長期で増やすためのバランスファンド「3倍3分法」

長期で増やすためのバランスファンド「3倍3分法」

「グローバル3倍3分法ファンド」は、国内外の株式、REIT、債券の3つの資産に対し、純資産総額の3倍相当額の投資を行う運用手法で注目を集めているバランスファンドです。
長期保有に相応しい効率的な分散投資で、「増やすための分散」をめざすのが当ファンドの設計コンセプト。ポートフォリオの一部として「グローバル3倍3分法ファンド」を活用してみてはいかがでしょうか。
ファンドの特徴と、設定来概ね堅調なパフォーマンスをご紹介します。

当ファンドの設定来パフォーマンス

実際の運用が始まった2018年10月以降を見ても、
「株ほど下げずに、株のように上がる」特性を発揮中。

当ファンドの設定日は、運悪く(?)、2018年末にかけたマーケットの混乱直前といえる2018年10月4日。
しかし逆に、当ファンドの特性をよく表してくれた約9ヶ月間だったともいえます。

税引前分配金再投資ベース。
日本株式:東証株価指数(TOPIX、配当込)、海外先進国株式:MSCI KOKUSAI指数(配当込、為替ヘッジなし、円ベース)、海外新興国株式:MSCIエマージング・マーケット指数(配当込、為替ヘッジなし、米ドルベース)を日興アセットマネジメントが円換算、日本REIT:東証REIT指数(配当込)、海外先進国REIT:S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込、円ベース)、世界国債:FTSE世界国債インデックス(為替ヘッジあり、円ベース)●信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成●上記は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。

出所:日興アセットマネジメントの特設サイトより引用

この結果になった商品設計上の大きな工夫が、先物利用による純資産の3倍相当額の投資。
従来の「2倍」「3倍」と銘打ったファンドは、株式のみを対象に、単に値動きを2倍3倍にしたものが多く、短期のトレード目的に使われるケースも多いようです。
一方、当ファンドの「3倍」の目的は真逆。長期保有にふさわしい「効率的な分散状態」のまま、ファンド純資産の3倍相当のエクスポージャーをとる(マーケットに投資した状態を作る)ことで、「増やすための分散」をめざすのが、当ファンドの設計コンセプトです。

出所:日興アセットマネジメントの特設サイトより引用

Check!

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)

設定来のパフォーマンス分析~2019年4-6月期を終えて~(2019年7月25日)

グローバル3倍3分法ファンド(隔月分配型)

2019年7月決算までの投資環境等について(2019年7月24日)

当ファンドの運用方法

投資対象資産と実質的な資産の内訳について

「グローバル3倍3分法ファンド」は、世界の株式やREITに加えて、日本株式および各国国債への投資には先物取引などを活用することで、純資産総額の3倍相当額の投資を行ないます。投資対象資産は、世界の株式、REIT、債券の3資産とし、幅広く分散投資を行ないます。

出所:日興アセットマネジメント作成の交付目論見書より引用

「3倍3分法(3倍バランス)」のリスク・リターンのイメージ

一般に、値動きの異なる複数の資産に分散投資を行なうことで、運用効率(リスクあたりのリターン)が上昇し、価格変動リスクの低減とリターンの安定化が期待できます。さらに、当ファンドでは、実質的に先物取引などを活用して純資産総額の3倍相当額の投資を行なうことにより、運用効率を保ったまま、より高いリスク・リターンが期待できます。

出所:日興アセットマネジメント作成の交付目論見書より引用

バランス効果に期待できる当ファンド。長期の積立投資もご利用ください

積立投資なら、お客様の投資スタイルに合わせて時間分散・資産分散しながら継続的な投資にご利用いただけます。積立設定をした後は毎月自動で買い付けるので、プロでも判断が難しいとされる投資タイミングや銘柄選定を悩むストレスがありません。加えて、長期投資なら価格変動やリスクのバラつきを抑えながら複利効果も期待できます。

当ファンドを活用した投資方法(一例):積立投資

出所:日興アセットマネジメント作成の販売用資料(2018年10月)より引用

3倍3分法(3倍バランス)の効果

出所:日興アセットマネジメント作成の販売用資料(2018年10月)より引用

【動画公開中】3倍3分法Movie

3倍3分法Movie

まずは大づかみ。わかりやすい動画で、3倍3分法の仕組みを解説。

動画を見る

グローバル3倍3分法ファンド

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA
  • 実質的に世界の株式、REITおよび債券などに分散投資を行い、収益の獲得をめざします。
  • 世界の株式やREITに加えて株価指数先物取引や国債先物取引などを活用することで、信託財産の純資産総額の3倍相当額の投資を行います。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。
  • 「年1回決算型」と「隔月分配型」の間でスイッチングが可能です。(NISA口座についてはスイッチングのお取扱いはありません。)

(1年決算型)年1回決算を行います。
(隔月分配型)・奇数月の年6回決算を行います。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

隔月分配型投資信託の収益分配金に関する留意事項につきましては、当ファンドの交付目論見書の23ページをご確認ください。

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)/(隔月分配型)の取引に関する重要事項

<リスク>

当ファンドは、主に値動きのある国内外の株式、債券、リート等を実質的な投資対象としています。当ファンドの基準価額は、有価証券の値動き等や為替相場の変動等の影響により上下するため、元本損失が生じることがあります。当ファンドは、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

当ファンドご購入の際の申込手数料や換金時に直接ご負担いただく信託財産留保額はかかりませんが、当ファンドの保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して実質年率0.4752%(税込)程度を乗じた額の信託報酬がかかります。また、日々の純資産総額に対して年率0.1%を乗じた額を上限とする額の諸費用のほか、その他の費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

当ファンドご購入の際には、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。