メルカリ上場に沸くマザーズ市場で成長著しい銘柄は?

メルカリ上場に沸くマザーズ市場で成長著しい銘柄は?

フリーマーケットアプリを運営するメルカリ(4385)がマザーズ市場に上場します。時価総額が大きい大型上場になると見込まれており、足元のマーケットではメルカリの動向に注目が集まっています。本コンテンツではメルカリ上場に沸くマザーズ市場に上場しておりこれまでの成長が著しい企業をご紹介します。

本コンテンツは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではございません。また、過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

そもそもマザーズ市場とは?

あまり知られていませんが、マザーズ(Mothres)という名称は「Market of the high-growth and emerging stocks」の各単語の頭文字から取られています。マザーズは1999年に創設された市場で、新興企業やベンチャー企業など今後の成長が期待された銘柄が上場する市場です。

そもそもマザーズ市場とは?

(出所)東証マネ部ウェブサイト

大きく成長!マザーズ出身の銘柄たち

マザーズ市場は現在は業績が冴えなくても将来の成長が見込める新興企業が上場して資金調達をするための市場です。サイバーエージェント(4751)、スタートトゥデイ(3092)、エムスリー(2413)など現在は東証1部に上場する日本を代表する成長企業たちも、過去にはマザーズに上場していました。3社とも凄まじい成長を遂げてきたことは、多くの方がご存じかと思いますが、マネックス証券の銘柄分析ツール「マネックス銘柄スカウター」から3社の過去10期分の業績をご紹介します。

サイバーエージェント(4751)の業績推移

サイバーエージェント(4751)の業績推移

スタートトゥデイ(3092)の業績推移

スタートトゥデイ(3092)の業績推移

エムスリー(2413)の業績推移

エムスリー(2413)の業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター

マザーズに上場する成長著しい銘柄とは?

多くの企業がご紹介した3社のように高い業績成長を遂げられれば望ましいですが、現実には成長できている企業もあればほとんど成長できておらずむしろ売上減少が続く衰退企業がマザーズ市場に上場していることも事実です。もちろん今後も継続的に高成長を遂げることができるかどうかはわかりませんが、「マザーズ市場に上場する成長著しい銘柄」としてマーケット・アナリストの益嶋裕が以下の条件で銘柄をピックアップしました。表の下に各企業の概要や業績推移をご紹介いたしますので合わせてご参考ください。

スクリーニング条件

  • 東証マザーズ市場に上場
  • 過去6期分の売上高と営業利益を取得可能
  • 直近5期がいずれも前期比増収・営業増益
  • 今期の会社予想も前期比増収・営業増益

マザーズ市場の成長著しい銘柄

銘柄名 6月8日終値
(円)
売買単位
(株)
予想PER
(倍)
PBR
(倍)
ファンデリー(3137) 1,707 100 24.5 4.8
AMBITION(3300) 1,692 100 21.0 7.4
じげん(3679) 879 100 37.4 8.6
コラボス(3908) 1,023 100 21.6 3.2
弁護士ドットコム(6027) 2,239 100 150.4 32.5
ジャパンインベストメントアドバイザー(7172) 5,540 100 39.7 10.8
日本アセットマーケティング(8922) 135 100 20.1 1.0

(出所)2018年6月8日時点のQUICKデータよりマネックス証券作成

ファンデリー(3137)

企業概要

ヘルスケア食品会社。メディカルフードデリバリー事業(健康食宅配、健康食通販カタログ)、マーケティング事業(カタログ誌面の広告枠販売、サンプリング等の業務受託、健康食レシピ情報サイト運営)を展開。健康食宅配ではヘルシー食・たんぱく質調整食などの200種類のメニューにより顧客嗜好に応じた選別宅配をサービス(栄養士による無料カウンセリングサービス)。健康食通販カタログ「ミールタイム」「ミールタイム・ファーマ」を全国の医療機関・調剤薬局・保健所・介護施設等に配布、健康食の販売と同時に広告枠を販売。2016年シャープのウォーターオーブン(家電)でサービス連携。

業績推移

ファンデリー(3137)の業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター

AMBITION(3300)

企業概要

デザイナーズマンションの賃貸管理会社。プロパティマネジメント(不動産所有者から不動産を借受け、第三者に貸転・サブリース、転貸借用物件管理)を軸に賃貸仲介、投資事業(バリューアップ物件の販売)を営む。家賃保証、敷金・礼金・保証金ゼロ「ALL ZERO PLAN」に特長。物件は東京23区を中心としたワンルームマンションタイプのデザイナーマンション、顧客層はDINKS・単身マーケット、賃貸管理戸数は9002戸(2017年12月)。SPC/REIT領域への投資顧問事業の拡大を推進。2016年アドベンチャー(6030)と民泊情報で業務提携、民泊事業者として東京大田区の特区民泊に参画。カイカ(2315)とブロックチェーン実証実験共同開始。2017年エボラブルアジア(6191)と資本業務提携、ホープ少額短期保険を開業、ヴェリタス・インベストメントを買収。

業績推移

AMBITION(3300)の業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター

じげん(3679)

企業概要

インターネット運営企業。ライフイベント領域(求人・住まい・結婚・車など人材領域・不動産領域・生活領域)を中心に、「転職EX」「派遣EX」等によるその領域に特化したEXサイトを運営。代表的なサイトは「転職EX」「派遣EX」「アルバイトEX」「看護師求人EX」「賃貸SMOCCA」「住宅購入EX」「中古車EX」等。複数のインターネットメディア情報や企業情報を統合、「EXサイト」上で一括して検索・応募・問い合わせできるのが特色。収益は成果報酬型の課金体系モデル。2013年KDDIと求人情報サービスで業務提携。2014年求人情報のリブセンス(6054)と提携。2016年ハウスドゥ(3457)と業務提携。2017年NTTドコモと業務提携(仕事探しのプラットフォーム「dジョブ」を共同で企画・制作)。主要取引先はリクルートホールディングス、インテリジェンス。

業績推移

じげん(3679)の業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター

コラボス(3908)

企業概要

クラウド型コールセンターサービス会社。コールセンター運営に必要な諸機能(システムやアプリケーション)をクラウドサービスとして提供、CTIシステムで低コスト・短期間でのコールセンター設置をサポート。顧客ニーズを取り込んだ電話システム、顧客情報管理システム、データ解析サービスを継続的に開発、顧客から月額使用料を収受、600拠点以上の実績。主要サービスは「nyplace」(コールセンター向けクラウドサービス)、顧客情報管理システム「COLLABOS CRM」、小規模なコールセンター向け「COLLABOS PHONE」。2016年データ解析サービスのアイズファクトリーと業務提携(合弁会社シーズファクトリーを設立)。

業績推移

コラボス(3908)の業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター

弁護士ドットコム(6027)

企業概要

法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」運営。法律相談を求める顧客と弁護士を仲介するサービスを提供。弁護士マーケティング支援サービス(無料相談・みんなの法律相談、弁護士検索)、有料会員サービス、税理士相談「税理士ドットコム」サービス、企業法務サービス等。登録弁護士数1万3千人(弁護士の3人に1人)、月間サイト訪問者数860万人。契約管理(契約書のペーパーレス化)のクラウドサービス「クラウドサイン」(世界30カ国以上に提供)に注力。2016年企業法務ポータルサイト「ビジネスロイヤーズ」運営開始。2017年宝印刷(7921)、テラスカイ(3915)、ロゼッタ(6182)(契約書翻訳)と業務提携。

業績推移

弁護士ドットコム(6027)の業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)

企業概要

金融ソリューション会社。オペレーティング・リース事業を中心に環境エネルギー事業(太陽光発電)、パーツアウト・コンバージョン事業(退役航空機のリサイクル・部品販売)、メディア事業を営む。主力のオペレーティング・リース事業は航空機やコンテナを対象としたオペレーティング・リースのアレンジメント。2014年太陽光発電事業の第1号ファンドを組成(環境エネルギー事業を形成)。2015年日本證券新聞社をウェルス・マネジメント(3772)から買収(メディア事業に参入)。2016年インタートレードの株式取得。2017年ボーイング737MAX8購入(カタログ価格約1232億円)。主要取引先はVallair Solutions。

業績推移

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)の業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター

日本アセットマーケティング(8922)

企業概要

不動産賃貸・管理会社、ドン・キホーテの子会社。不動産賃貸事業(賃借・保有不動産の賃貸)、不動産管理事業(賃貸した不動産の管理・運営・保守)を展開。主力はドン・キホーテ店舗不動産の賃貸、プロパティマネジメント&ビルマネジメントサービス。2013年ドン・キホーテ子会社との資本業務提携に伴い、ドン・キホーテグループ各社から不動産物件を譲受(2015年従来のビジネスモデルの不動産オークション事業・不動産ポータルサイト運営から撤退)。2013年ジアースから商号変更。主要取引先はドン・キホーテ、長崎屋、日本商業施設。

業績推移

日本アセットマーケティング(8922)の業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター

企業の決算情報を手軽にかつ効果的に活用できる「マネックス銘柄スカウター」

マネックス銘柄スカウター

投資判断を行う際に、企業の決算情報を手軽にかつ効果的に活用できる投資情報サービスです。
銘柄分析にかかる手間を大幅に軽減します。

ここがオススメ!

  • 企業が決算短信等では発表しない3ヶ月に区切った業績を表示
  • 最長過去10年の企業業績や、最長過去5年の株価指標をグラフ表示
  • ビジネスごとに企業を分解した「セグメント業績」を表示

ログインして利用する

情報ツール利用状況一覧「マネックス銘柄スカウター」のログインボタンより起動してください

利用する

情報ツール利用状況一覧「マネックス銘柄スカウター」のログインボタンより起動してください

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。