サイト内の現在位置を表示しています。

「コインベース」上場日当日より取扱い

「コインベース」上場日当日より取扱い

米暗号資産(仮想通貨)取引所大手の「コインベース」が、米国市場へ14日、上場を予定しています。マネックス証券では上場日当日より取扱いを予定しています。

上場日、上場内容、取扱い予定は、今後変更になる場合があります。変更がある場合は改めてお知らせいたします。

コインベースについて

米暗号資産取引所大手の「コインベース」

「コインベース」とは米国で最大規模の暗号資産取引所を運営する企業です。2012年に設立され、誰でも、どこでも、ビットコインを簡単かつ安全に送受信できるプラットフォームを提供するというコンセプトで運営されています。100か国以上の約4,300万人のユーザー、7,000の機関、11.5万人のエコシステムパートナーが、コインベースを利用しています。
2020年12月期決算の売上高は12億ドル(約1,260億円)で、前年同期に比べて売上高が2.3倍となり、時価総額で1,000億ドルを超える大型上場となる可能性が出てきました。また、今回同社はナスダックにダイレクトリスティング(※)と呼ばれる方式で上場する予定です。

(※)新規上場会社の既存株主が、上場日に市場で直接株式を売却するという上場手法で、過去にはスポティファイやスラックなどが新規上場時に同方式で上場しました。

ティッカーシンボル銘柄名市場公開価格上場予定日
COINコインベースNASDAQ2021/4/14

(出所:コインベースのウェブサイトおよび各種報道より)

無料でできる米国上場企業の分析ツール「銘柄スカウター米国株」

米国株銘柄追加のご要望はこちらで受付けております。

銘柄要望受付サービス「シンボル+(プラス)」

マネックス証券では、お客様からの米国株の銘柄追加のご要望を「シンボル+(プラス)」と銘打って、下記のフォームより受付けています。ぜひ、銘柄追加のご要望をお寄せください。

一部、お取扱いできない銘柄もございます。また、お寄せいただいたご要望は必ずしも全てについて実現できるものではございませんので、予めご了承ください。

米国株銘柄追加など、最新情報をお届けする「米国株専門ツイッター」もご覧ください!

米国株専門ツイッター

米国株専門ツイッター

マネックス証券(米国株)

ツイッター@MonexUSstock

当社の公式アカウントである「米国株専門ツイッター」では、取扱銘柄追加のお知らせや当社セミナーの開催日、オンデマンド公開情報など、米国株に関する様々な情報を迅速にお客様に発信しております。
まだフォローされていないお客様はぜひ、この機会にフォローしてみてはいかがでしょうか。

米国株のお取引をするには

米国株のお取引を始めるには、外国株取引口座を開設後、
①資金振替(円資金の移動)
②為替振替(円を米ドルへ交換)、もしくは円貨資金の連携指示が必要です。

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

2020年3月16日以降に証券総合口座を開設された場合は、外国株取引口座が開設されています。(一部のお客様を除く)

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

2020年3月16日以降に証券総合口座を開設された場合は、外国株取引口座が開設されています。(一部のお客様を除く)

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等>

米国株式等の委託取引では、約定金額に対し0.45%(税込:0.495%)(ただし、手数料上限20米ドル(税込:22米ドル))の国内取引手数料がかかります。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の取引手数料は、1注文の約定金額により異なり、最大14,000米ドル(税込:15,400米ドル)かかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。店頭取引では取引手数料はかかりませんが、取引価格は当社が直近の米国金融商品取引所の終値等をベースとして合理的に算出した基準となる価格に、概ね1.5%(最大5.0%)の値幅を加減して決定いたします。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。