貸株でお得!株式手数料に使えるポイントプレゼント

貸株でお得!株式手数料に使えるポイントプレゼント

本キャンペーンは、2020年2月29日以前に証券総合取引口座を開設されたお客様が対象となります。

貸株サービスで一定額以上を貸出していただいたお客様全員に、期間中にお取引いただいた国内株式の現物取引手数料(税抜)分のマネックスポイント(株式手数料の利用に限定、利用期限あり)をプレゼントいたします。
プレゼントするポイントの上限は貸株残高に応じて変わり、最大3万円分!この機会にぜひ貸株サービスをご利用ください。

最大3万円分のマネックスポイントプレゼント

本キャンペーンは、2020年2月29日以前に証券総合取引口座を開設されたお客様が対象となります。

ログインしてエントリーする

エントリーする

貸株サービスの利用登録(無料)

ログイン後、貸株サービストップ画面へ遷移します。

貸株サービストップ画面へ遷移します。

キャンペーン概要

キャンペーン期間 2020年7月1日(水)~2020年7月31日(金)
キャンペーン対象 2020年2月29日以前に証券総合取引口座を開設されたお客様 
キャンペーン内容 キャンペーン期間中に以下の条件を満たしたお客様全員に、期間中にお取引いただいた国内株式の現物取引手数料(税抜)分のマネックスポイント(株式手数料の利用に限定。上限あり)をプレゼントいたします。
①「エントリーする」ボタンよりキャンペーンにエントリー
②期間中(約定日ベース)に現物株式をお取引(マネックスポイントを株式売買手数料として充当した分はポイント付与には含まれません)
③2020年7月31日(金)時点で一定額以上の貸株残高がある
※①~③の順序は問いません。
プレゼントするポイントの上限は、7月末時点の貸株残高に応じて変動します。
7月31日(金)時点の貸株残高(残高は、2020年7月31日(金)の終値で計算いたします。)
50万円以上:上限5,000円分
200万円以上:上限30,000円分
貸株のタイミングについて

キャンペーン条件③の貸株残高に含まれる残高は、貸株金利が発生している株式残高となります。7月31日(金)時点で貸株金利が付与されるには、以下のタイミングまでにお申込みや買付けをいただく必要があります。

  • 貸株サービスをこれからお申込みする場合:2020年7月28日(火)16:30まで
  • 貸株サービスをお申込み済みで、新たに「貸出す」設定をした場合:2020年7月29日(水)16:30まで
  • 新たに株式を買付けた場合:2020年7月29日(水)約定分まで
  • 新たに株式を入庫した場合:2020年7月29日(水)入庫分まで
集計対象外の銘柄

プログラムで現物取引手数料が実質無料となっている東証上場ETF5銘柄のお取引に係る取引手数料については、プレゼント集計対象外といたします。

  • MAXIS Jリート上場投信(1597)
  • MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)
  • MAXIS Jリート・コア上場投信(2517)
  • MAXIS米国株式(S&P500)上場投信(2558)
  • MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信(2559)
ポイント付与時期

2020年8月中旬頃

ポイントの利用期限は2020年9月末です。

ご注意事項
  • 信用取引口座を開設済のお客様は貸株サービスをご利用いただくことができません。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントするマネックスポイントは、株式手数料の利用に限定されます。ポイントを他の商品と交換することはできません。株式手数料への充当手続きの詳細はこちらをご参照ください。
  • ポイントの有効期限は2020年9月末(約定日ベース)までとなりますのでご注意ください。
    以下の場合は、本キャンペーンの対象外となります。あらかじめご了承ください。
    2020年3月1日以降に証券総合取引口座を開設されたお客様
    ポイント付与時に貸株サービス契約または証券総合取引口座を解約されているお客様
    日本株取引ツール「トレードステーション」でのお取引
    IFAサービスをお申込みのお客様
  • その他の手数料キャッシュバックキャンペーン等の対象となるお客様についても、本キャンペーンの対象外となる場合があります。
  • キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

金利5%以上(年率)の銘柄も!貸株サービスとは

貸株サービスとは、お客様が株式をマネックス証券に貸出し、マネックス証券が応分の貸株金利をお支払いするサービスです。

信用取引口座を開設されているお客様は貸株サービスをご利用いただくことができませんので、あらかじめご了承ください。

金利5%超(年率)の高金利銘柄も多数取扱い!

2020年06月26日以降の貸株金利(年率)

ボーナス金利銘柄 0.5%以上5.0%未満 5.0%以上(最大10%)
308銘柄 67銘柄

2020年06月26日以降のボーナス金利銘柄(一部抜粋)

銘柄コード 銘柄名 金利
4434 サーバーワークス 10.00%
7069 サイバー・バズ 10.00%
4488 AI inside 10.00%
4493 サイバーセキュリティクラウド 10.00%
6548 旅工房 10.00%
3970 イノベーション 10.00%
2375 ギグワークス 10.00%
3491 GA technologies 10.00%
4364 マナック 10.00%
4429 リックソフト 10.00%

ボーナス金利銘柄は、通常の銘柄に比べ、高い金利を適用する銘柄です。対象銘柄は、随時見直されます。

ボーナス金利銘柄一覧での掲示にかかわらず、貸株除外銘柄となる場合があります。

ボーナス金利銘柄のご購入や保有を推奨するものではありません。

ボーナス金利銘柄

(ログイン後遷移します)

実際にもらえる貸株料はいくら?

実際にいくらもらうことができるのか、シミュレーションしてみましょう。

200万円分の株式を貸出した場合の1ヶ月で受取りできる貸株料は・・・

ボーナス金利銘柄(年率5.00%)だと・・     8,219円

ボーナス金利銘柄(年率0.50%)だと・・      821円

その他の銘柄(年率0.10%)だと・・        164円

計算例:貸出株式残高が200万円(ボーナス金利銘柄(年率5.00%))、貸出期間が1ヶ月(30日)の場合。
200万円×5.00%÷365日=273.97円(100分の1円未満切捨て)
273.97円×30日=8,219円(円未満切り捨て)

配当金相当額もちゃんともらえる!

貸株サービスの利用中は、当該企業から「配当金」は支払われないのですが、配当金相当額をマネックス証券が支払ってくれるし、自動的にマネックス証券の証券総合取引口座に入金されるからとても便利です。

[配当金相当額]
源泉徴収後の配当金と同等の額がマネックス証券より支払われます。雑所得となるため、配当控除や上場株式等の譲渡損失との損益通算の対象とはなりません。

株主権利の取扱い

「配当金」として受取りたいなら、貸株金利は下がってしまいますが配当金自動取得サービスも便利ですよ。

配当金自動取得サービス・株主優待設定

株主優待がほしいときは、ウェブサイト上で指示すればOK

株主優待の基準日が近づいたら、貸株から一旦外せば問題なく株主優待も受取れます。銘柄ごとにウェブサイト上でカンタンに指示が出せます。
「株主優待の一括自動取得設定」を利用すれば、自分で指示しなくても株主優待をゲット!(※)

配当金自動取得サービス・株主優待設定

株主優待の一括自動取得設定をご利用になっても、株主優待を取得できない場合があります。ご利用の際は必ず「ご留意事項」をご確認ください。

いつでも売却できる

貸出中の株でも、事前に貸株から外す指示なしに、そのまま売却できます。
面倒な手続きなく、売りたいときにすぐに注文を出せるのがいいですね。

貸株サービスのよくある疑問

手続きは簡単にできるの?

貸株サービスはウェブサイト上で申し込むだけで、翌営業日から自動的に貸出されます(営業日の27:00までに申し込んだ場合です。27:00を過ぎていた場合は、翌々営業日からになります)。
貸株サービス利用中は、新しく買った株は自動的に貸株に出され、売却するときは自動的に解除されるため、特別な手続きは何もしなくても良いのです。
また、一部の株だけを貸し出すという指示を出すこともできます。
実際に貸株金利がつくのは、貸株サービス登録完了日の5営業日目からになります。

貸株に関するよくあるお問合せ

ログインしてエントリーする

エントリーする

貸株サービスの利用登録(無料)

ログイン後、貸株サービストップ画面へ遷移します。

貸株サービストップ画面へ遷移します。

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。
IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の売買手数料は、1注文の約定金額により異なり、2億円超の約定金額のとき最大手数料345,000円かかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

貸株サービスに関する重要事項

<リスク>

貸株サービスご利用のため締結いただく消費貸借契約は無担保の契約であるため、お客様は当社および当社の貸出先に対する信用リスクを負うことになります。

<手数料等>

貸株サービスのご利用には手数料等はかかりません。

<その他>

  • 貸株サービスを利用されている場合は、権利確定日に株式を保有していても配当金は支払われません。代わりに源泉税徴収後の配当金相当額を当社よりお受取いただきます。なお、配当金相当額は税務上、雑所得となり配当所得に該当せず配当控除の対象となりません。
  • 貸株サービスを利用されている場合は、株主優待や株式総会の議決権等を取得できません。
    「株主優待自動取得サービス」のご利用にあたっては、ご留意事項を必ずご確認ください。「株主優待自動取得サービス」を利用しても株主優待権利や議決権を取得できない場合があります。また、当サービスにより自動的に貸株から外れている期間の貸借料(貸株金利)はつきません。
  • 貸出している株式は、金融商品取引法で定められた分別管理の対象外です。また、万一、当社の経営が破綻した場合には投資者保護基金の対象となりません。