バフェットが「株価が下がると嬉しい」と言った銘柄は?

バフェットが「株価が下がると嬉しい」と言った銘柄は?

伝説の投資家ウォーレン・バフェットが経営する「バークシャー・ハサウェイ(BRK.B)」の株主総会に参加しました!シリーズ第2弾の本コンテンツでは、株主からの質問に対しバフェットと共同経営者であるチャーリー・マンガーがどのように答えたのか、その回答内容の一部をご紹介します。ウォーレン・バフェットはとある銘柄について「株価が下がると嬉しい、だって......」とその理由を明かしました。

vol.1 ウォーレン・バフェットの株主総会に参加しました

vol.3 バフェットが6四半期連続で買い増した銘柄とは?

本コンテンツは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではございません。また、過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

バフェット株主総会グッズ プレゼントキャンペーン

株主との質疑応答とは?

バークシャー・ハサウェイの株主総会では、毎年長時間にわたってウォーレン・バフェットとチャーリー・マンガーが株主からの質問に回答します。約6時間と総会の中で最も時間が割かれたパートであり、株主たちはこれを聞きに総会に参加していると言っても過言ではありません。

本コンテンツでは株主からの質問に対するバフェットとマンガーの回答を要約しマネックス証券が和訳しています。回答の主旨を変更しないよう和訳には万全を期しておりますが、その正確性を保証するものではありません。

ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)

1930年8月30日生まれの87歳(2018年5月時点)。米国のネブラスカ州オマハ出身で、投資会社バークシャー・ハサウェイの会長兼CEOを務める。伝説的な投資成績によって莫大な資産を築いているにも関わらず、謙虚な人柄や質素な生活を送っていることから「オマハの賢人」とも呼ばれる。

チャーリー・マンガー(Charlie Munger)

1924年1月1日生まれの94歳(2018年5月時点)。バフェットと同じくオマハ出身で、若かりし頃にバフェットと出会って意気投合し、バークシャー・ハサウェイの共同経営者を務めるようになる。

イントロダクション-米国株長期投資のススメ-

バフェット:まず最初に私についての話をしましょう。私は1942年に「シティサービス」という銘柄をウォッチしていました。前年に84ドルだった同社の株価は1942年のはじめには55ドル、3月には40ドルまで下落していました。私は父親に「シティサービスを3株買いたい」と伝えました。私が当時持っていた全額です。たった11歳の時でした。父は私の代わりに38.25ドルでその株を買ってくれました。その後株価は27ドルまで下がった後、40ドルまで上昇したところで私は売却して計5.25ドルのわずかな利益を得ました。

同じ時期に米国株のインデックスファンドに投資したとします。もし1942年に10,000ドルを投資していたら、それは今では5100万ドルの価値になっています。会計学を理解する必要もなく、相場を見る必要もなく、上がりそうな銘柄を探す必要もなく、米国が困難を乗り越えて成長していくということだけをわかっていればよかったのです。

同じ時期にゴールドを10,000ドル購入していたら現在400,000ドルの価値になっています。米国株への投資はゴールドへの投資より100倍以上の価値があったのです。会計学も、専門用語も学ぶ必要はなく、中央銀行が何をしているかも知る必要はありません。哲学的な問題であり、どうやってやろうか問うことすら忘れてしまえばいいのです。

ダウ平均の推移(1942年~)

ダウ平均の推移(1942年~)

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成

米国についての見通しなど

質問:米国と中国の貿易戦争の影響は?

バフェット:米国と中国は今後も超大国であり続けるでしょう。そして両国は多くの共通の関心事項を持っており、時には緊張状態になることもあるでしょう。ただ世界中が自由貿易を行うメリットが大きいことは明白であり、世界の反映を犠牲にしてはなりません。ただ、米国と中国は本格的な貿易戦争に突入するほど愚かではないでしょう。

質問:米国の政治的分裂は今までよりも深刻でしょうか?

バフェット:今までにもっと深刻な分裂が起きたことがあったと思います。1942年以来14人の大統領が誕生し、7人は共和党、7人は民主党でした。暗殺された人もいれば、辞職した人もいました。我々は景気後退、戦争、パニック、危機など様々な経験をしてきましたが、それを乗り越えて米国は本当に前進しました。我々はいつもたくさんの不平を言い、「この選挙後に世界はおしまいだ」なんて言ったりもしました。この国で、一人あたりGDPが16倍に成長したことを私は見てきました。驚くべき国です。私はまた、この国に生まれたいなぁと思うんです。

マンガー:私達は今の政治家は過去の政治家よりもさらにひどいと思ってしまう傾向がありますが、過去の政治家がどれほどひどかったかを忘れてしまいがちです。私は、ネブラスカの有名な議員が、どうやったら平凡な人が上院で代表権を持たないようにできるかを議論していたのをよく覚えています。

質問:10億ドルあったら何に投資しますか?新興国投資を増やしますか?

バフェット:まずはまだまだチャンスがありそうな米国の中で探すでしょうね。ただ新興国を除外することはありません。かつては小さな韓国企業の株を楽しみに持っていました。10億ドルあったら、まずは米国内とおそらくもういくつかの国を探しますが、とても小さな市場には投資しないと思います。サイズの問題で、地理が問題なのではありません。

マンガー:私はすでにあなた(質問した株主)よりも投資割合として多くの中国企業の株を持っていますよ。中国は狩りができる場所(銘柄を探せる場所)だと思います。中国は若い市場ですが、それでもなお大きい市場です。

各種個別銘柄について

質問:アップル(AAPL)の100億ドルの自社株買いについてどう考えていますか?

バフェット:100億ドルは多額のお金です。かつてはそう思っていました。みなさんは、私よりも理解していると思いますが、アップルは、信じられないほどの消費者製品を持っています。私は彼らにとって魅力的な買収対象がたくさんあるとは思っていません。50-200億ドルの範囲で彼らにとって魅力的な買収案件を見つけるのはとても難しく、我々は、喜んで自社株買いを行うのを見守っています。

我々は今アップル株の5%を保有しており、自社株買い後は6-7%に届くかもしれません。アップル製品は素晴らしい製品で素晴らしいエコシステムです。アップルは、超越した製品や、とてつもなく大きなエコシステムをもって、極めて粘り強くならなければなりません。私は、アップルの価格が下がっていくのを見るのが好きです。だってもっとたくさん買えるんだから。(アップル経営者の)ティム・クックは、とても単純な算数ができるし、自社株買いをするか、配当を支払うか、会社を買うかどれにするかという、複雑な算数もできます。

マンガー:多くの会社は自社株買いをするよりも上手に自分たちの現金を利用することができません。でも私はすべての自社株買いを認めているわけではありません。株価を維持するために、自社株買いをする人もいるが、それは頭がおかしいし、道徳に反します。それ以外だったら、OKです。

アップルの業績推移

アップルの業績推移

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成

アップルの株価推移(2011年1月~)

アップルの株価推移(2011年1月~)

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成

質問:どうしてマイクロソフト(MSFT)の株を購入してこなかったのですか?

バフェット:まず以前は我々が愚かだったから、というのが答えです。しかしビル・ゲイツがバークシャーの取締役に就任した後は親交が深まるにつれてマイクロソフトの株を買うことは間違いのもとになり得ました。もし何かが起きたら、我々はインサイダー情報を知っていたのでは、との批判にさらされることになったかもしれません。(運用担当者の)テッドとトッドには少しだけ投資してはいけない銘柄を伝えてあります。

質問:ウェルズ・ファーゴ(WFC)が起こしたスキャンダルについてどう考えていますか?

バフェット:ウェルズ・ファーゴはインセンティブの効能、そして間違ったインセンティブ制度を取っていたことを証明しました。しかしそれより遥かに大きな過ちは欠陥のあるインセンティブ制度があるという事実を無視したことです。バークシャー・ハサウェイの大罪は、それを知ってから何もすることができなかったことです。ウェルズ・ファーゴの387,000人の従業員すべてをベンジャミン・フランクリンのように規律正しく行動させることはできません。はっきりしていることは、何が起こっているか判明したときにしっかりと対応しないといけないということです。それが重要です。

ウェルズ・ファーゴとソロモンブラザーズはそれをしませんでした。過去にアメックスにもガイコにも問題は起こりました。どちらの会社もどん底から浮上し、信じられないほど強くなって帰ってきました。投資の観点からもモラルの観点からも、ウェルズ・ファーゴだけが他よりも劣っていると考えられる理由が見当たりません。彼らは大きな過ちを犯しました。とても大きな代償です。私は、投資対象としてウェルズ・ファーゴが好きです。CEOのティムスローンも気に入っています。

マンガー:ウェルズ・ファーゴはどんどん良くなっていくでしょう。たしかに、どうみても過ちを犯しましたが、彼らは強くその問題を認識しとても恥じており、もう二度と問題を起こしたくないと考えています。彼らは、将来、すべての銀行の中で一番素晴らしい振る舞いをする銀行になると思います。

ウェルズ・ファーゴの業績推移

ウェルズ・ファーゴの業績推移

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成

ウェルズ・ファーゴの株価推移(2011年1月~)

ウェルズ・ファーゴの株価推移(2011年1月~)

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成

新規口座開設デビュー応援プログラム

米国株取引の流れ

手数料全額キャッシュバック

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

現地で独自調査してきました

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。
当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。