米国株投資のバイブル、四季報をプレゼント!

米国株投資のバイブル、四季報をプレゼント!

2018年11月6日(火)は米国中間選挙日です。今後2年のトランプ政権の行方に影響を与えるこの日に向けて、米国市場はどのように動くのか注目です。そしてマネックス証券では、米国株投資家にとってのバイブルで、米国上場企業500銘柄超やETF270銘柄を収録した「米国会社四季報2018秋冬号」をプレゼントするキャンペーンを実施いたします。注目を浴びている米国株のお取引に、ぜひご活用ください。

中間選挙とは?

米議会の上院100議席のうち、3分の1と下院435議席の全議席を改選する選挙です(36の州知事選挙も行われます)。4年に一度の大統領選挙の間の年に開催されるため、「中間」選挙と呼ばれています。今年の投票日は2018年11月6日(火)。大きく注目されているのが、上院と下院の議席の行方です。現在、上院では共和党51議席、民主党47議席、独立系2議席、下院では共和党237議席、民主党193議席(空席5)となっており、上院、下院ともにトランプ大統領の所属政党である共和党が過半数を占めています。しかし、共和党が上院、下院どちらかもしくは両方で過半数を失うことになれば、今後、議案が通りづらくなり、トランプ政権の政治運営がスムーズにいかなくなる可能性が出てきます。

(出所:各種メディア報道よりマネックス証券作成)

ポイント

米国の議会は日本と同様に二院制が採用されています。
上院は各州2名(合計50州)ずつで構成されており、議席の合計は100席となります。任期は6年で、2年に一度、3分の1が改選されることになっています。今年は2012年の選挙で当選した議員が改選対象となります。
下院の435議席は、人口に応じて各州に議席が割り振られ、任期は2年となります。

トランプ政権の今後2年を占う、米中間選挙の行方は?

キャンペーン概要

キャンペーン期間 2018年10月17日(水)~2018年11月14日(水)(現地約定日ベース)
キャンペーン内容 キャンペーン期間中に、課税口座において米国株取引を1回以上行ったお客様の中から、抽選で100名様に「米国会社四季報2018年秋冬号」(東洋経済新報社 定価:3,240円(税込))をプレゼントいたします。
キャンペーン条件

キャンペーン期間中に以下の条件を満たしたお客様が対象となります。

① エントリー ② 課税口座にて1回以上の米国株取引(現地約定日ベース)

①と②の順序は問いません。

抽選とプレゼント時期

2018年11月下旬ごろに発送予定です。

当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

注意事項
  • 本キャンペーンは、別途エントリーが必要となります。
    <エントリー可能期間:2018年10月17日(水)~2018年11月14日(水)>
  • NISA口座(非課税口座)でのお取引はキャンペーン対象外となります。
  • 米国税法上の取扱いの関係から、当社では米国籍および米国の外国人永住権を保有されているお客様は、外国株取引口座をお申込みいただけません。あらかじめご了承ください。
  • キャンペーンにエントリーをしたお客様には、別途本キャンペーンについてのご案内をメール等で行う場合がございます。
  • 既に他のキャンペーン/プログラムの対象となっている場合、本キャンペーンの対象外となることがあります。
  • 賞品はご登録住所に送付します。

キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

米国四季報

米国会社四季報2018年秋冬号(東洋経済新報社)

パンフレットを読む

ログインしてキャンペーンにエントリーする

キャンペーンにエントリーする

豆知識?米国株の特長を活用せよ!

米国株の特長として、日本株企業に比べて配当時期が分散されていることや、支払回数が年間で4回(四半期毎)の企業が多いことが挙げられます。
この特長を生かした、マネックス証券のポートフォリオ案をご紹介いたします。
ぜひ、ご覧ください。

米国株で毎月配当ポートフォリオ

米国株のお取引をするには

米国株を取引するためには、外国株取引口座の開設(無料)が必要です。
ウェブサイト上から簡単に、もちろん無料で開設いただけます。

米国株のお取引を始めるには、外国株取引口座を開設後、
①資金振替(円資金の移動)
②為替振替(円を米ドルへ交換)、もしくは円貨資金の連携指示が必要です。

マネックス証券の米国株取引の仕組み

米国(アメリカ)株 円貨決済

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。