セキュリティ関連事業が成長の柱に Juniper Networks

セキュリティ関連事業が成長の柱に Juniper Networks

シリコンバレーのIT企業を4社訪問し、各企業のIR担当者に強みや今後の展望などを聞いてきました。本コンテンツではルーターや交換機などを手がけるJuniper Networksをご紹介します。説明していただいたのはJuniper Networks本社でIRを担当するJess Lubert氏です。

140文字で発信するSNSサービス Twitter

PDFだけじゃない!新たな強みで急成長中 Adobe

出だし好調の新製品で業績復活なるか?Fitbit

本コンテンツはシリコンバレーに本社を置く米国企業4社に行ったインタビューを紹介するもので情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではございません。また、過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

Juniper Networksのビジネスは?

-本日はよろしくお願いいたします。日本でのJuniperの知名度はそれほど高くありません。御社はどんなビジネスを手がけているか簡単に教えてください。

我々には主に3つのビジネスがあります。1つ目は「ルーター」2つ目は「交換機」3つ目は「セキュリティ」です。我々の業績は世界のデータ交換量に左右される面があります。足元では世界的にクラウド化が進んでおり、投資コストが下がっています。そのおかげで中小企業もどんどんビジネスに参入できるようになりました。これは我々のビジネスにとって追い風です。

-各ビジネスの状況はいかがですか?

ルーターは我々の基幹ビジネスで、景気との連動性が高いと言えます。交換機はクラウド化が活発になるなかで必要になるものなので今後も堅調に伸びていくと考えています。そしてセキュリティは特に有望な分野で業績の伸びが大きく今後も積極的にシェアを獲得できればと思います。

-セキュリティビジネスの具体的な内容を説明していただけますか?

企業のITシステムの周辺部に設置するファイアーウォールに関連したものを手がけています。銀行や大きなネットワークを運営する大企業、通信会社などが主な顧客です。ビジネス上のライバルはパロアルトネットワークス、チェックポイント、シスコ、フォーティネットなどでしょう。最近世界的にセキュリティ対策の必要性が非常に高まっています。海外からのハッキング等でデータ流出などが起きると企業のブランドにも傷がつきますから、企業は本当に真剣に取り組んでいます。

-セキュリティビジネスが特に伸びている要因はありますか?

実は我々は2004年にネットスクリーンというセキュリティ企業を買収しましたが、我々がセキュリティビジネスを理解できていなかったこともありうまくいきませんでした。現在のCEOが2015年からこのビジネスの立て直しに取り組んでおり、その成果が出てきています。

Juniper Networksの株価推移

Juniper Networksの株価推移

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成

Juniper Networksの業績推移

Juniper Networksの業績推移

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成

-今後特に注力する予定の地域はありますか?

アジア太平洋地域、欧州アフリカ地域ももちろん大切ですが、やはり米国が最重要地域だと考えています。我が社の売上の半分以上は米国ですし、今後も有望な市場でしょう。

-今後の株主還元やM&Aの方針を教えてください。

自社株買いと配当を通じて株主還元を最大化していきたいと考えています。M&Aについては、これまで比較的小さい会社の買収を年間数社行っており、今後も同じようなペースで続くのではと思います。我々のビジネスを強化できるソフトウェア会社の買収が中心になるでしょう。当面は既存ビジネスの強化に力を入れていく方針です。

-最後に日本の投資家にメッセージをお願いします。

我が社のビジネスをしっかりと見ていただきたいです。今後も我々がやっているビジネスは伸びていく分野だと思います。我々はコスト削減もしっかりやっていきます。株主還元も非常に重要視しています。ぜひ期待してください。

Juniper Networks本社にて

Juniper Networks本社にて

米国株取引の流れ

手数料全額キャッシュバック

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

現地で独自調査してきました

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。