サイト内の現在位置を表示しています。

現役ドクター投資家の銘柄選びの方法とは?

現役ドクター投資家の銘柄選びの方法とは?

投資の達人から秘訣を教わりたい、そのように考えている方も多いのではないでしょうか。現役の医師として激務を続けながら投資で好成績をあげ、ツイッターで4万人以上のフォロワーを持つ個人投資家「インヴェスドクター」氏に投資の秘訣をインタビューしました。インタビュー第2弾のテーマは「現役ドクター投資家の銘柄選びの方法とは?」です。

インタビュー第1弾「現役ドクターが投資で好成績をあげる秘訣とは?」

インタビュー第1弾「現役ドクターが投資で好成績をあげる秘訣とは?」

本コンテンツは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではございません。また、過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

個人投資家

インヴェスドクター 氏

日本株の運用で10億円達成を目指す現役の勤務医。2008年に600万円で株式投資を始め、途中1150万円入金し、現在は約4.5億円を運用。高配当利回り・低PBR銘柄を好みつつ、バリュー・グロース株が共存したポートフォリオ形成を心がけている。

ツイッターアカウント:https://twitter.com/Invesdoctor

どのように情報収集をされていますか?

普段マーケットや銘柄の情報収集はどのように行われていますか?

ツイッターや株探でだいたいの相場を把握して、個別銘柄は毎日TDNet(適時開示情報)をチェックしています。一応、保有銘柄についてはツイッター検索を毎日かけています。

インヴェスドクター様は「マネックス銘柄スカウター」も活用いただいているということですが、気に入っている点はどんなところですか?

業績の推移がかなり見やすいので気に入っています。また、特にこれまで手計算でやっていた四半期業績の推移についても重宝しています。セグメント情報も掲載されているので、自分の保有銘柄のどこか不安がないか、週に1回くらいはチェックしています。今後はスマートフォン用に見やすくしてもらえると良いですね。

マネックス銘柄スカウターに掲載されているニトリホールディングス(9843)の長期業績推移

これから投資しようかな、という銘柄はどのように探されていますか?

会社四季報を通読する時間がないので、まずはスクリーニングしています。以前は四季報オンラインというサービスでやっていましたが、システムが変わってしまって使いにくくなったので、現在は銘柄スカウターの「10年スクリーニング」やバフェットコードというサービスで銘柄を探します。銘柄スカウターの10年スクリーニングはかなりいいですね。連続増益回数とか、細かい設定もできるのがありがたいです。

会社四季報を通読する時間がないので、まずはスクリーニングしています。以前は四季報オンラインというサービスでやっていましたが、システムが変わってしまって使いにくくなったので、現在は銘柄スカウターの「10年スクリーニング」やバフェットコードというサービスで銘柄を探します。銘柄スカウターの10年スクリーニングはかなりいいですね。連続増益回数とか、細かい設定もできるのがありがたいです。

マネックス銘柄スカウターの10年スクリーニングのスクリーニング項目例

投資する銘柄を見つけた際に買うタイミングはどのように決めますか?

相場の恐怖感が蔓延しているときです。東証1部騰落レシオ、RSI、東証1部新安値銘柄数、信用評価損益率などを参考にしています。悪材料が出たり、あるいは決算の直前だったりするときは買いを控えることが多いです。

逆に売るタイミングはどのように決めていますか?

売るタイミングは決めていて、
① カタリスト(買った理由)がすべて解消されたときは全株
② 2倍以上になったら半分は売る
というルールを作っています。ソフトバンクグループ(9984)がそろそろ買ってから2倍になるので半分売らないといけないのですが、あの会社はIRページに理論株価を掲載してくれていて、あれを見るとちょっと売りたくないなぁと思っています(笑)

損切りラインは決めていますか?

損切りラインは決めていません。マイナス10%だとボラタイルな相場ならよくあることですし、マイナス20%になったらむしろ買い増したくなります。ほかに魅力的な銘柄があるなら、損失を出して乗り換えます。

個人投資家が利益を増やすためにやるべきことは?

個人投資家が利益を増やすためにするべきと思う行動はどんなことでしょうか?

投資情報を効率的に得ることですね。最近驚いたのは、投資家の「かぶ1000さん」がツイキャスで初心者向けにレクチャーをしてくれていることです。あの高いクオリティで無料ってありえないですよ。
あと、指標や財務について何度も勉強することが大事ですね。初心者の頃ってPERの意味すらわからなくて、何度も定義や計算式見直したりするじゃないですか。私もいつも初心に立ち返って基本的な指標の使い方を何度も読み返したりしています。

逆にやめるべきだと思う行動はありますか?

イナゴ投資ですね。(注、短期的な株価の上昇に飛びついて材料株の短期投資を行う個人投資家の投資行動のこと)
他人の情報を自分で調べもせずに鵜呑みにしてしまわないほうが良いのではないでしょうか。しっかりと自分で調べて学び続ける人が相場で生き残っている気がします。

おすすめの投資書籍はありますか?

「謎のトレーダー「しん」の株バリュー投資法」(しん著 かんき出版)※現在は絶版
「株式投資これだけはやってはいけない (東保 裕之著 日本経済新聞社)」ですかね。
ベンジャミングレアムとかピーターリンチとかも読んだんですけど、やはり日本人が日本人向けにわかりやすく書いた本がいいと思います。この2冊は何度か読み返している本です。

本日は貴重なお話ありがとうございました!

ありがとうございました。

インヴェスドクター氏も活用中のマネックス銘柄スカウターとは?

2017年10月の提供開始以来数多くのご好評をいただいている銘柄分析ツールです。「10年スクリーニング」「アナリスト予想」「通常発表されない3ヶ月に区切った企業業績」「セグメント業績」「業績予想修正履歴」など投資判断に役立つ様々な情報をご用意しています。

10年スクリーニング

2019年4月に提供を開始した新機能です。一般的なスクリーニング機能との違いは、直近や通期のデータではなく、過去10年間の業績や直近の四半期業績、アナリスト予想などで高度なスクリーニングが可能な点です。また、マネックス証券のアナリストによる「おすすめスクリーニング」では、話題のキーワードやユニークな条件で手軽に絞り込みいただけます。ぜひ、こだわりの銘柄選びにお役立てください。

銘柄スカウターに「10年スクリーニング」機能を追加

出所:マネックス銘柄スカウター

アナリスト予想

各証券会社のアナリストたちの業績予想や目標株価の変更を、ひと目でご覧いただけます。お好みでチャートの表示期間を変更していただくことも可能です。直近1週間でアナリストの上方修正が多かった銘柄は銘柄スカウタートップページにも掲載しています。銘柄分析のスペシャリストであるアナリストたちの予想をヒントに、有望な業種や銘柄を見つけてみましょう。

出所:マネックス銘柄スカウター

3ヶ月に区切った業績表示

3ヶ月ごとの業績を知りたい場合、多くの企業は業績をその期までの累計で発表しているため、自力で手間をかけて算出しなければなりません。この機能をお使いいただくことで手間なくひと目でチェックでき、銘柄分析にかかる手間を大幅に軽減することが可能です。

出所:マネックス銘柄スカウター

セグメント業績

企業が複数のビジネスを手掛けている場合、1つの企業内に成長ビジネスや衰退ビジネスが混在することも少なくありません。銘柄スカウターでは通期で最大5期分、四半期で最大20四半期分のセグメント業績データを掲載しています。セグメントごとに業績をチェックし、企業の本質的価値を計測するためにお役立てください。

出所:マネックス銘柄スカウター

業績予想修正履歴

企業が過去に行った「業績予想修正」を確認できます。企業が主に期初に発表する「その期の業績予想」ですが、保守的な予想を後で上方修正する企業もあれば、強気な予想を下方修正する企業もあります。企業の業績予想のクセを見抜き、投資の参考にしてください。

出所:マネックス銘柄スカウター

「どうやって使うの?」

活用法

YouTubeマネックスチャンネルでは専門家による解説を含む「ツキイチ!銘柄スカウター活用術セミナー」をご視聴いただけます。

YouTubeマネックスチャンネル

ログインして利用する

情報ツール利用状況一覧 「マネックス銘柄スカウター」のログインボタンより起動してください

利用する

情報ツール利用状況一覧 「マネックス銘柄スカウター」のログインボタンより起動してください

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円(税込:1,100円)、指値で最大1,500円(税込:1,650円)が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%(税込:0.11%)、指値で約定金額の最大0.15%(税込:0.165%)を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円(税込:880円)が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円(税込:1,100円)がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円(税込:2,750円)かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(税込:0.55%)(最低手数料48円(税込:52円))を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の売買手数料は、1注文の約定金額により異なり、2億円超の約定金額のとき最大手数料345,000円(税込:379,500円)かかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。