銘柄選びの相棒「銘柄スカウター」3度目の進化!

銘柄選びの相棒「銘柄スカウター」3度目の進化!~過去の「業績予想修正」を搭載~

大好評の無料銘柄分析ツール「マネックス銘柄スカウター」が3度目の進化を遂げました。「企業の業績予想修正履歴」を搭載したほか、決算スケジュールをより使いやすくするとともに、企業の業績データの反映を時間をこれまでの1日に1回「23時頃」から「18時頃」と「23時頃」の1日2回に変え、データ反映時間が大幅に早くなりました。より便利になった銘柄スカウターをぜひご活用ください。

ログインして利用する

情報ツール利用状況一覧 「マネックス銘柄スカウター」のログインボタンより起動してください

利用する

情報ツール利用状況一覧 「マネックス銘柄スカウター」のログインボタンより起動してください

企業の「業績予想修正」を確認

企業が過去に行った「業績予想修正」の履歴機能を搭載しました。企業は原則として期初に「その期の業績予想」を発表します。保守的な予想を出して期中に上方修正を行うことが多い企業もあれば、強気な業績予想を発表して結果的に下方修正することが多い企業もあります。例えば以下をご覧いただくと、トヨタ自動車(7203)は上方修正を行うことが多く、ダイドーリミテッド(3205)は下方修正を行うことが多いことがわかります。企業の業績予想のクセを見抜き、投資の参考としていただければ幸いです。

トヨタ自動車(7203)の業績予想修正履歴

ダイドーリミテッド(3205)の業績予想修正履歴

(出所)マネックス銘柄スカウター

決算スケジュールをより便利に

企業の決算発表スケジュール画面もより便利に進化しました。「第1四半期」や「第2四半期」など発表した「決算期」、「天気マーク」、「発表済銘柄のみ」などの各種絞り込みができるようになりました。

業績データの更新時間を23時頃→18時頃・23時頃の2回に

これまでの銘柄スカウターの企業財務データは1日に1回23時頃に最新データが反映されていました。それを18時頃と23時頃の1日2回の反映にすることで、よりタイムリーに銘柄を分析していただくことが可能となりました。

その他の変更:「株価を見る」ボタンの場所が変更に

マネックス証券の投資情報画面で最新の株価データ等をご覧いただける「株価を見る」ボタンの位置が以下のとおり銘柄名の右側に変更となりました。

従来の銘柄スカウターの「株価を見る」ボタンの位置

新たな銘柄スカウターの「株価を見る」ボタンの位置

そもそも銘柄スカウターとは?

「マネックス銘柄スカウター」は無料の企業分析ツールです。主に以下の機能を備えています。
ぜひご活用ください。

  • 企業の過去10年の業績
  • 企業が通常決算短信では発表しない3ヶ月ごとに区切った業績
  • 企業のビジネスごとの業績がわかる「セグメント業績」
  • アナリストの業績予想や目標株価
  • PER、PBR、配当利回りの過去推移
  • 過去5年間の企業の適時開示

銘柄スカウターの基本機能

銘柄スカウターの活用法

銘柄選びの相棒!銘柄スカウター、さらに進化。

ログインして利用する

情報ツール利用状況一覧 「マネックス銘柄スカウター」のログインボタンより起動してください

利用する

情報ツール利用状況一覧 「マネックス銘柄スカウター」のログインボタンより起動してください

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。