇・下落を表しているため形的には株式や商品相場と同じ判断になります。

  • 価格が上昇する=買い
  • 価格が下落する=売り

FXトレードのイメージトレーニング

【スマホアプリ】

チャートをひっくり返したらどう見える?

(MonexTraderFX for SmartPhone)

FXで売りか、買いか?を判断をする練習をしてみましょう。お手元にあるFXのチャートを見てください。(出来ればスマホがベスト)もし、そのチャートを見て「その通貨ペアを買いたい!」と思ったら、チャート画面の上下をひっくり返してくみてださい。上下が逆になったチャートを見て「その通貨ペアを売りたい!」って思うかどうか? 新たな視点が生まれるかもしれません。

5.逆張りをおすすめしない理由

投資法には逆張りと言って、価格が「下がったら買い・上がったら売る」というトレンドの逆方向にポジションを取るという方法があります。株式の場合、「将来上昇が期待できる割安株を買う」という作戦がありますが、FXではおすすめしません。どこが最高値または最安値なのかがわからないのです。「相場が下落、最安値で買って反転期待をしていたら、そこから更に急落して大損。」というケースはよく見られます。トレンド方向にポジションを持っていたら(順張り)、大損どころか、トレンドの波に乗ればビックチャンスをつかむことだって出来るのです。

6.なぜFXで勝てないのか?

FX取引は基本的に「売りと買い」の2通りしかありません。確率から言えば五分五分の勝負のはずなのに、一般的に負けている投資家の方が多いと言われています。これには利確と損切りに問題があると考えます。トレードで勝者になるには「損切り上手」になることです。「損失を小さくし、利益を大きく獲ること...」つまり実はトレードの勝率は関係ないのです。勝率よりもいくら資産を増やせたか?が大切です。しかし「勝つ=正しい」と思ってトレードをしているわけですから、「自分の負け=失敗」を認めたくないのが人間です。これがとっても難しい。裁量取引において、損切り上手の勝ち組トレーダーになるのはそう簡単ではありません。

順張り系で超シンプルな自動売買、それがオートレール

7.じゃあFXってどうやったらいいの?

<自動売買=シストレ>

日々の積み重ね、トレード経験がない初心者トレーダーでも利益を出していく方法として、「自動売買」という方法があります。自動売買とはあらかじめ設定された売買ルールに対し、人間ではなくシステムが自動で取引してくれるトレード方法です。一度設定したら、あとは24時間自分に変わってトレードをしてくれるという点が便利です。自動売買というとMT4などにEA(エキスパートアドバイザー)を入れて運用するシステムトレードをイメージする人が多いと思います。
ただし一般的なシストレには問題点も多いと言われています。

  • 売買ルールのロジックが明確でなく、どのような運用なのかわからない
  • プログラミング知識がないとドローダウン(未確定損失が拡大する)時に修正できない
    このような難点があった為、私は買っても負けてもしっくりこない、と思って敬遠していました。

<リピート系注文とは>

同じ自動売買でも「リピート系注文」というものがあります。リピート系注文にもいろいろありますが、シストレと違い、難しいプログラミングの知識がなくても「シンプルなロジックを自分で簡単に設定できる」という点が優れています。しかし、これはこれで、各リピート系注文共通の問題点を抱えているのも事実です。

  • 設定する数値が決められない
  • 逆張りになりやすい

8.そこで順張り系の超シンプルな自動売買の登場!

2017年1月、ついに私の懸念点を解消する自動売買ツールが登場しました。それがマネックス証券FX PLUSの「オートレール」です。リピート系注文の一種ではあるのですが、オートレールなら相場のトレンドに合わせた順張りのトレード戦略、しかも注文方法が簡単です。これならちょっと挑戦してみる価値あり、だと思いました。

【オートレール買いのイメージ図】

オートレールは上(買い)下(売り)を選んでトレンドに追従していく順張りスタイルです。(上・下という注文方法もあります。)損失はトレールで設定している分のみで利益はトレンドが続く間はどこまでも伸ばせます。

<まとめ>

FXは通貨の交換
裁量取引には限界がある(勝ち組2割)
自動売買は順張り系のオートレールがおすすめ

9.ボリ平流!かんたん!オートレールの使い方

【取引画面】

まず、マネックス証券のFX口座【FX PLUS】にログインします。次にトップ画面「オートレール/クイック注文」のタブから「オートレール」を選択し、オートレール(新規)を確認する、と続きます。

【注文画面拡大】

仕掛けるのはこれだけ!

オートレールの新規注文で選択する項目は8つだけ。

  1. 通貨ペア
  2. 売り/買い
  3. 注文数量:入力数値「10=1万通貨/1=1000通貨」
  4. 基準価格:スタート時に設定する価格
  5. 上・下・上下の3つから選択
  6. 値幅:連続発注の値幅と本数
  7. トレール幅
  8. 有効期限:日付と時刻まで設定可能

設定が終わったら「次へ」を選択し注文内容を確認。良ければ『設定』ボタンを押す。

新規オートレール注文完了。あとはほったらかし。オートレールが24時間自動で取引してくれます。
次回は、そのオートレールの仕組みや実際のトレード法などについて具体的にご説明します。
オートレールで大切なのは「設定値」。どの通貨ペアをどんな値幅でトレールを仕掛けたらいいか?次回はこれについて解説したいと思います。

カリスマFXトレーダー「ボリ平」こと矢澤明美氏プロフィール

ボリ平

ボリ平(矢澤 明美 氏)

2005年に会社員として働く傍らで、株のデイトレードをスタート。2006年FXに転向。2007年から投資ブログ「3万円からのFX投資生活」http://www.borihei.comをスタート。
そして2010年からのFXレバレッジ規制を機に、バイナリーオプション、CFD、日経225先物、商品先物なども幅広く取引するようになる。2012年のアベノミクス相場では6か月で3千万円稼いだ実績も。
2013年7月投資利益を資本金とする株式会社を設立。専業トレーダーとなり現在に至る。

主な手法
ボリ平ドラゴン式、ロンドンコーリング手法、ハイロウズOCO手法

レンジ相場も、トレンド相場も、アナタに代わって自動でトレード!見ないと損!?オートレール早わかり講座

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには・・・

FX PLUSは、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「FX PLUS取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。


FX PLUS(外国為替証拠金取引)を試してみたいお客様

本物の口座と同じ為替レートや取引ルールで仮想取引できる、「デモ取引口座」もご用意しています。仮の資産でお試し取引ができるので、初めてでも安心です。
「デモ取引口座」は、証券総合取引口座をお持ちでない方もご利用いただけます。

FX PLUS デモ取引口座の詳細・お申込

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには・・・

こちらから簡単にお申込みできます。お申込み日からお取引が可能です。

FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)に関する重要事項

<リスク>

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

<手数料等>

FX PLUSでは、10,000通貨以上の取引では取引手数料はかかりません。10,000通貨未満の取引では1,000通貨あたり30円の取引手数料がかかります。当社は、通貨ペアごとにオファー価格(ASK)とビッド価格(BID)を同時に提示します。オファー価格とビッド価格には差額(スプレッド)があり、オファー価格はビッド価格よりも高くなっています。流動性の低下、相場の急激な変動により、スプレッドの幅は拡大することがあります。

<証拠金>

FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(HKD/JPY およびZAR/JPYでは8%)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、ZAR/JPYおよびHKD/JPYでは8%)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。