米国株取引画面に機能追加でさらにお取引が便利に

米国株機能追加でさらにお取引が便利に

米国株取引画面に新しい機能を追加いたしました。
使いやすくなった米国株取引のウェブ画面をこの機会にぜひご利用ください。

フィボナッチリトレースメント

機能説明

チャート画面で新たにフィボナッチリトレースメントを描画できるようになりました。
チャートでテクニカル分析を行う際に、すでにトレンドを形成しているチャートでその後のレンジ内での上値/下値の支持線/抵抗線を描画するのに非常に便利な機能です。

フィボナッチリトレースメントとは

フィボナッチリトレースメントとは、フィボナッチ比率に基づき、価格の上値/下値の支持線/抵抗線を描画するトレンドラインの描画の一つです。
相場はトレンドを形成してからも一直線に進むことはほとんどなく、大半の場合は途中に調整を含みながら価格が形成されていくため、上昇トレンドの中での押し目、下降トレンドの中での戻しがどこで形成されるかを予測する際に使用します。
フィボナッチ比率とは黄金比とも呼ばれ、オウムガイの殻の形状やヒマワリの種の配列など自然界にもしばしば現れ、バランスが良く、人間の心理的にも心地よいと言われる比率です。
株価の動きに対してもこのフィボナッチ比率を応用し、比率に従ってトレンドラインを引くことで指示線/抵抗線の予測を行うことに用いられます。
このフィボナッチ比率に基づいて、あるトレンドの高値と安値から水平線を描画するのがフィボナッチリトレースメントです。

描画の仕方

フィボナッチリトレースメントは、すでに形成されているトレンドを基に描画します。
上昇トレンドの場合、トレンドの起点となっている足の安値からトレンドの終点となる足の高値までに線を引くことで、安値から高値の間にフィボナッチ比率に基づいて水平線が自動で描画されます。
以下のチャートでは、上昇トレンドの反転後は76.40%の水平線が支持線となっていることが分かります。

描画する場合は、米国株取引画面でチャートを開き、画面右上にある歯車マークの設定ボタンからチャート設定のメニューを開きます。
メニューから[描画]を選択すると、描画するラインのサブメニューが表示されますので、[フィボナッチリトレースメント]を選択した後、チャート画面内で描画します。

売買気配数量・最終約定時間

機能説明

米国株取引画面で最良気配の数量と最終約定時間が表示できるようになりました。
これまでレーダースクリーン(登録銘柄)で確認することが出来なかった各銘柄の動きがより詳細にご確認いただけます。

表示の仕方

レーダースクリーン(登録銘柄)で画面右上にある歯車マークの設定ボタンから表示する指標の設定ができます。
指標の設定画面で左側の選択可能な指標のうち、表示したい項目を選択し、中央の矢印ボタンをクリックすることで、選択した項目が右側の選択中の指標に追加されます。
選択中の指標の表示位置を変更する場合は、各指標の右側にあるハンバーガーアイコンをドラッグ&ドロップで動かすことで変更できます。
編集後、最後に右下の[OK]ボタンをクリックすることで、設定が画面に反映されます。

データの内容について

  • 売買気配数量で表示される数量は、売買それぞれの最良気配の数量です。
  • 最終約定時間は日本時間で表示されます。
  • 米国プレミアム株価情報(Lv1)の契約が無い場合は、売買気配数量、最終約定時間ともに米国大手ECN「BATS Exchange」の情報を表示します。ニューヨーク証券取引所(NYSE)、ナスダック証券取引所(NASDAQ)等の情報を閲覧される場合は、米国プレミアム株価情報(Lv1)が必要となりますのでご注意ください。

米国株のお取引をするには

米国株を取引するためには、外国株取引口座の開設(無料)が必要です。
ウェブサイト上から簡単に、もちろん無料で開設いただけます。

米国株のお取引を始めるには、外国株取引口座を開設後、
①資金振替(円資金の移動)
②為替振替(円を米ドルへ交換)、もしくは円貨資金の連携指示が必要です。

マネックス証券の米国株取引の仕組みはこちら

米国(アメリカ)株 円貨決済

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

マネックス証券の米国株取引サービスの特長

  1. 最低手数料、5ドル(税抜)から! 業界(※1)最安水準の手数料
  2. 特定口座にも対応!
  3. 取扱銘柄数は3,000銘柄超
  4. 主要オンライン証券(※2)で唯一!時間外取引に対応
  5. スマートフォンアプリで取引ができる!

米国株取引サービスについて

2018年6月29日現在。

※1業界は米国株のオンライン取引が可能な証券会社(SBI証券・楽天証券・野村證券・三菱UFJモルガン・スタンレー証券・マネックス証券)をいいます。

※2主要オンライン証券はSBI証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券をいいます。
(松井証券、カブドットコム証券は米国株の取扱いはありません)

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。