サイト内の現在位置を表示しています。

貸株が信用口座と併用可能に! 機能拡充記念キャンペーン

貸株が信用口座と併用可能に! 機能拡充記念キャンペーン

マネックス証券では、2020年11月6日(金)より、信用取引口座を開設済のお客様におかれましても貸株サービスがご利用いただけるようサービスを拡充いたしました。

貸株サービス機能拡充!~信用取引口座と併用が可能に~

貸株サービス機能拡充!~信用取引口座と併用が可能に~

これを記念して、信用取引口座を開設されているお客様限定でキャンペーン期間中に貸株サービスをご利用(※)されたお客様にもれなくAmazonギフト券200円相当をプレゼントいたします。

貸株サービスによる貸出金利が発生したことをもって利用といたします。
本キャンペーンはエントリーが必要です。

本キャンペーンはマネックス証券株式会社による提供です。本キャンペーンについてのお問合せは Amazon ではお受けしておりません。

Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

Amazonギフト券の細則はこちらをご確認ください。

キャンペーン概要

キャンペーン期間 2020年11月6日(金)~2020年12月18日(金)
キャンペーン内容

キャンペーン期間中に以下の条件(順不同)を満たしたお客様にAmazonギフト券200円相当をプレゼントいたします。

  • 信用取引口座開設者(期間中の新規開設者様も含む)
  • 貸株サービスにて貸出された株式に対して貸株金利が発生
  • キャンペーンへのエントリー
プレゼント時期および方法 2021年1月下旬頃に、マネックス証券口座で登録のメールアドレスあてに送付いたします。
その他注意事項
  • 本キャンペーンは、別途エントリーが必要となります。「今すぐエントリーする」ボタンより、お申込みください。なお、キャンペーン期間中はいつでもエントリーが可能です。
  • 既に他のキャンペーン/プログラムの対象となっている場合、本キャンペーンの対象外となることがあります。
  • 貸株金利の発生状況は、翌月の第一営業日(21:00以降)に作成される貸株通帳をご覧ください。

本キャンペーンの対象とならないお客様

  • IFAサービスをお申込みのお客様
  • 法令順守の観点からなりすましや名義貸しなどの行為があった場合
  • 虚偽の登録、重複登録を含む、入力情報に不備がある場合
  • プレゼント時期に証券総合取引口座を解約されているお客様
  • 貸株通帳ベースで貸株金利が発生しなかったお客様
  • プレゼント時にメールの受信設定や無効なメールアドレスによってお受け取りができないお客様(再送信等の対応は致しかねます。)
  • 上記のほか、当社が不適切と判断した場合

その他の注意事項

  • 本キャンペーンはマネックス証券株式会社による提供です。本キャンペーンについてのお問合せは Amazonではお受けしておりません。
  • Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  • Amazonギフト券の細則はこちらをご確認ください。
  • 本キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。
  • 受付時に入力いただく個人情報等は、本キャンペーンの運営のためにのみ使用させていただき、それ以外には利用することはございません。

信用取引口座でも貸株サービスが利用可能になりました

これまで信用取引口座をお持ちのお客様は貸株サービスをご利用いただけませんでしたが、この度のサービス拡充により、信用取引口座を開設しているお客様も貸株サービスが利用できるようになります。

【サービス拡充のポイント】

POINT1

信用取引口座を開設しているお客様も、貸株サービスが利用できるようになります。

POINT2

信用取引の代用有価証券として担保としている株式について、担保にしたまま貸株金利を受け取ることができます。

POINT3

貸し出し中の株式については、いつでも好きなタイミングで売却できます。

詳細を見る

詳細を見る

貸株シミュレーターもぜひご利用ください

現在お持ちの株式を貸株に出した際に、1年間で得られる想定の貸株金利をシミュレーションする機能です。
現在お客様が保有している株式につき、計算時点の実際の貸株金利をもとに、1年間での想定貸株金利をシミュレーションいたします。

詳細を見る

そもそも貸株サービスとは?

貸株サービスとは、お客様が株式をマネックス証券に貸出し、マネックス証券が応分の貸株金利をお支払いするサービスです。

マネックス証券の貸株サービスなら

高水準の貸株金利

高水準の貸株金利

マネックス証券は金利5%超(年率)の高金利銘柄を多数お取扱い!

ボーナス金利銘柄
(ログイン後遷移します)

株主優待自動取得

株主優待自動取得

株券を貸出しながら優待も欲しい場合は、権利確定日に自動的に貸株を解除する設定が可能です。

株主優待設定

配当金自動取得

配当金自動取得

株券を貸出しながら配当金も欲しい場合は、権利確定日に自動的に貸株を解除する設定が可能です。

配当金自動取得サービス

都度の貸出設定不要

都度の貸出設定不要

新しく買った株は自動的に貸株に出され、売却するときは自動的に解除されるため、特別な手続きは必要ありません。

貸出中でも売却可能

貸出中でも売却可能

貸出している最中も通常と同様に売却をすることができます。売却するためにわざわざ貸株から外す必要はありません。

貸株通帳で日々の金利を確認

貸株通帳で入りを確認できる

日々の貸株金利や配当金相当額の受取状況を「貸株通帳」として、一覧で表示しております。

通帳はログイン後にご確認いただけます。

貸株サービスに関するご留意事項

「貸借料(貸株金利)」のことを、ウェブサイト上での説明の中で、「貸株金利」や単に「金利」と表示する場合があります。

詳細を見る

貸株サービス体験談

貸株サービスのお申込み方法

貸株サービスのお申込み方法は、以下のページよりご確認いただけます。
お申込み方法
当該ページをご確認の上、以下のリンクよりお申込みください。

貸株サービスをはじめるには

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、「貸株サービス」からお申込みください。

貸株サービスをはじめるには

貸株サービスに関する重要事項

<リスク>

  • 貸出している株式は、金融商品取引法で定められた分別管理の対象外です。また、万一、当社の経営が破綻した場合には投資者保護基金の対象となりません。
  • 貸株サービスご利用のため締結いただく消費貸借契約は無担保の契約であるため、お客様は当社に対する信用リスクを負うことになります。ただし、信用口座を開設されているお客様については、貸株サービスにより当社が借受けている分は有担保となります。

<手数料等>

貸株サービスのご利用には手数料等はかかりません。

<その他>

  • 貸株サービスを利用されている場合は、権利確定日に株式を保有していても配当金は支払われません。代わりに源泉税相当額(20.315%)を減じた配当金相当額を当社よりお受取いただきます。なお、配当金相当額は税務上、雑所得となり配当所得に該当せず配当控除の対象となりません。また、配当金相当額は譲渡所得との損益通算もできません。
  • 貸株サービスを利用されている場合は、株主優待や株式総会の議決権等を取得できません。
  • 「株主優待自動取得サービス」のご利用にあたっては、ご留意事項を必ずご確認ください。「株主優待自動取得サービス」を利用しても株主優待権利や議決権を取得できない場合があります。また、当サービスにより自動的に貸株から外れている期間の貸借料(貸株金利)はつきません。

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の売買手数料は、1注文の約定金額により異なり、2億円超の約定金額のとき最大手数料345,000円かかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。