米国で今年最大のIPO ウーバーがついに上場

米国で今年最大のIPO ウーバーがついに上場

米ライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズ(ティッカーシンボル:UBER)が2019年5月10日(金)に、米国市場へ上場しました。
マネックス証券では、上場日当日よりウーバー・テクノロジーズを取り扱っています。

今後も米国でIPOが予定されている大型銘柄についても、マネックス証券では上場日当日より積極的に取扱いする予定です。

上場日、上場内容、取扱い予定は、今後変更になる場合があります。変更がある場合は改めてお知らせいたします。

巨大ユニコーン ウーバー・テクノロジーズとは?

会社概要

ウーバー・テクノロジーズは2009年に米国カリフォルニア州で設立された比較的新しい会社です。未上場で時価総額が10億米ドル以上を誇る企業、いわゆる「ユニコーン」の代表格であり以前から上場に注目が集まっていました。

2017年9月に、不祥事で引責辞任した前CEOの後を継いだダラ・コスロシャヒ氏は、前職では大手旅行予約サイトのエクスべディアの代表を務めていました。

ウーバーには日本のソフトバンク・グループが巨額の出資をしており、出資比率(上場前)は16.3%と筆頭株主に、またグーグルの親会社であるアルファベットも出資しており、出資比率(上場前)は5.2%となっています(2019年3月31日時点)。またトヨタ自動車も2018年8月にウーバーとの協業に加え、5億ドル(約550億円)の出資も行っています。

ウーバーは「We ignite opportunity by setting the world in motion.(世界を変えていく機会の創出)」をミッションに掲げており、テクノロジーの応用で、世界中の人々の移動をさまざまな形で支え、無数のつながりを生み出しています。

今回の上場にあたり、時価総額は最大で約915億ドル(約10兆円)になると見られています。2019年3月に上場したライバルのリフト(ティッカー:LYFT)は上場時に約200億ドルだったことから、今年最大規模のIPOとなります。

会社名 ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies,Inc.)
設立 2009年
本社 米国カリフォルニア州
代表取締役 ダラ・コスロシャヒ
主要株主 ソフトバンク・グループ(筆頭株主)、アルファベット(グーグル親会社)、トヨタ自動車など
ミッション We ignite opportunity by setting the world in motion.
(世界を変えていく機会の創出)
上場時の時価総額予想 約805億ドル~約915億ドル
(約8.9兆円~約10兆円 ※1ドル=110円換算)

(出所:売出目論見書、各社ウェブサイト、各種報道よりマネックス証券作成)

(出所:売出目論見書より抜粋)

事業内容

コアプラットフォーム(3分野)とノンコアプラットフォームの大きく2つに分かれて事業を展開しています。

ウーバーはこれらの事業を世界63カ国、700都市で運営しています。1日あたり1,400万回、人々を移動させ、ウーバーを通じてこれまでにドライバーに支払われた金額は780億ドル(日本円で約8兆円)にも上ります。(2018年12月末時点)

コア
プラットフォーム
ライドシェアリング タクシー配車サービスで、「ウーバー」プラットフォームの代表例。移動したい人と送り届けたい人をつないでマッチングさせ、その手数料で収益をあげる。UberBLACK(高級ハイヤー配車)やUberPOOL(同じ方角への乗り合いサービス)などもある。
ウーバー・イーツ フードデリバリーサービス。注文を受けたレストランやプラットフォームを利用するドライバーから利用料を、注文した消費者から配達料を徴収し収益としている。
その他 主に自動車や自転車などの移動手段をユーザーにレンタルやリースする事業を収入源としている。ただ、今後は縮小予定。
アザー・ベッツ ウーバー・フレイト(長距離荷物輸送のマッチングプラットフォーム)や電動バイク、電動スクーターなどの利用料を収益としている。これまで米国内にサービス提供が限られていたウーバー・フレイトは2019年3月に欧州での参入を発表。

(出所:売出目論見書よりマネックス証券作成)

ライドシェアリング「ウーバー」のイメージ

フードデリバリー「ウーバー・イーツ」のイメージ

(出所:売出目論見書より抜粋)

利用者は増加の一途をたどっている

月次平均アクティブユーザー数(Monthly Active Platform Consumers)は、タクシー配車やウーバー・イーツ、そして電動スクーター、電動バイクなどの新移動サービスを、ウーバーのアプリ上で月1回以上利用したユニーク消費者数を四半期ごとに月次平均した数値です。

直近の四半期(2018年12月末時点)では事業展開をしている63カ国で9,100万人がウーバーのサービスを利用しており、これだけ大きな規模になっているにもかかわらず、1年前(2017年12月末時点)から+35%という驚異的なスピードで利用者を伸ばしています。

トリップ数は、タクシー配車やウーバー・イーツ、そして電動スクーター、電動バイクなどの新移動サービスを、一定期間内に利用した消費者の数を表します。

(出所:売出目論見書よりマネックス証券作成)

全体業績推移(2016年~2018年)

2018年には、日本円(1ドル=110円換算)で約1兆2000億円程度の売上を叩き出しています。
一方、営業利益はマイナスで、規模やシェアの拡大のため、いまだに赤字が続いてる状態です。

2018年に純利益がプラスとなっているのは、ロシアや東南アジアでの事業売却や、出資している中国のDidiへの評価額上昇による利益があったためです。

単位:百万ドル

2016年 2017年 2018年
売上高 3,845 7,932 11,270
営業利益 -3,023 -4,080 -3,033
純利益(※) -370 -4,033 997

親会社の所有者に帰属する当期利益(税引後)

(出所:売出目論見書よりマネックス証券作成)

部門別業績推移(2016年~2018年)

部門別では、特にウーバー・イーツが売上高を伸ばしています。
日本でも東京都内で、ウーバー・イーツのカバンを背負って自転車でデリバリーしている姿をよく見かけます。特に日本では、ライドシェアリングのサービスが他国と異なり大きく展開できていないため、ウーバー・イーツに力を入れているものと考えられますが、ウーバー全体を見てもウーバー・イーツの業績の伸びは飛び抜けています。

(出所:売出目論見書よりマネックス証券作成)

全売上高に占めるウーバー・イーツの売上高比率は2016年の2.7%から2018年には13%まで上昇しました。

(出所:売出目論見書よりマネックス証券作成)

ウーバーの海外戦略とは?出資やジョイントベンチャー設立

ウーバーは早くから中国や東南アジアへ進出していましたが、最終的には現地の配車サービス大手に事業を売却。
株式保有という形で間接的にビジネスを展開しています。
一方、ロシアでは現地の大手IT企業であるヤンデックス(ティッカー:YNDX)とジョイントベンチャーを設立し、直接的に事業を営んでいます。

なお、米国での最大のライバル、リフト(ティッカー:LYFT)は米国とカナダだけでしか配車サービスを提供していません。

中国 2016年8月にDidiに事業を売却し、中国から撤退。代わりにDidiの株式15.4%を保有しています(2018年9月時点の比率)。
ロシア ヤンデックス(ティッカー:YNDX)とジョイントベンチャー、ヤンデックス・タクシーを設立。株式の38%を保有しています(2018年12月末時点の比率)。
東南アジア 東南アジア事業をグラブに売却し、東南アジアから撤退。グラブの株式を23.8%取得しています(2018年12月末時点の比率)。
中東 2019年3月にドバイを拠点とするCareemを約31億ドルで買収することで合意。Careemは中東、北アフリカ、パキスタンの115都市で、数百万人のユーザーを持ち、ライドシェアリングやフードデリバリー、支払いサービスなどを提供しています。

(出所:売出目論見書よりマネックス証券作成)

ウーバーのライバル達は?

ウーバーは複数の事業を営んでいますが、それぞれにおいて、米国には強力なライバルが存在します。

ライドシェアリング リフト(ティッカー:LYFT)
ウーバー・イーツ グラブハブ(ティッカー:GRUB)、アマゾン(ティッカー:AMZN)
ウーバ・フレイト シー・エイチ・ロビンソン・ワールドワイド (ティッカー:CHRW)、エックスピーオー・ロジスティックス (XPO)、エコ・グローバル・ロジスティクス (ECHO)

(出所:売出目論見書よりマネックス証券作成)

米国株のプロはどう見る?過去IPOから見るウーバー投資戦略

広瀬 隆雄 氏

米国在住の広瀬隆雄氏が、ウーバーの内容を詳しくレポートでお伝えします!

レポートのまとめ

  1. ライドシェアリング業界は未だ端緒についたばかり
  2. ウーバーはライドシェアのリーダー企業
  3. 最近売上高が伸び悩み、マージンが圧迫を受けている
  4. マーケットシェア重視の経営から利益重視の経営へシフトする必要あり
  5. ウーバーのIPOは調達金額で過去10傑に入らない
  6. 長い目で見ればウーバーもアリババ、フェイスブック同様成長が期待できる

レポートを読む

新規上場銘柄の概要

ティッカーシンボル 銘柄名 市場 公開価格
UBER ウーバー・テクノロジーズ NYSE 45ドル

マネックス証券の米国株(アメリカ株)なら

業界最安水準の手数料

業界最低水準の手数料

業界最安水準!約定代金の0.45%(最低手数料5米ドル ~ 手数料上限20米ドル)

取引手数料

取扱銘柄数は3,000超

取扱銘柄数は3,000超

大型銘柄にくわえ、中小型銘柄も豊富!お客様のご要望に応じて随時、取扱銘柄を拡大!

取扱銘柄

特定口座に対応!

特定口座に対応!

日本株や投資信託と同じように特定口座に対応!面倒な税申告の手続きは不要!

特定口座

2019年1月31日現在

業界は米国株のオンライン取引が可能な証券会社(SBI証券、楽天証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、マネックス証券)をいいます。

米国株のお取引をするには

米国株のお取引を始めるには、外国株取引口座を開設後、
①資金振替(円資金の移動)
②為替振替(円を米ドルへ交換)、もしくは円貨資金の連携指示が必要です。

マネックス証券の米国株取引の仕組みはこちら

米国(アメリカ)株 円貨決済

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引デビュー応援!手数料全額キャッシュバック

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。