出だし好調の新製品で業績復活なるか?Fitbit

出だし好調の新製品で業績復活なるか?Fitbit

シリコンバレーのIT企業を4社訪問し、各企業のIR担当者に強みや今後の展望などを聞いてきました。本コンテンツでは日本での愛好者も多いフィットネス機器メーカーのFitbitをご紹介します。説明していただいたのはFitbit本社でIRを担当するThomas Hudson氏です。

140文字で発信するSNSサービス Twitter

PDFだけじゃない!新たな強みで急成長中 Adobe

セキュリティ関連事業が成長の柱に Juniper Networks

本コンテンツはシリコンバレーに本社を置く米国企業4社に行ったインタビューを紹介するもので情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではございません。また、過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

業績の苦戦と今後の戦略

-本日はよろしくお願いします!まず最近のビジネス状況について教えてください。

よろしくお願いします。ご存知の通りFitbitはIPO以降なかなか業績が伸びず苦戦していますが、それを打開するために4つの観点から改善に取り組んでいます。1つ目が「変動の大きいウェアラブルマーケットへの適応」2つ目が「ヘルスケアの世界に踏み込んでいくこと」3つ目が「機器だけでなくソフトウェアの開発に力を入れること」4つ目が「業務の効率化をあげること」です。

Fitbitの株価推移

Fitbitの株価推移

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成

-「ウエアラブルマーケットへの適応」とは具体的にはどういったアクションでしょうか?

これが米国で2週間前に発売したばかり(インタビュー当時)の新製品です。バッテリー寿命が長くなり4日以上充電なしで使えます。音楽が聞けて、クレジットカードを登録すれば買い物もできます。第1週から記録的な売上を達成しています。

新製品のfitbit versa(マネックス証券撮影)

新製品のfitbit versa(マネックス証券撮影)

-ユーザーに評価されているポイントはどういった点ですか?

やはり価格に対する価値だろうと思います。米国での販売価格は200ドルくらいです。競合他社の製品と比べて非常に競争力のあるクオリティ、価格だと考えています。GPSのような高コストの部品を外したことなどで競争力のある価格を実現することができました。また、最初に製品を出した際には専用のソフトウェアをいちから作ったのでコストが多く必要でしたが、現在は一度作ったプラットフォームをベースに作っているのでコストをおさえることができています。

-新製品を購入しているのは新規顧客または過去の購入顧客のどちらが多いですか?

両方ですが、40%は再購入の方です。そして面白いことにそのうちの半分はもともと持っていた端末を使っていなかった人なのです。新製品の発売をきっかけにまた使ってみようと考えたようですね。

-端末以外で力を入れているポイントについても教えてください。

今後はソフトウェアによる健康意識への動機づけが鍵を握ってくると考えています。そしてそういった人々のコミニティを醸成していくことが大切です。現在のソフトウェアは例えば自分がランニングした距離がランキング表示されるなどの機能を備えています。睡眠、血糖値、心臓に関連したデータなどを取ることができます。今後はこういったデータを医療に有効利用していきたいと考えています。以前は端末を売るということだけにフォーカスしすぎていたのかもしれません。

-これまで業績が低迷してしまっていた理由をどのように考えていますか?

先ほどもお話したとおり端末を売ることのみにフォーカスしすぎていたということと、製品自体の魅力にも足りない部分がありました。まず大きすぎたこと、そして価格が高すぎたこと、女性にアピールできる点が少なかったことなどが挙げられます。これらの分析を元に新製品を作りました。新製品は販売価格を下げることができましたが、それによって利益率が下がっているわけではありません。

Fitbitの業績推移

Fitbitの株価推移

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成

-Googleとの提携を発表されました。その意図はどのようなものですか?

3つの焦点があります。1つ目は「データインフラをグーグルのプラットフォームにのせることで我々の運用コストが下がること」2つ目は「我々のデータを使いAIなどを活用しながら医療用のアプリケーションの開発を志向していくこと」3つ目は「電子医療記録との連携を模索すること」です。Googleに限らず、大小の企業と連携しながらスケール効果を発揮してコストを下げながら新技術の開発などに取り組んでいきたいと考えています。

-最後に日本の投資家にメッセージをお願いします。

新製品の滑り出しは非常に好調ですし、まもなく日本の皆様にもお届けできる予定です(2018年6月から日本で販売開始)。ぜひ今後のFitbitに期待してください。

米国株取引の流れ

手数料全額キャッシュバック

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

現地で独自調査してきました

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。