サイト内の現在位置を表示しています。

株式手数料の引下げ(一日定額・信用取引手数料)

株式手数料の引下げ(一日定額・信用取引手数料)

2020年11月2日(月)約定分より国内株式の取引手数料を一部引下げました。一日定額手数料で1日の約定金額が100万円以下の場合、取引手数料(税抜)500円でお取引いただけるようになりました。また信用取引の取引ごと手数料において約定金額100万円以下の価格帯の取引手数料も引下げました。さらに、一日定額手数料で1日の約定金額合計が50万円以下の場合、取引手数料(税抜)を全額キャッシュバックするキャンペーンを引下げ開始の日から3ヶ月間実施いたします。
少額でのお取引がしやすくなる国内株式投資を、ぜひご検討ください。

当ページの手数料記載は、すべて税抜です。

一日定額手数料の引下げ

一日定額手数料とは、1日の現物取引と信用取引の約定金額の合計額に対して手数料を計算する手数料コースです。
この度、1日の約定金額が100万円以下の価格帯を新設し、取引手数料500円といたしました。
ただし、約定金額100万円以下の場合は月間利用ボックス数(※)にカウントされません。

変更前 変更後
1日の約定金額合計 取引手数料(税抜) 1日の約定金額合計 取引手数料(税抜)
300万円ごとに 2,500円 100万円以下 500円
100万円超
以降、300万円ごと
2,500円
  • 取引していない日は手数料はかかりません。
  • コールセンターからのご注文は、一日定額手数料の約定金額には含まれません。

月間利用ボックス数とは

一日定額手数料の月間ご利用回数が多いお客様には割引がございます。
1日の売買のうち、約定金額300万円ごとの売買を「ボックス」という単位で呼び、21ボックス以降は2,500円を2,250円に、121ボックス以降は1,650円に割引いたします。

手数料金額イメージ

手数料金額イメージ

日計り取引の片道還元

一日定額手数料コースの場合、日計り取引の片道手数料を還元しております。
日計り取引した場合の「売り」と「買い」の約定金額が少ない方を含めずに手数料を再計算し、差引分をマネックスポイント(株式手数料充当専用)でお返しします。

1日の約定金額合計が100万円より大きい場合でも、お取引の仕方によっては実質の取引手数料が500円となるようマネックスポイントで還元される場合がございます。

計算例

A銘柄を約定金額60万円で買付け、同日A銘柄を50万円で売却した場合、約定金額が小さい方である売却のお取引を含めず計算します。
結果、取引手数料は2,500円ですが、マネックスポイントを2,000円分付与するため、実質500円でお取引いただけます。

約定金額 一日定額手数料
(税抜)
買60万円 売50万円
最初の手数料計算 110万円 2,500円
日計り取引の再計算 60万円 × 500円
手数料の差額 - 2,000円

2,000円分のポイント還元

手数料には別途消費税がかかります。

信用取引 取引ごと手数料の引下げ

1注文ごとに手数料を計算する手数料コースです。1注文の約定金額が100万円以下の価格帯において、取引手数料を引下げました。
最低90円の取引手数料からお取引いただけるようになりました。

1注文の約定金額 変更前 変更後
10万円以下 95円 90円
10万円超 20万円以下 140円 135円
20万円超 50万円以下 190円 180円
50万円超 100万円以下 355円 350円
100万円超 150万円以下 600円
150万円超 200万円以下 800円
200万円超 一律1,000円

ご注意事項

  • 2020年10月30日(金)の大引け後の値洗い処理より、新規のご注文および未約定の有効なご注文において、発注の余力拘束に含まれる取引手数料の金額が引下げとなります。
  • 旧オリックス証券口座向け売買手数料コースおよび旧トレードステーション利用口座向け売買手数料コースのお客様、IFA経由でのご注文の場合は本手数料引下げの対象外となります。

当社の取り組みについて

取引手数料の見直しについて

当社の国内株式サービスでは、本引下げだけでなく、投資しやすい環境づくりに向けて以下の施策も実施しております。

投資情報について

「投資のしやすさ」の向上のために以下のようなサービス・ツールもご提供しており、継続して機能改善に努めております。

銘柄スカウター

「最長過去10年の企業業績をグラフ表示」「3ヶ月に区切った業績を表示」「PERやPBR、配当利回りを最長5年間グラフ表示」など日本株の銘柄分析が可能です。
詳細はこちら

MONEX 投資力診断

個人投資家が管理することが難しい一定の期間内の株式取引の収益、標準偏差、シャープレシオ等の指標を簡単に把握することができ、それらのバランスを容易に捉えることができるツールです。
詳細はこちら

2020年10月27日(火)からサービス名称を、「俺の投資力診断」から「MONEX 投資力診断」に変更いたしました。

AI銘柄ナビ

AIがテーマに関連する銘柄をピックアップし、1ヶ月後の株価が上昇するか下落するかを予測するサービスです。
詳細はこちら

少額取引応援!毎日ワンコインキャッシュバックキャンペーン

手数料引下げを記念し、「少額取引応援!毎日ワンコインキャッシュバックキャンペーン 」と題し、期間中一日定額手数料で1日の約定金額合計が50万円以下の場合の取引手数料(税抜)500円をキャッシュバックするキャンペーンを以下の期間で実施いたします。

契約締結前交付書面について

手数料引き下げに伴い、以下の書面を改定いたしました。
ログイン後の当社ウェブサイトにてご確認ください。

[対象書面]

  • 国内上場有価証券等取引に係る上場有価証券等書面
  • 信用取引に係る契約締結前交付書面

株式売買手数料コースの変更方法について

変更の方法については以下をご参照ください。

株式売買手数料コースを変更するにはどうしたらいいですか?

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の売買手数料は、1注文の約定金額により異なり、2億円超の約定金額のとき最大手数料345,000円かかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。