はじめてのテクニカル分析

ヘッドアンドショルダーズ

フォーメーション分析

ダブルフォーメーションと比較して出現頻度が少なく、さらに高い確率で「トレンド転換」を判断することができるのが、ヘッドアンドショルダーズフォーメーションです。

ヘッドアンドショルダーズトップ(三尊)

ヘッドアンドショルダーズトップは相場の天井を示すチャートパターンです。三つの山と二つの谷で形成され二つの山に挟まれた真ん中の山が一番高い山となります。
ヘッドアンドショルダーズトップは両脇の山が肩、真ん中の山が頭というように見えることから名付けられていますが、日本では釈迦の左右に菩薩が配置された三尊像に似ていることから“三尊”とも呼んでいます。
見方は最初の山を形成した後、その山の高値を更新しヘッドアンドショルダーズトップの“ヘッド”を形成し高値を更新した時点では上昇の勢いはまだあることを示していますが、前回の戻り安値とほぼ同値或いは以下に下落することとなりこの時点から売り圧力が強まってきた事になります。その後、反発するものの前回の高値(ヘッド)を更新することなく最初の戻り安値と次の戻り安値で引いたネックラインを価格が下抜けることで上昇トレンドの終息サインとなり、売りシグナルが発生し、ヘッドアンドショルダーズトップの完成となります。

ネックラインを超えたところで売りサインとなるのですが、その先どこまで上昇していくのか?の目安の一つとして、一番高い山とネックラインの長さと同じ長さの位置を目標値とおくことができます。

ヘッドアンドショルダーズボトム(逆三尊)

ヘッドアンドショルダーズボトムは、底を示すチャートパターンで、ヘッドアンドショルダーズトップの逆になります。
最初の谷を形成した後、その谷の安値を更新しヘッドアンドショルダーズボトムの“ヘッド”を形成し安値を更新した時点では下降の勢いはまだあることを示していますが、前回の戻り高値とほぼ同値或いは以上に上昇することとなりこの時点から買い圧力が強まってきた事になります。
その後、反落するものの前回の安値を更新することなく最初の戻り高値と次の戻り高値で引いたネックラインを価格が上抜ける事で下落トレンドの終息サインとなり、買いシグナルが発生し、ヘッドアンドショルダーズボトムの完成となります。

ネックラインを超えたところで買いサインとなるのですが、その先どこまで下落していくのか?の目安の一つとして、一番低い谷とネックラインの長さと同じ長さの位置を目標値とおくことができます。

テクニカル指標一覧に戻る