相場の流れを掴める?ブル・ベア型ETFとは

相場の流れを掴める?ブル・ベア型ETFとは

わかりやすい取引判断は、株式投資を楽しく感じる要因の1つです。
例えば、「日経平均株価やTOPIXなどの指数が上がっている時に買うと利益がでる。」もしくは「指数が下がっている時に買うと利益がでる。」など、取引判断が相場の方向性だとどうでしょうか。わかりやすいと思いませんか?そんなわかりやすい商品が、指数連動型ETFです。
本コンテンツでは、指数連動型ETFのレバレッジ(ブル)型と、インバース(ベア)型の特徴をわかりやすく説明いたします。ぜひ、お取引にご活用ください。

ETF(上場投資信託)とは?

本コンテンツは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではございません。また、過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。
また、ブル型・ベア型ETFの値動きはそれらのETFの運用で目指している値動きをする前提で記載しています。
ETFの運用状況によっては、上記記載のような値動きにならないことがありますのでご注意ください。

レバレッジ(ブル)型とインバース(ベア)型の違いを知ろう!

レバレッジ(ブル)型ETFとは

手持ちの資金の何倍もの取引が可能になることを「レバレッジ」と言います。
レバレッジ型ETFとは、日経平均株価やTOPIXなどのベンチマーク(基準となる指数)の変動率に対して、2倍や3倍の変動率で上下するレバレッジ・インデックスに連動するETFです。
例えば、下の図のようにNEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)(略称:日経平均レバレッジ)は日経平均株価の騰落率(変動率)の2倍の値動きをします。
そのため、日経平均株価が前日比2%上昇した場合、日経平均レバレッジ(1570)の株価はその2倍の4%上昇します。しかし、日経平均株価が前日比2%下落した場合も同様に騰落率の2倍、つまり前日比4%下落するので注意が必要です。

「ベンチマークの騰落率(変動率)の●倍の値動きをする」、これがレバレッジ(ブル)型ETFの特徴です。

日経平均レバレッジ(1570)の連動指数である日経平均レバレッジ・インデックスは、「日々の日経平均株価変動率の2倍」になるように設計されています。
以下記載の<対象指標の特長と留意事項>と<ファンドが対象とする指数の値動きについて>を併せてご確認いただきますようお願いいたします。

レバレッジ(ブル)型ETFとは

:日経平均株価

:Next Funds 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)の市場価格

(出所)2018年10月12日時点でマネックス証券作成

日経平均レバレッジ(1570)について

銘柄コード 銘柄名 対象指標 商品概要
1570 Next Funds 日経平均レバレッジ・
インデックス連動型上場投信
日経平均レバレッジ・
インデックス
野村アセットマネジメント
ウェブサイト

日経平均レバレッジ(1570)の投資情報を見る

レバレッジ(ブル)型ETFとは

対象指標の特徴と留意事項

  • 日経平均レバレッジ・インデックスは、日々の騰落率が日経平均株価の騰落率の2倍として計算された指数です。したがって、日経平均レバレッジ・インデックスの騰落率と日経平均株価の騰落率とは、2営業日以上離れた日との比較においては、一般 に「2倍」とはならず、差(ずれ)が生じますのでご注意ください
    2営業日以上離れた期間における日経平均レバレッジ・インデックスの騰落率と日経平均株価の騰落率の2倍との差(ずれ)は、当該期間中の日経平均株価の値動きによって変化し、プラスの方向にもマイナスの方向にもどちらにも生じる可能性がありますが、一般に、日経平均株価の値動きが上昇・下降を繰り返した場合に、マイナスの方向に差(ずれ)が生じる可能性が高くなります。また、一般に、期間が長くなれば長くなるほど、その差(ずれ)が大きくなる傾向があります。
    したがって、NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(日経レバレッジ指数ETF)は、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品です。
  • 実際のファンドの基準価額は、信託報酬等のコスト負担や追加設定・一部解約の影響、日経平均の値動きと日経平均先物の値動きの差異の 影響などにより、運用目標が完全に達成できるとは限りません。 また、ファンドの市場価格は、取引所における競争売買を通じ、需給を反映して決まります。したがって、市場価格は基準価額とは必ずしも一致するものではありません

野村アセットマネジメント NEXT FUND 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信マンスリーレポート(9月28日)より引用

レバレッジ型指標について(日本取引所グループウェブサイト)

インバース(ベア)型ETFとは

インバース(ベア)型ETFは、レバレッジ(ブル)型ETFと逆方向の値動きをします。
つまり、日経平均株価やTOPIXなどのベンチマーク(基準となる指数)が上昇した場合、インバース(ベア)型ETFの価格は下落します。
インバース(ベア)型ETFの1つに、NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(1571)(略称:日経平均インバース)があります。
日経平均インバースは、「日経平均株価の騰落率×マイナス1倍」を日々の騰落率(変化率)として計算されます。つまり、日経平均株価が上昇すると日経平均インバースは同じ騰落率分下落します。

日経平均インバース(1571)の連動指数である日経平均インバース・インデックスは、「日々の日経平均株価変動率の1倍」になるように設計されています。
下記記載の<対象指標の特長と留意事項>と<ファンドが対象とする指数の値動きについて>を併せてご確認いただきますようお願いいたします。

インバース(ベア)型ETFとは

:日経平均株価

:Next Funds 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(1571)の市場価格

(出所)2018年10月12日時点でマネックス証券作成

日経平均インバース(1571)について

銘柄コード 銘柄名 対象指標 商品概要
1571 NEXT FUNDS 日経平均インバース・
インデックス連動型上場投信
日経平均インバース・
インデックス
野村アセットマネジメント
ウェブサイト

日経平均インバース(1571)の投資情報を見る

インバース(ベア)型ETFとは

対象指標の特徴と留意事項

  • 日経平均インバース・インデックスは、日々の騰落率が日経平均株価の騰落率の-1(マイナス1)倍として計算された指数です。したがって、日経平均インバース・インデックスの騰落率と日経平均株価の騰落率とは、2営業日以上離れた日との比較においては、一般に「-1倍」とはならず、差(ずれ)が生じますのでご注意ください
    2営業日以上離れた期間における日経平均インバース・インデックスの騰落率と日経平均株価の騰落率の「-1倍」との差(ずれ)は、当該期間中の日経平均株価の値動きによって変化し、プラスの方向にもマイナスの方向にもどちらにも生じる可能性がありますが、一般に、日経平均株価の値動きが上昇・下降を繰り返した場合に、マイナスの方向に差(ずれ)が生じる可能性が高くなります。また、一般に、期間が長くなれば長くなるほど、その差(ずれ)が大きくなる傾向があります
    したがって、NEXT FUNDS日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(日経インバース指数ETF)は、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品です
  • 実際のファンドの基準価額は、信託報酬等のコスト負担や追加設定・一部解約の影響、日経平均の値動きと日経平均先物の値動きの差異の影響などにより、運用目標が完全に達成できるとは限りません。 また、ファンドの市場価格は、取引所における競争売買を通じ、需給を反映して決まります。したがって、市場価格は基準価額とは必ずしも一致するものではありません

野村アセットマネジメント NEXT FUND 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信マンスリーレポート(9月28日)より引用

インバース型指標について(日本取引所グループウェブサイト)

レバレッジ(ブル)型とインバース(ベア)型のメリット

現物取引でも、価格の変動率を高めて取引することができる!

株式取引の場合、レバレッジをかける(手元資金の最大3.3倍の資金で取引する)には信用取引を行う必要があります。しかし原資産(ベンチマーク)の変動率2倍もしくは3倍のETFに投資をすることで、現物取引にも関わらず、信用取引と同じようにレバレッジをかけることが可能です。

現物取引でも、相場が下落時に利益が狙える!

「相場が下落時に利益を得られる」取引手法として、信用取引と先物取引の「空売り」があります。 現物取引では、株価が購入価格より上昇しない限り利益を出すことは出来ません。 しかし、インバース(ベア)型のETFを購入することで、ベンチマークとなる指数が下落している時に、利益を出すことが可能です。 さらに、信用取引では投資金額以上の損失を出してしまう可能性がありますが、現物取引のインバース(ベア)型ETFは空売りと同じ効果があっても損失は投資金額の範囲内です。

マネックス証券のETF銘柄ランキング

順位 銘柄コード 銘柄名 対象指数 連動指標
1 1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 日経平均レバレッジ・インデックス 株式
(その他)
2 1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信 日経平均ダブルインバース・インデックス 株式
(その他)
3 1475 iシェアーズ TOPIX ETF TOPIX(東証株価指数) 株式
(その他)
4 1482 iシェアーズ 米国債7-10年 ETF(為替ヘッジあり) FTSE米国債7-10年セレクト・インデックス(国内投信用 円ヘッジ円ベース) 債券
5 1657 iシェアーズ・コア MSCI 先進国株(除く日本) ETF MSCIコクサイ指数
(国内投信用円建て)
株式
(その他)
6 1496 iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり) Markit iBoxx米ドル建てリキッド投資適格指数(TTM円ヘッジ付き) 債券
7 1658 iシェアーズ・コア MSCI 新興国株 ETF MSCIエマージング・マーケッツIMI指数
(国内投信用 円建て)
株式
(その他)
8 1360 日経平均ベア2倍上場投信 日経平均ダブルインバース・インデックス 株式
(その他)
9 1321 日経225連動型上場投資信託 日経225 株式(その他)
10 1476 iシェアーズ Jリート ETF 東証リート指数 不動産

マネックス証券が取扱うETF銘柄のうち、2018年9月3日から10月3日の間で取引者数が多い上位10銘柄を表示しています。

ETF/ETN取扱銘柄一覧を見る

プロに聞くETF活用術

年代別おすすめポートフォリオとは?

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の売買手数料は、1注文の約定金額により異なり、2億円超の約定金額のとき最大手数料345,000円かかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。