【2019年下半期】iDeCo運用商品ランキング

【2019年下半期】iDeCo運用商品ランキング

個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)加入時、運用商品選びに悩まれる方は多いのではないでしょうか?そんな皆様のために、マネックス証券におけるiDeCo対象ファンドの約定金額ランキングを公開いたします。
ぜひiDeCoでの資産形成にお役立てください。

iDeCo運用商品 約定金額ランキング

順位 前回比 商品名 信託報酬(年率・税込)
1

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

0.10615%以内

2

三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)

0.132%

3

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

0.154%以内

4

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

0.0968%以内

5

One DC 国内株式インデックスファンド

0.154%

6

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

0.2079%以内

7

DCニッセイJ-REITインデックスファンドA

0.275%以内

8

eMAXIS Slim 先進国債券インデックス

0.154%以内

9

ひふみ年金

0.836%

10

DCニッセイ日経225インデックスファンドA

0.1859%以内

ランキングは対象期間(2019年7月1日~2019年12月31日)の約定日ベースです。

上記ランキングは、マネックス証券でiDeCoに加入されている方の買付データに基づいています。

上記ランキングにおいて、元本確保型商品である「みずほDC定期預金(1年)」は集計対象外としています。

前回比は2019年上半期のランキングと比較した結果を表します。

上記のランキングは過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

2020年1月10日より「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」の取扱いを開始いたしました。1月18日に行われた「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019」では1位を獲得している注目のファンドです。なお、iDeCoで「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」に投資できるのはマネックス証券が日本初になります。

2020年1月31日時点で、iDeCoで当ファンドの取扱いがあるのはマネックス証券のみとなります。

イーマクシススリム

イーマクシススリム

投資初心者の運用商品選びをしっかりサポート

個人型確定拠出年金 iDeCoの運用で、どれだけの利益を出せるかは、どの運用商品にどのくらい投資するのかという、配分比率にかかっていますが、これを決めるのは、投資経験者でも簡単ではありません。
マネックス証券では、投資が初めての方が、ご自身に合った配分比率を簡単に決めていただけるよう、運用サポートツールやレポートもご提供しています。

iDeCoポートフォリオ診断

ロボアドバイザー「iDeCoポートフォリオ診断」がお客様に最適な資産配分をご提案

ロボアドバイザー「iDeCoポートフォリオ診断」がお客様に最適な資産配分をご提案します。

iDeCoポートフォリオ診断を試してみる

運用商品選びのヒント

マネックスユニバーシティ 益嶋 裕

マネックス証券 マーケット・アナリスト兼インベストメント・アドバイザー 益嶋 裕

まず、iDeCoだからといって特別な運用を行う必要はありません。投資の基礎的な方法論に沿って、ポートフォリオを組めば良いと思います。投資の基礎的な考え方とすべきなのは...

続きを読む

新規加入手続きの流れ

新規加入手続きの流れ

手続きの詳細を確認する

マネックス証券に口座をお持ちの方

マネックス証券に口座をお持ちでない方

イラストで分かる!iDeCo簡単ガイドブック

制度の仕組みから、お手続きの流れ、運用の考え方など、iDeCoについて知っておきたいことをコンパクトにまとめたガイドブックをご用意いたしました。

ガイドブックをダウンロード

マネックス証券 iDeCo専用ダイヤル

お気軽にお問合せください

0120-034-401

受付時間 【平日】 9:00~20:00
【土曜】 9:00~17:00
(祝日を除く)

iDeCo(個人型確定拠出年金)に関する留意事項

  • マネックス証券のiDeCoは、証券総合取引口座の開設がなくても申込みできますが、加入者資格条件を満たしている必要があります。
  • 確定拠出年金は加入者が自己責任で運用する年金制度です。運用成績によって、年金資産額が掛金や移換金の総額を下回る場合があります。
  • 運用の実績が将来の年金額に反映されます。将来の年金受給額は定まっていません。
  • 掛金は60歳まで原則引き出すことができません。
  • 国民年金基金連合会、信託銀行に対する一定の手数料がかかります。マネックス証券に対する運営管理手数料は無料です。
  • 運用商品についての詳細は個別の「商品説明資料」をよくお読みください。

確定拠出年金運営管理機関 登録番号784

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際の申込手数料はかかりませんが、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、約定日の基準価額に最大計1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.38%(税込2.618%)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。また、通貨選択型投資信託については、投資対象資産の価格変動リスクに加えて複雑な為替変動リスクを伴います。投資信託の収益分配金と、通貨選択型投資信託の収益/損失に関しては、以下をご確認ください。
投資信託の収益分配金に関するご説明
通貨選択型投資信託の収益/損失に関するご説明
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。