サイト内の現在位置を表示しています。

米国株デビュー応援がキャッシュバック期間延長&上限なしキャンペーン

マネックス証券は、皆様の2022年米国株取引デビューを後押しするため、米国株の取引手数料(税抜)をキャッシュバックする「米国株デビュー応援プログラム」をパワーアップする拡大キャンペーンを実施します。キャンペーン期間中に外国株取引口座への初回入金を行った方は、その日から40日間の米国株取引手数料(税抜)を全額キャッシュバックいたします。ぜひマネックス証券の米国株取引をご検討ください。

米国株デビュー応援拡大キャンペーンの内容

プログラム内容

外国株取引口座へ初回入金日から20日間。お取引された米国株取引手数料(税抜)最大3万円分まで。

拡大キャンペーンの内容

外国株取引口座へ初回入金日から40日間。お取引された米国株取引手数料(税抜)全額(実質無料)。

外国株取引口座への初回入金日から、40日間にお取引された米国株取引手数料(税抜)を、全額米ドルでキャッシュバックいたします。

外国株取引口座への初回入金日とは?

以下の①、②、もしくは③を行った日が外国株取引口座への初回入金日になります。

③の円貨決済サービス利用については、米国株取引デビュー応援対象期間の起点が①・②と異なりますので、ご注意ください。

①外国株取引口座内の為替振替(日本円⇒米ドル)

外国株取引口座内に保有している日本円を、初めて米ドルに為替振替をした日(約定日ベース)が、外国株取引口座への初回入金日です。

外国株取引口座に円資金を振替えるのみでは初回入金日になりませんので、ご注意ください。

②米ドルの口座間振替(証券総合取引口座⇒外国株取引口座)

証券総合取引口座で保有している米ドル(外貨お預り金)を、外国株取引口座へ口座間振替をした日(約定日ベース)が、外国株取引口座への初回入金日です。

③円貨決済サービス

①・②を行っておらず、初めての米国株取引に円貨決済サービスを利用した場合に限ります。

円貨決済サービスでは、自動的に為替振替を行うため、お客様による日本円から米ドルへの為替振替操作が不要です。
円貨決済サービスでの自動為替振替は、米国株取引を行った翌国内営業日に行われます。そのため、円貨決済でお取引した翌国内営業日(自動為替振替が行われた日)が初回入金日となります。

以上により、本キャンペーンの起点は円貨決済でお取引した翌国内営業日になるため、初回取引日の取引手数料(税抜)はキャッシュバック対象外となりますのでご注意ください。

米国株の初回取引日の取引手数料(税抜)をキャッシュバック対象とするためには、事前に①の為替振替を行っていただくようお願いいたします。

キャンペーン概要

キャンペーン期間 2022年1月5日(水)~2022年2月28日(月)
キャンペーン内容 初回入金してから40日間の米国株取引手数料(税抜)を、全額米ドルでキャッシュバックいたします。
対象商品 米国株取引(個別株、ETF)
対象となるお客様 外国株取引口座において、初回入金(①円→米ドルへの為替振替取引②外貨お預り金の米ドルの外国株取引口座への振替③円貨決済サービスを利用した米国株取引、のいずれか)を行ったお客様

初回入金は以下のいずれかを初めて行った場合を指します。

  1. ① 外国株取引口座内の為替振替(外国為替取引)にて、日本円→米ドルへの振替

    外国株取引口座に円資金を振替えるのみでは、本キャンペーンのキャッシュバック期間の起点とはなりません。

  2. ② 証券総合取引口座の外貨振替にて、外国株取引口座へ米ドルの外貨お預り金を振替
  3. ③ 円貨決済サービスを利用した米国株取引

③ の場合、キャッシュバック期間の起点は、取引日の翌国内営業日になります。

キャッシュバック時期
および方法
外国株取引口座において初回入金(円→米ドルへの為替振替取引または、外貨お預り金の米ドルの外国株取引口座への振替、円貨決済サービスを利用した米国株取引)を行った日の翌々月末までに、米国株取引手数料(税抜)全額を外国株取引口座へ米ドルで入金いたします。
注意事項 キャッシュバック時に外国株取引口座を閉鎖されている場合は対象外となります。
NISA用米国株口座でのお取引は、本キャンペーンの対象外となります。
USAプログラム対象の米国ETF9銘柄の買付手数料(税抜)は、本キャンペーンのキャッシュバック対象外となります。
売却時のみ発生する現地取引費用「SecFee」は、キャッシュバックの対象外です。
IFAサービスをお申込みのお客様は本キャンペーンの対象外となります。
キャッシュバックの金額によっては、税法上、確定申告が必要になる場合がございます。詳細については、税理士または最寄りの税務署にご確認いただきますようお願い申し上げます。
キャッシュバック対象期間の終了日が、営業日に当たらない場合(土日祝日など現地非取引日)は、直前の営業日をもって期間満了となります。

キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

米国株のお取引をするには

口座開設

マネックス証券に口座開設をいただくと、自動的に外国株取引口座も開設され、すぐに米国株のお取引きを始めていただけます。(一部のお客様を除く)
詳しい口座開設の流れは、以下をご確認ください。

口座開設

手続きはすべて ウェブサイト上で完了!
最短で翌営業日から 取引可能!
もちろん 口座開設・維持費は かかりません!

2020年3月15日以前に証券総合取引口座を開設された場合は、別途、外国株取引口座のお申込みが必要です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

入金・資金移動・米ドルへの両替

外国株取引口座が開設されたら、外国株取引口座に米ドルをご準備いただきます。

【STEP1】 銀行からの入金
【STEP2】 外国株取引口座への資金移動
【STEP3】 米ドルへの両替

詳細は、米国株の入出金ページをご確認ください。

米国株の入出金

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等>

米国株式等の委託取引では、約定金額に対し0.45%(税込:0.495%)(ただし、手数料上限20米ドル(税込:22米ドル))の国内取引手数料がかかります。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の取引手数料は、1注文の約定金額により異なり、最大14,000米ドル(税込:15,400米ドル)かかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。店頭取引では取引手数料はかかりませんが、取引価格は当社が直近の米国金融商品取引所の終値等をベースとして合理的に算出した基準となる価格に、概ね1.5%(最大5.0%)の値幅を加減して決定いたします。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。