サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

米国株取引の流れ

米国株のお取引を始めるには、外国株取引口座を開設後、
①資金振替(円資金の移動)
②為替振替(円を米ドルへ交換)、もしくは円貨資金の連携指示が必要です。

マネックス証券の米国株取引の仕組みはこちら

米国(アメリカ)株 円貨決済

STEP1 管理サイトに日本円を振替

まず、証券総合取引口座(日本株式等を取引するための口座)から、管理サイト(米国株式の残高や買付資金を管理する管理サイト)へ資金を移動します。

1.資金振替ページへ移動します。

(ログイン後、振替画面が表示されます。)

1.1 トップメニュー「入出金」をクリック

ログイン後のトップページより遷移する場合

1.2 資金振替の外国株取引にある「振替(日本円)」をクリック

2.資金振替ページにて、「MRFまたはお預り金を外国株取引口座の資金に振替える」を選択し、「次へ」をクリックします。

3.外国株取引口座へ振替える金額を指定し、振替を実行します。

4.振替えた金額は、リアルタイムで外国株取引口座へ反映します。

STEP2 日本円を米ドルに振替

次に、管理サイト(米国株式の残高や買付資金を管理する管理サイト)へ移動し、
STEP1で移動した円を米ドルに為替振替します。

米ドルへの為替振替は一日一回で、営業日の14:30が当日受付分の締め時間です。
当日の夜の米国株式の買付資金として利用するためには、14:30までに為替振替が必要です。

1.ログイン後のメニューより、「米国株・中国株」をクリックします。

2.画面左下の「為替振替、口座管理」をクリックします。

3.メニューより、「振替」をクリックします。

4.円貨預り金を外貨へ振替(円貨→外貨)の中から、米ドルを選択し、振替をクリックします。

5.米ドルを買付ける金額を指定し、画面の流れに進んで為替振替を実行します。

取引サイトへ移動し、米国株を取引

米国株の買付は、米国株の取引サイトにて行います。
STEP2で米ドルへ振替が完了すると、以下のタイミングで米ドルが取引サイトの買付余力へ反映されます。

為替振替の指示時間 米国株取引サイトへの反映時間
営業日の14:30まで 日本時間20:30頃
(米国夏時間適用時は19:30頃)

取引サイトへの遷移方法は以下のとおりです。

1.ログイン後のメニューより、「米国株・中国株」をクリックします。

2.画面左下の「米国株取引」をクリックします。

3.右上の「米国株式 ログイン」をクリックします。

4.株式サイトへ遷移します。

お預り資産評価にてお預り金(米ドル)の確認ができます。

マネックス証券の米国株取引の仕組み

マネックス証券の米国株取引は、外国株取引口座で行います。
外国株取引口座には、以下2つのサイトがあります。

  1. 管理サイト 米ドルの買付や、米国株の残高、取引履歴を確認するサイト
  2. 取引サイト 米国株の買付・売却を行うサイト

それぞれのサイトには、外国株トップもしくは米国株トップから遷移できます。
(外国株トップの場合)

それぞれのサイトは、マネックス証券の国内株式等を取引するサイト(証券総合取引口座と呼びます) から接続されており、各サイトは以下のように接続されています。

各サイトの役割と他サイトへの接続機能の詳細は以下のとおりです

1 証券総合取引口座

銀行等との入手金時に最初に入金される口座であり、国内株式や投資信託、債券等の売買・残高管理を行う口座です。米国株式の売買・管理は行なっていません。

① 資金の口座間振替
証券総合取引口座と外国株取引口座の管理サイト間で、資金の振替を行います。
取引サイトと買付余力の連携をしているのが管理サイトであるため、米国株の買付にあたっては事前に資金を管理サイトへ振替えておく必要があります。

米国株の買付時 証券総合取引口座 → 外国株取引口座 管理サイト
米国株の売却後の出金時 外国株取引口座 管理サイト → 証券総合取引口座

振替可能な資金は日本円および米ドルです。
米ドルは外貨建てMMFや債券の買付用(証券総合取引口座で行う)と米国株買付用の米ドルを為替振替無しで共有したい場合に便利です。

通貨 振替の反映タイミング 振替はこちら
日本円 リアルタイム反映(資金はリアルタイムで口座間で移動します) 資金振替選択(外国株)
米ドル 営業日当日14:00までの指示分が当日16:00以降に反映します。 外貨振替入力

入出金 詳細はこちら

関連Q&A 米国株を売却後に最短で売却代金を銀行口座へ出金したい

2 外国株取引口座 管理サイト

管理サイトでは、米国株式の残高、買付余力の管理を行なっており、保有米国株の評価額参照や取引履歴の閲覧、円貨・外貨間の為替振替が利用できます。
また、特定口座をご利用のお客様の税計算等も管理サイトで行なっています。

円貨・外貨間の為替振替 一日一回のセッションで為替振替が行えます。
営業日14:30までの指示分が当日15:00に約定し、管理サイト内の取引余力へ反映します。

入出金 詳細はこちら

②米ドルの取引余力の連携
管理サイトと取引サイト間での米国株買付用取引余力の連携です。
取引サイトは米国トレードステーションの提供するサイトであり、買付余力や残高の管理を行なっていません。
そのため、管理サイトは取引サイトへ、16:00頃米ドル買付余力と残高を送信しています。
送信された米ドル買付余力と残高は、20:30頃(サマータイム適用時は19:30頃)に取引サイト上に 反映されます。

当日の為替振替を行なった米ドルや、証券総合取引口座から外貨で振替えた米ドルは、当日の夜の米国株の買付に利用することができます。

③米国株の売買結果と余力残高の連携

取引サイトで行なった取引結果を、国内営業日の11:00頃に取引サイトから受け取ります。
管理サイトでは受け取った取引結果を元に、お客様の米国株式の残高、買付余力を計算し、管理サイト上に反映します。

管理サイトへの前日の米国株取引の結果反映タイミング

買付、振替余力 15:00頃
米国株の残高 翌朝 5:30

管理サイトと取引サイトの連携フロー

※1サマータイム適用時(3月第2日曜日~11月第1日曜日)は1時間前倒し

※2特定口座源泉徴収税についてはこちら

3 外国株取引口座 取引サイト

米国トレードステーションの提供する取引画面です。
米国株の取引時間帯に、米国株式の買付、売却を行う際に操作するサイトです。

取引サイトにはウェブ版の取引サイトを始め、高機能のダウンロード型ツールや、ウェブ版の取引サイトと同程度の高機能を備えたスマホアプリもあります。

「トレードステーション」(ダウンロード型ツール)は、プログラミング言語「EasyLanguage」によるプログラムトレード機能など、アクティブにかつ様々な戦略に基づいたトレードに有用な機能を搭載しています。
ウェブブラウザ、スマホアプリにも搭載された「レーダースクリーン」や「チャート分析」等の基本機能だけでも、使いこなすことで今までの取引環境とは全く別次元の分析、取引が可能となります。