はじめてのテクニカル分析

よくあるご質問

テクニカル分析に関する、よくあるご質問をまとめました。

Qファンダメンタル分析との違いは?
A過去のチャートの動きを基に将来の価格を予測するのがテクニカル分析、景気動向や個別の企業業績を基に将来の価格を予測するのがファンダメンタル分析です。価格は最終的には買い(需要)と売り(供給)の関係によって決定されますが、需給関係を基にチャートのパターンを考察することはとても重要です。テクニカル分析は、ファンダメンタル分析と対比されることが多いですが、市場センチメント(強気や弱気などの市場全体の投資家心理)を理解し、適切な売買タイミングを推測する上で有意義であると考えられます。
Q他にどのようなテクニカル分析があるの?
A一口にテクニカル分析と言ってもその内容は多岐にわたっており、本コンテンツでご紹介している内容以外にも、数多くあります。出来高回転率や逆ウォッチ曲線等を用いる出来高分析や、貸借倍率や評価損益率等、信用取引からの分析もあります。数多くある分析手法の中から、書籍等で学びながら、ご自分のトレードにあった手法を選んでみてはいかがでしょうか。
Q最も幅広く使われているテクニカル分析は?
A最も幅広く使われているテクニカル分析のひとつとして、移動平均線があります。移動平均線の分析として、単線での分析だけでなく、2本の移動平均線(短期・長期)による分析があります。期間の異なる2本の移動平均線を用いることで、ゴールデンクロス・デッドクロスを判別することができます。移動平均線はその汎用性の高さが一番の魅力です。
Q株価だけでなく、株価指数(日経平均・東証株価指数等)やFX(外国為替証拠金取引)でも使えるの?
Aもちろん使えます。過去のチャートの動きを基に将来の価格を予測するのがテクニカル分析であり、株式・商品取引・為替等で利用されます。
Qマネックス証券のトレーディングツールでは、どのテクニカル指標を使うことができるの?
A確認できるテクニカル指標は、下記をご確認ください。
マネックス証券で確認できるテクニカル指標一覧
Qさらにテクニカル分析を学ぶためには?
A日本テクニカルアナリスト協会にて、テクニカルアナリスト資格試験をしておりますので、ご活用ください。
日本テクニカルアナリスト協会ウェブサイト