ホーム > 取引手数料・費用

取引手数料・費用

高機能ツール、トレードステーションを一人でも多くのアクティブ・トレーダーに使ってほしい。
その思いから、トレードステーションはツール利用料無料、取引手数料は取引金額に応じて3つコースをご用意しています。定額制としては業界最安水準。アクティブ・トレーダーにうれしい料金体系となっています。

取引手数料

■選べる3つの一日定額プラン

1日の約定金額の合計額に対して取引手数料を計算する、一日定額プランを採用しています。

プラン名 1日の約定金額 取引手数料
(税抜)
ミニプラン 10万円ごと 50円
ノーマルプラン 100万円ごと 400円
ラージプラン 1,000万円ごと 3,250円

※ 1日の約定金額は、現物取引と信用取引の合計額です。

ご注意事項

お得な手数料無料プログラム
最大3ヶ月間取引手数料無料!トレステ デビュー応援プログラム

トレードステーション利用契約設定日(※)の翌営業日から、利用契約設定日の属する月の翌々月末まで取引手数料が無料になります。
プログラム期間中に累計約定金額が5,000 万円に達した場合、翌週の第2 営業日より通常の取引手数料体系に移行されます。約定金額は、現物取引と信用取引の合計額となります。

既にマネックス証券の証券総合取引口座をお持ちで、トレードステーション利用契約を行った場合も契約開始日よりプログラムの対象となります。

ご注意事項

  • 口座開設費用、口座維持費用は無料です。
  • 郵送不要のペーパーレス口座開設申込みなら、最短3営業日程度でお取引を始められます。

信用取引応援プログラム
信用取引で条件を満たせば、一定期間取引の取引手数料が無料!

各週に1営業日あたり(平均)で以下の条件のいずれかを満たす場合、
その翌週第2営業日から翌々週第1営業日までの株式取引手数料(現物/信用含む)を無料といたします。

・信用取引新規建て約定金額が5,000万円以上
・未決済の信用建玉が5,000万円以上

ご注意事項

信用金利

信用取引では取引手数料の他に以下の諸経費が必要となります。

信用金利

建玉の約定金額に対して発生する金利です。買い建玉の場合、証券会社から借りたお金に対してかかります。

信用買い 制度信用:年利 2.80% 一般信用:年利 3.47%
信用売り なし

信用取引貸株料

証券会社から株を借りるために支払う費用です。

信用買い なし
信用売り 年利1.15%

品貸料(逆日歩)

売り方が買い方に支払う費用です。市場で信用取引で貸借される株式が不足すると発生します。

信用買い 受取れる場合がある
※ 一般信用取引では対象外です。
信用売り 支払う場合がある

管理費

信用新規建の約定日から1ヶ月を経過するごとに建玉毎に対して管理費が発生します。

信用買い、信用売り 1ヶ月ごとに1株あたり10銭(税抜)
※ 単元株制度の適用を受けない銘柄(売買単位1株)については1株あたり100円(税抜)
※ 建玉ことに対する1ヶ月の上限は1,000円、下限は100円(税抜)

名義書換料

買い建玉が権利確定日をまたいで建てられている場合に必要となります。

信用買い 1売買単位あたり50円(税抜)
※ETF/ETNについては、1売買単位あたり5円(税抜)
※ただし、大幅な株式分割が行われた場合等で、証券金融会社により 名義書換料の調整が行われた場合には調整された額とします。
信用売り なし

配当金相当額

建玉が権利確定日をまたいで建てられている場合、配当金支払い時期に、税金が源泉徴収された後の金額の授受が必要です。

信用買い 配当のある銘柄の場合、受取れる
信用売り 配当のある銘柄の場合、支払う

サービス概要トップへ戻る