感情にもう惑わされない!冷静沈着な注文方法とは

感情にもう惑わされない!冷静沈着な注文方法とは

買うべきタイミングや売るべきタイミングで「もっと上がるかも」「もっと下がるかも」と感情に惑わされて注文を出せなかった経験はありませんか?
自分のタイミングで注文できる指値注文や成行注文以外に条件付注文を活用すれば、冷静沈着に思い通りのトレーディングが可能になるかもしれません。
本コンテンツでは、条件付注文の1つ逆指値注文についてご紹介いたします。

本コンテンツは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではございません。また、過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

上昇トレンドを掴み、損失を限定できる逆指値注文

逆指値注文のポイント

逆指値注文とは、通常の指値注文とは逆で、指定したトリガー条件より株価が高くなったら「買い」、安くなったら「売り」の注文が自動的に発注される注文方法です。

逆指値注文の活用方法は主に3つあります。

① 上昇トレンドに乗った銘柄をゲット
② 損失の拡大を防ぐロスカット
③ 欲を制御する利益確定の売り

注文の有効期限は最大1ヶ月で設定ができるため、相場が見られない時も安心できる優秀な注文方法です。

逆指値と通常の指値との違い

トリガー条件 指値注文、成行注文を出す基準となる株価
逆指値(買) 株価がトリガー条件より上がったら買い注文(指値もしくは成行)を出す
逆指値(売) 株価がトリガー条件より下がったら売り注文(指値もしくは成行)を出す

【逆指値注文(買)】上昇トレンドに乗った銘柄をゲット

チェンジ(3962)の場合

10月23日に1ヶ月の注文有効期限で逆指値注文を出した場合

チェンジ(3962)の日足チャートを見ると、10月23日に株価が5,000円を下回っています。再度5,000円を上回ったときに、上昇トレンドに乗るかもしれないと考え、トリガー条件5,010円、指値5,030円で逆指値注文(買)を設定したところ、株価はその後4,000円から5,000円のもみあいを上抜け、上昇トレンドの初動をうまく捉えることができました。

(出所)マネックス証券ウェブサイト

緑:短期移動平均線(5)
黄:長期移動平均線(25)

2018年11月21日時点のチャート

逆指値(買)の注文方法

【逆指値注文(売)】ロスカットと利益確定の売りが可能

東洋(8920)の場合

9月27日に1ヶ月の注文有効期限で逆指値注文を出した場合

東洋(8920)の日足チャートを見ると、9月12日から26日まで9連騰しています。今後の株価上昇を期待して4,650円で100株買付しましたが、万が一の下落に備えトリガー条件4,450円、指値4,430で逆指値注文(売)を設定したところ、10月26日に短期移動平均線が長期移動平均線を下回るデッドクロスが発生し、その後株価は急落、損失が膨らむ前にロスカットすることができました。

(出所)マネックス証券ウェブサイト

緑:短期移動平均線(5)
黄:長期移動平均線(25)

2018年12月5日時点のチャート

逆指値(売)の注文方法

日本株のリスクヘッジ方法

マーケットの大荒れ時に乗り切る方法を知っていることはとても重要です。
保有している日本株の比較的簡単なリスクヘッジ方法をご紹介します。

簡単に保有する日本株のリスクヘッジをする方法とは?

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。