サイト内の現在位置を表示しています。

【動画】積立投資を楽しく学ぶ!インデックス投資入門

 【動画】積立投資を楽しく学ぶ!インデックス投資入門

3月17日に開催したオンラインセミナー「積立投資を楽しく学ぶ!初心者向けマネーセミナー~資産形成の大本命!カンさんが教える!インデックス投資入門~」のオンデマンド動画を配信中です。
投資信託でインデックス投資を始めたい方、これから本気でお金を育てたい方は必見の内容です。ぜひご視聴ください。

【動画】積立投資を楽しく学ぶ!初心者向けマネーセミナー

~資産形成の大本命!カンさんが教える!インデックス投資入門~

インデックス投資アドバイザーのカン・チュンド氏をお招きし、インデックス投資の基本知識、積立投資を続けるための心構え、具体的なやり方等について、分かりやすく解説していただきました。
カンさんが考えるインデックス投資とは?下落局面をチカラに換える積立とは?等々、盛りだくさんの約1時間のセミナーです。ぜひ最後の質疑応答までお見逃しなくご視聴ください。(収録日:2020年3月17日)

マネックス証券のYouTubeチャンネル「マネックスオンデマンド」にリンクします。

動画内に掲載される「投資信託取引に関する重要事項」は収録日時点のものであり、最新の「投資信託取引に関する重要事項」については、本コンテンツ末尾をご参照いただきますようお願い申し上げます。

動画の内容

0:00~ 【講演】積立投資を楽しく学ぶ!初心者向けマネーセミナー
~資産形成の大本命!カンさんが教える!インデックス投資入門~
41:00~ eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)ではじめるコツコツ投資
52:58~ マネックス証券「毎日つみたて」のご紹介
54:33~ 質疑応答

カン・チュンド 氏

投資信託クリニック代表、インデックス投資アドバイザー

カン・チュンド 氏

米国シトラスカレッジ中退。2000年に独立FPとして開業。
金融商品の販売には関わらず、時間ベースの有料カウンセリングに特化する。これまで1000名を超えるお客様に、グローバルに投資を行う低コストの投資信託の有用性を説いてきた。
著書に「ラクして増やそう!バラつみ投資」(電子書籍)「投資信託35の法則」(ソーテック社)「ETF投資入門」(日本経済新聞出版社)などがある。
お気に入りは日本酒、散歩、国立西洋美術館。

【セミナー動画配信中!】積立投資を楽しく学ぶ!中級者向けセミナー

初心者向けセミナーの続編として、4月24日に開催したオンラインセミナー「【第2弾】積立投資を楽しく学ぶ!中級者向けマネーセミナー~資産形成の大本命!カンさんが教える!インデックス投資入門~」のオンデマンド動画も配信中です。ご視聴はこちらから。

マネックス証券のYouTubeチャンネル「マネックスオンデマンド」にリンクします。

気になる用語解説(投資信託の値段、投資信託の口数)

オンラインセミナーの中であがっていた「資産形成」で押さえておきたい用語をご紹介します。

投資信託の値段とは?

投資信託の値段とは、「基準価額」のことをさします。基準価額は、算出時点における「投資信託の値段(時価)」です。
投資信託の純資産総額を総口数で割ることで一口あたりの値段を算出されます。1日に1つの価額として公表され、基本的には毎日変動します。

投資信託の値段とは?

投資信託の口数とは?

「口数」とは投資信託の取引単位のことです。
株式の場合は「1株」ですが、投資信託は「1口」となります。
額面は、1口=1円、1口=10,000円など、投資信託ごとにあらかじめ決められており、投資信託説明書(交付目論見書)等で確認することができます。

口数と基準価額の関係

額面が1口=1円の投資信託を10,000円分購入した場合、基準価額が10,000円とすると、保有する口数は、10,000口となります。

また、投資信託は毎月積み立てで購入することもできますが、この場合は基準価額に応じて購入する口数が変化します。

口数と基準価額の関係

額面が1口=1円の投資信託を10,000円分購入した場合、基準価額が10,000円とすると、保有する口数は、10,000口となります。

また、投資信託は毎月積み立てで購入することもできますが、この場合は基準価額に応じて購入する口数が変化します。

積立投資は、指数の下落局面で口数を多く買うことができます

インデックスファンドに積立投資(=定期定額購入)する場合、対象となる指数の動きに連動して、投資信託の値段(基準価額)が上がり下がりを繰り返します。そして、その行方は誰にも予測できません。また、長期の積立投資においては、大暴落と言えるような局面が何度か起こることも考えられます。ここでは、6か月間で毎月1万円を積立投資したと仮定し、途中で下落局面がある場合と上昇局面が続く場合の口数の増え方について2つのパターンをお示しします。

以下のシミュレーションは、積立投資における口数のイメージをつかんでいただくため、6か月間で積立投資をした想定で試算したものです。また、あくまで架空の試算であり、積立投資の結果がプラスになることを保証するものではありません。

下落局面がある場合

インデックスファンドで積立投資(=定期定額購入)する場合、下落局面においては投資信託の口数を多く買えることがポイントです。一定額、一定期間(毎月または毎日)淡々と積立投資をして、口数を増やし続けることが後々の資産形成に繋がります。

●●ファンドに毎月1万円を投資、途中で下落局面がある場合

基準価額 購入口数 積立投資額
1ヶ月目 10,000円 10,000口 10,000円
2ヶ月目 12,000円 8,333口 10,000円
3ヶ月目 8,000円 12,500口 10,000円
4ヶ月目 5,000円 20,000口 10,000円
5ヶ月目 6,000円 16,667口 10,000円
6ヶ月目 11,000円 9,091口 10,000円
合計 76,591口 60,000円

6ヶ月目の評価損益

基準価額 購入口数 積立投資額 評価額 評価損益
積立6ヶ月目 11,000円 76,591口 60,000円 84,250円 + 24,250円

ポイント

途中、基準価額が下がった時期に口数を多く買い付けることができました。この時期が貢献し、積立6ヶ月目の評価損益がプラス24,250円となりました。

上昇局面が続く場合

▲▲ファンドに毎月1万円を投資、上昇局面が続く場合

基準価額 購入口数 積立投資額
1ヶ月目 10,000円 10,000口 10,000円
2ヶ月目 12,000円 8,333口 10,000円
3ヶ月目 13,000円 7,692口 10,000円
4ヶ月目 14,000円 7,143口 10,000円
5ヶ月目 16,000円 6,250口 10,000円
6ヶ月目 16,500円 6,061口 10,000円
合計 45,479口 60,000円

6ヶ月目の評価損益

基準価額 購入口数 積立投資額 評価額 評価損益
積立6ヶ月目 16,000円 45,479口 60,000円 72,767円 + 12,767円

ポイント

基準価額が上昇し続けた結果、毎月1万円あたりの購入口数が段々と少なくなりました。結果として、積立6ヶ月目の評価損益はプラス12,767円になりました。

上記は毎月1回1万円を6ヶ月積立投資したと仮定して試算したものです。

上記はシミュレーションであり、実際の運用実績とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。

つみたて投資実態アンケート[三菱UFJ国際投信の調査結果より]

積立投資をしている男女1,236人に聞いてみました!

積立投資をしている男女1,236人に聞いてみました!

出所:三菱UFJ国際投信株式会社

調査時期:2019年9月/調査方法:インターネットリサーチ/対象:投資信託の積立(確定拠出年金を除く)をしたことがある20歳以上の男女1,236人

実際の設問や選択肢を短く書き換えている場合や全ての選択肢を表示していない場合があります。複数回答可の設問等は、合計が100%にならない場合があります。

本資料 の「留意事項」の内容を必ずご覧ください。

積立投資をしている男女1,236人に聞いてみました!

出所:三菱UFJ国際投信株式会社

調査時期:2019年9月/調査方法:インターネットリサーチ/対象:投資信託の積立(確定拠出年金を除く)をしたことがある20歳以上の男女1,236人

実際の設問や選択肢を短く書き換えている場合や全ての選択肢を表示していない場合があります。

本資料 の「留意事項」の内容を必ずご覧ください。

投資初心者におすすめの投資信託

eMAXIS Slimで積立投資を始めませんか?

長期視点の資産形成においては、投資対象とする国や資産クラス等を幅広く分散投資するファンドで、じっくり時間をかけて積立投資することも有効手段の一つと考えます。
投資初心者の方は、まずは、全世界(日本を含む先進国・新興国)の株式を投資対象とする「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」、または、日本および世界の株式、公社債および不動産投資信託証券(REIT)の計8資産に分散投資を行う「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」で、投資信託の積立投資を始めませんか。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

ノーロード つみたてOK 100円つみたて NISA つみたてNISA

日本を含む先進国および新興国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用を行います。

原則として、為替ヘッジは行いません。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

ノーロード つみたてOK 100円つみたて NISA つみたてNISA
  • 日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
  • 各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する成果をめざして運用を行います。
  • 各マザーファンド等を通じて、日本を含む世界各国の株式(DR(預託証書)を含みます。)、公社債および不動産投資信託証券(リート)に実質的な投資を行います。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。

【ご参考】全世界株式(*1)に毎月1万円を15年間積立投資していたら・・・

以下のシミュレーションは、つみたて投資をした場合のイメージをつかんでいただくために指数を用いて作成したものです。また、あくまで一期間の試算であり、積立投資の結果がプラスになることを保証するものではありません。

【全世界株式に毎月1万円を15年間つみたてた場合のシミュレーション】
(期間:2005年1月末~2020年1月末)

【全世界株式に毎月1万円を15年間つみたてた場合のシミュレーション】

*1全世界株式は、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込)を使用しています。指数については【本資料 で使用している指数について】をご覧ください。

上記は、米ドルベースの指数を使用しており、三菱UFJ国際投信が円換算しています。

上記は毎月末1万円をつみたて投資(最終月末を除く)したと仮定して試算しています。表示桁未満は四捨五入して表示しています。

上記はシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。

本資料 の「留意事項」の内容を必ずご覧ください。

出所:三菱UFJ国際投信株式会社

インデックス投資に「毎日つみたて」もご利用ください

「毎日つみたて」とは?

毎日自動買付(※1)

1日100円から(※2)

「毎日つみたて」の詳細はこちらのページをご確認ください。

「毎日つみたて」の詳細はこちらのページをご確認ください。

※1「毎日」は各投資信託に定められたファンド休業日を除く、毎ファンド営業日となります。銘柄により、1ヶ月間の買付日数が違います。

※2つみたて可能な国内投資信託、1,104本(2020年2月17日時点)

※2「毎日つみたて」は、目論見書、取引報告書、契約締結前交付書面の交付方法として電子交付を契約されているお客様のみご利用いただけます。

「毎日つみたて」の設定方法

「毎日つみたて」は、マネックス証券へご入金後、投信つみたて申込入力の画面で積立頻度を「毎日」を選択してください。この設定をしていただければ自動で投資信託を買付けます。
詳しい手順は以下をご確認ください。

積立申込設定の詳細はこちら

【動画】毎日つみたての始め方(操作方法)はこちら
(マネックス証券のYouTubeチャンネル「マネックスオンデマンド」にリンクします。)

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際の申込手数料はかかりませんが(IFAを媒介した取引で購入される場合を除く)、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、約定日の基準価額に最大計1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.38%(税込2.618%)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。なお、IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引から投資信託を購入される際は、申込金額に対して最大3.5%(税込3.85%)の申込手数料がかかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>

投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。また、通貨選択型投資信託については、投資対象資産の価格変動リスクに加えて複雑な為替変動リスクを伴います。投資信託の収益分配金と、通貨選択型投資信託の収益/損失に関しては、以下をご確認ください。
投資信託の収益分配金に関するご説明
通貨選択型投資信託の収益/損失に関するご説明
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。