ダウ指数最高値!最低取引手数料を0.1米ドルへ! 

米国株 最低取引手数料を0.1米ドルへ引き下げ!

マネックス証券の米国株取引では、7月22日(月) 米国現地約定分からは、最低取引手数料を0米ドル(無料)へ引き下げいたします!

米国株の最低取引手数料を無料へ!

マネックス証券の米国株取引では、これまで最低取引手数料5米ドル(税抜)にてサービスをご提供してまいりましたが、このたび最低手数料を0.1米ドル(税抜)へ大幅に引き下げいたします!主要ネット証券の中では最安となり、これまで以上に低いコストでのお取引が可能となります。
また、同時に米ドルの為替手数料(買付時)も半年間無料といたします!

この機会にぜひ、1株から超低コストでご購入いただける米国株の世界をご体験ください。
なお、最低手数料の引き下げを記念して、各種キャンペーンも実施いたします。

本コンテンツ内の主要ネット証券は、SBI証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券をいいます(2019年7月1日現在、カブドットコム証券・松井証券は米国株の取扱いはありません)。

最低取引手数料が50分の1に! 5米ドル ⇒ 0.1米ドル

マネックス証券では米国株取引において、2019年7月8日(月)現地約定分(7月9日国内約定分)(予定)より、最低手数料を5米ドル(税抜)から、主要ネット証券最安の0.1米ドル(税抜)へ引き下げいたします。

また、米ドルの為替手数料(買付時)につきましても同時に、2019年7月8日(月)から2020年1月7日(火)国内約定分(予定)まで無料といたします。

米国株をご売却時に本取引手数料のほか、現地取引手数料がかかります。詳細は以下のページをご確認ください。

マネックス証券 米国株 手数料詳細

主要ネット証券 米国株取引手数料比較(税抜)

カブドットコム証券・松井証券は米国株の取扱いはありません(2019年7月1日現在)。

当社最低手数料の引き下げは、2019年7月8日(月)現地約定分からを予定しております。

上記に記載の情報は、2019年7月1日に当社が確認した情報です。詳細は各社のウェブサイトにてご確認ください。

ご留意事項

  • 記載している期間、条件は変更される場合があります。変更がありましたら改めてウェブサイト上でお知らせいたします。
  • 2019年7月8日(月)現地取引時間における約定時まで、米国株取引画面における手数料額が過去の最低取引手数料額(5米ドル)にて表示される可能性があります。差し引かれる手数料金額につきましては変更後の最低手数料額(0.1米ドル)にて計算されております。あらかじめご了承ください。
  • 本変更に伴い、米国上場有価証券等取引に係る上場有価証券等書面の改定を予定いたしております。改定後はウェブブラウザ上でご確認の上、お取引ください。
    米国株取引に係る契約締結前交付書面 改定のお知らせ (2019年6月21日掲載)

最低手数料引き下げに伴うキャンペーンも開催中!

どなたでも応募可能!アメリカ旅行があたるキャンペーン実施中

米国株厳選銘柄レポートBOOK2019年夏号プレゼントキャンペーン

米国株のお取引をするには

米国株を取引するためには、外国株取引口座の開設(無料)が必要です。
ウェブサイト上から簡単に、もちろん無料で開設いただけます。

米国株のお取引を始めるには、外国株取引口座を開設後、
①資金振替(円資金の移動)
②為替振替(円を米ドルへ交換)、もしくは円貨資金の連携指示が必要です。

マネックス証券の米国株取引の仕組みはこちら

米国(アメリカ)株 円貨決済

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引デビュー応援!手数料全額キャッシュバック

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。