日本郵政PO(政府保有株式の売出)取扱いのご案内

日本郵政株式会社 売出のご案内

この度、マネックス証券にて、日本郵政株式会社のPO(売出)を取扱います。
購入をご希望のお客様は、目論見書をご確認のうえ、需要申告(ブックビルディング)期間中に需要申告(購入希望のお申し出)を行っていただく必要があります。
PO(公募・売出)では、市場価格より数%ディスカウントされた価格にて購入することが可能です。
お申込み手続きの方法は、本画面下部にて、ご案内しております。

PO(公募・売出)とは

PO(公募・売出)とは、既に取引所に上場している会社が新株発行(公募増資)や売出しすることをいいます。公募・売出がなされた株式は、実際の市場価格より数%ディスカウントされた価格にて購入することが可能です。また、ブックビルディングという需要申告を行い、抽選に当選する必要があります。

取扱銘柄一覧から申し込む

証券総合取引口座をお持ちでない方

PO(公募・売出)のお申込みには、証券総合取引口座の開設が必要です(入力は最短1ページ)。状況により口座開設完了までお時間を頂戴する場合もございますので、お早めにお申込みください。口座開設・維持費は無料です。まずは口座を開いてみませんか?

口座開設をお急ぎの方はアップロード機能がおすすめです。

詳細を見る

PO(売出)の概要(予定)

銘柄名 日本郵政株式会社
銘柄コード 6178
市場 東証一部
売出株数 731,150,100株
申込株数単位 100株
仮条件(ディスカウント率) 2.00~4.00%
ブックビルディング(需要申告)期間 2017年9月15日(金)0:00 ~ 売出価格等決定日(x)
売出価格等決定日(x) 9月25日(月)~9月27日(水)までのいずれかの日
抽選日 9月25日(月)
売出価格 1,322円(ディスカウント率2%)
売出期間 9月26日(火)0:00~9月27日(水)11:00
売出価格決定日(x) 9月25日(月) 9月26日(火) 9月27日(水)
売出株式の受渡期日
(x+4)
9月29日(金) 10月2日(月) 10月3日(火)
売出価格決定日の流通市場の株価形成 中間配当の権利含む 中間配当の権利含む 中間配当の権利含まない
(配当落ち)
中間配当 受領できる 受領できない 受領できない
売出価格の決定方法 終値からディスカウント 終値から予想中間配当金相当額25円(※)を控除した価格(基準価格)からディスカウント 終値からディスカウント

ポイント

購入希望のお客様は、ブックビルディング(需要申告)期間中に、購入希望の申し出を行う必要があります。
購入希望のお手続きには、事前の口座開設が必要です。

条件決定日と売出価格について

売出価格は9月25日(月)から9月27日(水)のいずれかの日に決定します。
本売出で株式を取得する際、売出価格が9月25日(月)に決定する場合、受渡期日が9月29日(金)となるため、中間配当を受領する権利を得られます。一方、売出価格が9月26日(火)以降に決定する場合は、受渡期日が10月2日(月)以降になるため、中間配当は受領できません。ただし、9月26日(火)に売出価格が決定する場合は、市場価格は配当権利付であるため、本株式の終値から発行会社の2018年3月期の予想中間配当金相当額(25円(※))を控除した価格を基準価格とし、その価格からディスカウントして条件決定されます。また、9月27日(水)に売出価格が決定する場合には、市場価格は配当落ち後であるため上記調整は行われず、終値からディスカウントして条件決定されます。

予想中間配当相当額(25円)については、あくまで9月11日時点で発行会社が公表している予想値であり、今後変更となる可能性があります。

お申込み手順

購入申込の手順

ステップ1
ステップ2
ステップ3
ステップ4
ステップ5
ステップ6
ステップ1
ステップ2
ステップ3
ステップ4
ステップ5
ステップ6

入金は即時入金サービスをご利用いただくことで即時・無料で可能です。(入出金サービス

トレードステーション利用口座ではPOのお申込みができません。

申告時、IPOは価格、POはディスカウント率の入力が必要です。

下記リンクは「IPO申込手順」へと遷移いたしますが、申込手順・抽選方法等は、IPO、POともに同じものを採用しております。

購入申込の手順

取扱銘柄一覧から申し込む

Q&A

今回の売出しに関連したお客様からのご質問に回答いたします。

PO(公募・売出)の特徴は?

当該株式を購入する際の購入手数料が無料です。
また、公募・売出価格は市場における当該株式の市場における時価から数%ディスカウントされた価格となります。そのため、時価よりも低い価格で株を取得できる可能性があります。(ただし公募・売出価格の決定日から、実際に売却が可能となる受渡日までに日数があるため、その間の値下がりリスクは通常の株式取引と同様に存在します。

いつから申し込みができますか?

購入をご希望のお客様は、9月15日(金) 0:00より開始されるブックビルディング(需要申告)にお申込みいただきます。ログイン後のウェブサイトより目論見書をご確認の上、お手続きください。操作方法については、下記リンクをご確認ください。なお、抽選の結果、当選された場合は、あらためて購入のお申込みをしていただく必要がございます。

申告時、IPOは購入希望価格、POは購入希望ディスカウント率の入力が必要です。

下記リンクは「IPO申込手順」へと遷移いたしますが、申込手順・抽選方法等は、IPO、POともに同じものを採用しております。

ブックビルディングへの参加のお取引デモ

いつまでに入金すればよいですか?

需要申告までにご入金ください。完全前金制を採用しています。
需要申告期間終了日は、9月25日(月)、9月26日(火)、または9月27日(水)のいずれかの日となります。
例:9月25日(月)に売出価格等の条件が決定した場合、決定後の需要申告はできず、購入希望のお申し出をいただくことができなくなります。

申込みが可能な時間はいつですか?

需要申告期間の15時~17時を除く時間帯であればいつでもお申込みが可能です。
(システムメンテナンスの時間帯を除く)

マネックス証券の抽選は本当に平等ですか?

本当に、平等です。コンピューターで無作為に抽選を行っています。この過程はシステム化されており、人間の恣意が途中で関与することはありません。

PO(公募・売出)のブックビルディングに参加する際は何株でもいいのですか?

PO(公募・売出)の需要申告のお申込に関して、申込株数に上限はありません。買付可能額の範囲内で複数単位お申込いただくことができます。なお、今回の公募・売出では、申込単位は100株です。

申込画面、申込状況の確認画面はどこですか?

1.申込画面はマイページの「株式取引」メニューから「新規公開株(IPO)」をご覧ください。
2.申込状況はマイページの注文約定一覧のIPOからご確認ください。

申込画面、申込状況の確認画面

NISA口座でも申し込むことができますか?

NISA口座をお持ちのお客様は、お申込みいただけます。お申込みの際は、事前に証券総合取引口座からNISA取引口座へのご資金の振替が必要となります。

POお申込みの手順(NISA口座)

NISA口座へ資金を振り替える(取引ガイド)


その他のPO(公募・売出)に関するQ&A

お電話でのお問合せ

PO(公募・売出)のお手続に関するお問合せは下記の窓口にて承ります。
申込方法等でご不明な点ございましたら、ご連絡くださいますようお願いいたします。

一般電話から:

0120-846-365

(通話料無料)

携帯電話・PHSから:03-6737-1666(通話料お客様負担)

受付時間:平日 8:00~17:00

当社お客様ダイヤルの受付状況の傾向をこちらでご案内しております。休日明けなど、お電話の混雑が予測される時間帯がございますので、お問合せいただく前にご参照ください。
また 「Q&A」 も是非ご活用ください。

口座をお持ちでない方

新規口座開設の資料請求や、口座開設にあたってご不明な点にお答えいたします。

0120-430-283

携帯・PHS:03-6737-1667

オペレーター

平日 8:00~7:00

自動音声

毎日 5:00~翌3:00(土日祝日を含む)

資料請求ダイヤル

口座をお持ちの方

お客様ダイヤル
商品やサービスに関するお問合せ、株式の注文などに対応いたします。

0120-846-365

携帯・PHS:03-6737-1666

平日 8:00~17:00

お客様ダイヤル受付状況

証券総合取引口座をお持ちでない方

PO(公募・売出)のお申込みには、証券総合取引口座の開設が必要です(入力は最短1ページ)。状況により口座開設完了までお時間を頂戴する場合もございますので、お早めにお申込みください。口座開設・維持費は無料です。まずは口座を開いてみませんか?

口座開設をお急ぎの方はアップロード機能がおすすめです。

詳細を見る

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

<手数料等(税抜)>

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の0.1%、指値で約定金額の0.15%を乗じた額がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります(NISA口座ではご選択いただけません)。単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。