ホーム > 最良執行方針等

最良執行方針等

この最良執行方針等は、金融商品取引法第40条の2第1項の規定に従い、お客様にとって最良の取引の条件で執行するための方針および方法を定めたものです。
証券会社における最良執行義務は、価格のみならず、例えば、コスト、スピード、執行可能性等さまざまな要素を総合的に勘案して執行する義務となります。したがって、価格のみに着目して事後的に最良でなかったとしても、それのみをもって最良執行義務の違反には必ずしもなりません。
当社では、お客様から国内の取引所金融商品市場に上場されている有価証券の注文を受託した際に、以下の方針に従い執行することに努めます。

1.用語の定義

2.対象となる有価証券

国内の取引所金融商品市場に上場されている株券、ETF(上場投資信託受益証券)、REIT(不動産投資信託投資証券)等、金融商品取引法施行令第16条の6に規定される「上場株券等」を対象とします。

3.最良の取引の条件で執行するための方法

当社は、お客様からいただいた上場株券等に関する注文を、速やかに、国内の当該銘柄が上場している取引所金融商品市場又はPTSに執行します。取引所金融商品市場の取引時間外に受注した委託注文については、取引所金融商品市場における売買立会の注文の受付が再開された後に当該取引所金融商品市場又はPTSに執行します。
当社では取引形態によって、以下の方法により注文を執行します。

  1. SOR対象銘柄についてSOR注文を指定された場合は以下のとおり注文を執行します。
    1. ①SOR注文の受注時にSORシステムを通じ、PTSにて東京証券取引所より有利、もしくは同等な価格にて注文株数の一部又は全部の約定ができるかを判断します。
    2. ②PTSにおいて、お客様にとって有利な価格で注文株数の一部又は全部の約定ができると判断(※1)された場合に限り、PTSにその注文の一部又は全部を執行します。PTSにおいて、有利な価格で約定ができると判断されなかった注文については東京証券取引所に注文を執行します。(※2)
    3. ③PTSにて約定しなかった一部又は全部の注文については、東京証券取引所に注文を執行します。(※2)
    1. (※1)「お客様にとって有利な価格で注文株数の一部又は全部の約定ができるか」については、お客様の全注文株数に対する約定可能な単価をもとに、SOR注文の受注時に東京証券取引所の最良気配と同値又はより有利な価格で約定が可能と判断されるか否かを判断します。なお、判断は受注時に行いますが、受注後に取引所で注文を執行するまでにわずかながら時間がかかります。このわずかな時間に東京証券取引所の気配状況が変化することにより、判断した時点では有利と判断された場合でも、約定時点の東京証券取引所の最良気配と比較した場合に、不利な価格で約定する場合があります。
    2. (※2)当社所定の利用条件を満たしたお客様については、東京証券取引所(立会内取引)およびダークプールを通じて注文を執行します。

    ただし、上記にかかわらず、次のように処理をすることがあります。

    • SORシステムにおいて障害が検知された場合は、障害の状況により東京証券取引所へ執行することがあります。
    • ①の時点において、東京証券取引所が以下の場合はPTSに執行せず、全て東京証券取引所に執行します。
      • (ア)寄付きおよび引けにおける板寄せの場合
      • (イ)前場、後場それぞれでの始値決定前の場合
      • (ウ)前場、後場それぞれの売買終了時刻の1分前から売買終了まで
      • (エ)売買停止となっている場合
      • (オ)特別気配・連続約定気配が発生している場合
      • (カ)反対気配が存在しない場合
      • (キ)有利な方向に特別気配更新値幅を超過した反対気配が存在する場合
      • (ク)当日の高値・安値よりも不利な価格での約定が見込まれる場合
    【(1)を選択する理由】
    近年、取引所金融商品市場以外における上場株券等の売買の流動性は増加しており、流動性、約定可能性等を勘案した際に、よりお客様に有利な価格であると判断される取引を提供するために、PTSおよびダークプールを含めた執行サービスを提供することが、お客様にとって最も合理的であると判断されるからです。
  2. SOR対象銘柄についてSOR注文を指定しない場合、SOR対象銘柄以外の場合およびコールセンターにて電話でご注文をいただく場合は以下のとおり注文を執行します。
    • 上場している取引所金融商品市場が1箇所である場合(単独上場)には、当該取引所金融商品市場に執行します。
    • 複数の取引所金融商品市場へ上場(重複上場)されている場合には、株式会社QUICKの情報端末において証券コードを入力して検索した際に最初に価格情報が表示される取引所金融商品市場(主市場)に執行します。当該市場は、同社所定の計算方法により一定期間の売買高を勘案して決定された市場です。ただし、当該市場でその銘柄が整理銘柄にある場合、又は同社がデータを提供できない場合は、東京、名古屋(セントレックス含む)、福岡、札幌の順で、主市場を選定します。これら主市場は、注文画面にあらかじめ選択されますが(株価情報ツールの株価情報画面から注文画面に遷移した場合は、当該株価情報画面で参照していた取引所金融商品市場が選択されます。)、お客様は、当該注文画面で、ご希望する取引所金融商品市場へと変更することができます。この場合、当社は、お客様からご指示いただいた取引所金融商品市場において執行します。
  3. 日本株取引ツール「トレードステーション」を利用する場合においては、以下のとおり注文を執行します。
    • 上場している取引所金融商品市場が1箇所である場合(単独上場)には、当該取引所金融商品市場に執行します。
    • 複数の取引所金融商品市場へ上場(重複上場)されている場合には、証券コードを入力して検索した際に表示される取引所金融商品市場(主市場)に執行します。当該市場は、株式会社野村総合研究所所定の計算方法により一定期間の値付率と売買高を勘案して決定された市場です。ただし、当該市場でその銘柄が整理銘柄にある場合、又は同社がデータを提供できない場合は、東京、名古屋(セントレックス含む)、福岡、札幌の順で、主市場を選定します。お客様は、取引所金融商品市場(主市場)を、希望する取引所金融商品市場へ変更することができます。この場合、当社は、お客様からご指示いただいた取引所金融商品市場において執行します。
      また、証券コードを確認するために用いる銘柄検索画面において、「主市場のみ表示」を選択している場合についても、株式会社野村総合研究所が一定の基準で決定した取引所金融商品市場(主市場)を表示します。銘柄検索画面で「主市場のみ表示」を選択していない場合は、銘柄選択時に証券コードとともにお客様が希望する取引所金融商品市場を指定する必要がありますが、この場合、当社は、お客様からご指示いただいた取引所金融商品市場において執行します。

【(2)(3)当該方法を選択する理由】
(1)を選択しない場合において取引所金融商品市場は、流動性、約定可能性、取引のスピード等に優れていると考えられ、ここで執行することがお客様にとって最も合理的であると判断されるからです。また、複数の取引所金融商品市場に上場されている場合には、その中で最も流動性の高い取引所金融商品市場において執行することが、お客様にとって最も合理的であると判断されるからです。

4.その他

  1. 次に掲げる取引については、3.に掲げる方法によらず、それぞれ次に掲げる方法により執行します。
    1. ①お客様から執行方法に関するご指示(当社が自己で直接の相手方となる売買のご希望、執行する取引所金融商品市場のご希望、お取引の時間帯のご希望等)があった取引
      当該ご指示いただいた内容で当社が合意した執行方法
    2. ②取引約款等において執行方法を特定している取引
      当該取引約款等において特定している執行方法
    3. ③単元未満株の取引
      単元未満株を取り扱っている金融商品取引業者に取り次ぐ方法
    4. ④信用取引の決済注文
      新規建てを行った取引所金融商品市場で執行する方法
  2. 当社が最良執行を行う場合は受注時の主市場となります。したがって、受注時と執行時の主市場が異なることがあることをご了承ください。
  3. システム障害等により、やむを得ず、最良執行方針等に基づいて選択する方法とは異なる方法により執行する場合がございます。その場合でも、その時点での最良の条件で執行するよう努めます。

以上
(2019年6月)