ホーム > サービス概要 > 取引ルール・利用規定

取引ルール・利用規定

お取引にあたってのルール、利用規定などは、以下からご覧ください。

取引ルール、利用規定

お取引にあたってご利用いただく取引ツール「トレードステーション」は、非常に高機能なツールです。お取引にあたっては、ウェブサイト上で提供している各種マニュアル、動画等をご参照いただき、操作方法や仕様をよくご確認の上お取引ください。

本ページでは、特にお取引にあたってご注意いただきたい事項についてご案内いたします。

ご留意事項

  1. トレードステーションでは、注文を受け付けるときだけでなく、金融商品取引所市場へ注文を執行する際にも、再度買付可能額、執行条件等の審査を行っております。注文執行時の審査によって注文が失効することがあります。
  2. トレードステーションでは、マニュアル等の定めるところに従い、EasyLanguage(市場データに基づいた分析テクニックやストラテジー(自動売買プログラム)を作成するためのTradeStationに組み込まれたプログラム言語をいいます。)を用いて売買プログラム、売買シグナルおよびインディケーターを搭載することができます。これらのご利用の際は、特に以下の点にご注意ください。
    1. 利用者が設定した条件を満たした場合、注文が作成されますが、確認画面で発注ボタンをクリックしない限り、注文は執行されません。(確認画面を表示しない設定も可能です)
    2. システム障害、通信障害等が発生した場合、利用者が設定した条件を満たしても注文が作成されないことがあります。
    3. 何らかの原因により、画面が動かなくなる、空白になる、他の画面が表示された場合であっても、売買プログラムは正常に機能していることがあります。画面表示が正常でない場合でも、必ず設定した内容や注文・約定履歴をご確認ください。
    4. ストラテジー注文で発注する注文において指値を指定した場合、市場の状況により注文が約定しないことがあります。
      その場合でもストラテジー上では約定したものとして、処理されることがあります。
    5. 価格変動やその他の要因により、想定外の注文や約定が発生することがあります。
    6. 売買プログラム利用時に注文確認画面を省略する場合、特に以下の点にご注意ください。
      1. ①お客様がストラテジーの設定を誤った場合、お客様の意図しない条件で注文が発注されることがあります。
        注文数量をはじめとした条件の設定には十分ご注意ください。
      2. ②注文確認画面を省略することに伴って、取引余力が足りない状態や取引所規則等により注文がエラーになる
        もしくは失効した状態がわからないことがあります。注文やストラテジーの稼動状況についてはご注意ください。
  3. トレードステーションでは、お客様が内部者登録している銘柄、また、内部者取引防止のために、お客様のご登録内容等から、お客様が会社関係者等の内部者に該当する可能性があるものと当社が判断し、内部者登録した銘柄の注文を受け付けることはできません。

インサイダー取引規制・内部者(会社関係者)登録について

サービス概要トップへ戻る

その他の「サービス概要」