ウォーレン・バフェットが個人投資家に勧めた投資法?

ウォーレン・バフェットが個人投資家に勧めた投資法?

伝説の投資家ウォーレン・バフェットが個人投資家にどのような投資法を勧めたかご存じでしょうか?本コンテンツではウォーレン・バフェットが彼の経営するバークシャー・ハサウェイ(BRK.B)社が発行する「株主への手紙」の中で言及した個人投資家に勧めた投資法についてご紹介します。

ウォーレン・バフェットが個人投資家に勧めた投資法とは?

プロではない投資家の目的はパフォーマンスの良い銘柄を選ぶことではありませんし、それを実際にすることは本人にもその助言者にも難しいでしょう。むしろ大切な目的は概してうまくいきそうなビジネスに横断的に投資することです。

S&P500に連動する低コストのインデックスファンドに投資することによりこの目的は達成できるでしょう。

(出所)2013年のバークシャー・ハサウェイの「株主への手紙」の一部をマネックス証券が和訳

上記のとおりウォーレン・バフェットは「株主への手紙」の中でプロではない投資家(個人投資家)は、S&P500に連動する低コストのインデックスファンドに投資することを勧めています。さらにバフェットは続いて自分の遺産の運用方法について以下のアドバイスを行いました。

私から管財人へのアドバイスはこれ以上ないほどシンプルです。「10%の現金で米国短期債を買い、残る90%の現金でS&P500に連動する非常に低コストのインデックスファンドを買う」のが良いと思います。(私はバンガードのインデックスファンドを勧めます)。

この方針で運用された信託財産の長期間のパフォーマンスは多くの投資家と比べて優れたものになるでしょう-例えば高いコストでファンドマネージャーを雇っている年金基金や運用機関などよりも、です。

(出所)2013年のバークシャー・ハサウェイの「株主への手紙」の一部をマネックス証券が和訳

ウォーレン・バフェットと言えば独自の手法に基づいた個別株投資の達人として知られています。ただそのウォーレン・バフェットが自分の遺産については、個別銘柄への投資ではなく米国短期債とバンガード社が運用する低コストのインデックスファンドで運用することにより、優れたパフォーマンスを実現できるだろうと述べています。それではS&P500は本当に良いパフォーマンスを達成してきたのでしょうか?日本を代表する株価指数であるTOPIXとパフォーマンスを比較してみました。

S&P500とTOPIXのパフォーマンスを検証

以下のグラフと表に示したとおり、1990年から2019年までの株価パフォーマンスはS&P500がTOPIXを大きく上回ってきました。
1990年末を100として現在S&P500が9倍以上になっているのに対し、TOPIXは100さえ下回っています。また、30年間でS&Pの上昇回数は21回、平均上昇率が+8.8%であるのに対しTOPIXの上昇回数は15回、平均上昇率は+0.7%と冴えない成績です。
このような成績を見ると「米国株はバブルなのでは?」と不安に思われるお客様もいらっしゃるかもしれません。続いて両指数の利益成長率をご紹介します。

S&P500とTOPIXの推移(1990年末=100)

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成 2019年は7月5日までの株価で計算

1990年から2019年までの年ごとのS&P500とTOPIXの比較

S&P500 TOPIX
上昇回数 21 15
下落回数 9 15
上昇割合 70.0% 50.0%
年間平均
上昇率
+8.8% +0.7%

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成

S&P500とTOPIXの1株あたり利益(EPS)の成長率は?

以下のグラフのとおり、S&P500・TOPIXとも1株あたり利益(EPS)は成長曲線を描いています。両指数の大きな違いは成長率の安定性にあると言えるでしょう。S&P500が長期間安定的に利益を伸ばしているのに対し、TOPIXは年ごとのバラツキが目立ちます。
もちろん米国株も日本株も今後一時的に株価が大きく下落する可能性は否定できませんが、過去の実績からすると企業利益の長期的な成長可能性は米国のほうが大きいのかもしれません。

S&P500とTOPIXの1株あたり利益の推移

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成

ウォーレン・バフェットも勧めたバンガード社のETFとは?

ウォーレン・バフェットは株主への手紙の中で、「バンガード社のS&P500に連動する低コストのインデックスファンド」を勧めていました。バンガード社が運用を行うバンガード・S&P500ETF(VOO)は、保有コストに当たる年間経費率が0.03%と世界屈指の低コストのインデックスファンドです。グラフに示したとおりVOOは組成されてから現在までS&P500とのパフォーマンス乖離はほとんど発生していません。

バンガード・S&P500ETF(VOO) 経費率:0.03%

S&P500指数のパフォーマンスへの連動を目指します。

バンガード・S&P500ETF(VOO)とS&Pの推移(2010年9月末=100)

(出所)Bloombergデータよりマネックス証券作成

最低取引手数料を無料へ! 0.1米ドル ⇒ 0米ドル(無料)

マネックス証券では米国株取引において、2019年7月22日(月)米国現地約定分(7月23日国内約定分)より、最低手数料(税抜)を0.1米ドルから、0米ドル(無料)へ引き下げいたします!

また、米ドルの為替手数料(買付時)につきましても過日ご案内いたしました通り、2019年7月8日(月)から2020年1月7日(火)国内約定分(予定)まで無料としております!

米国株をご売却時に本取引手数料のほか、現地取引手数料がかかります。詳細は以下のページをご確認ください。

マネックス証券 米国株 手数料詳細

主要ネット証券 米国株取引手数料比較(税抜)(2019年7月22日以降)

米国株取引手数料 マネックス証券 楽天証券 SBI証券
取引手数料 約定代金の0.45% 約定代金の0.45% 約定代金の0.45%
最低手数料 0米ドル
(無料)
0米ドル
(無料)
0米ドル
(無料)
最大手数料 20米ドル 20米ドル 20米ドル

カブドットコム証券・松井証券は米国株の取扱いはありません(2019年7月10日現在)。

当社最低手数料の引き下げは、2019年7月22日(月)現地約定分からを予定しております。

上記に記載の情報は、2019年7月10日に当社が確認した情報です。詳細は各社のウェブサイトにてご確認ください。

取引手数料の端数処理の関係上、最低手数料0米ドルが適用されるお取引は、約定代金が1.11米ドル以下のお取引になります。

7月19日(金)まで最低取引手数料 0.1米ドル! ~主要ネット証券最安~

マネックス証券では2019年7月8日(月)米国現地約定分より、既に引き下げを実施しており、7月19日(金)までは主要ネット証券最安の最低取引手数料(税抜)0.1米ドルにてお取引いただけます!
この機会にぜひ、マネックス証券で米国株取引の世界をご体験ください!

マネックス証券の米国株取引 5つの特徴

マネックス証券の米国株取引は、お客様のお取引を強力にサポートする環境を取り揃えております!
他の証券会社では味わうことのできない米国株取引環境を存分に味わっていただくため、5つの特徴をご紹介いたします(各特徴の詳細は、以下のページをご確認ください)。

マネックス証券だけの米国株の機能・サービスとは?

  1. いつでもどこでも米国株取引を! ~主要ネット証券でスマートフォンアプリで米国株取引を~
  2. 主要ネット証券で随一の取扱い銘柄数! ~取扱銘柄は3,400銘柄超~
  3. 最大注文有効期間は90日間! ~再発注の手間をなくします~
  4. 米国株で朝活を! ~24時間のお取引が可能です~
  5. 米国ETFを売買手数料を実質無料で! ~ゼロETFプログラム~

ご留意事項

  • 記載している期間、条件は変更される場合があります。変更がありましたら改めてウェブサイト上でお知らせいたします。
  • 2019年7月22日(月)現地取引時間における約定時まで、米国株取引画面における手数料額が過去の最低取引手数料額(0.1米ドル)にて表示される可能性があります。差し引かれる手数料金額につきましては変更後の最低手数料額(0米ドル)にて計算されております。あらかじめご了承ください。
  • 本変更に伴い、米国上場有価証券等取引に係る上場有価証券等書面の改定を予定いたしております。改定後はウェブブラウザ上でご確認の上、お取引ください。
    米国株取引に係る契約締結前交付書面 改定のお知らせ(2019年7月8日更新)
  • 最低取引手数料の変更は、NISA口座でのお取引も対象となります。
  • 米ドルの為替手数料無料化(買付時)につきましては、外国株取引口座内での振替が対象となります。証券総合口座内での振替は対象外となりますので、ご留意ください。ご不明な点がございましたら以下コールセンターまでお問合せください。
    マネックス証券 コールセンター

最低手数料引き下げに伴うキャンペーンも開催中!

どなたでも応募可能!アメリカ旅行があたるキャンペーン実施中

米国株厳選銘柄レポートBOOK2019年夏号プレゼントキャンペーン

米国株のお取引をするには

米国株を取引するためには、外国株取引口座の開設(無料)が必要です。
ウェブサイト上から簡単に、もちろん無料で開設いただけます。

米国株のお取引を始めるには、外国株取引口座を開設後、
①資金振替(円資金の移動)
②為替振替(円を米ドルへ交換)、もしくは円貨資金の連携指示が必要です。

マネックス証券の米国株取引の仕組みはこちら

米国(アメリカ)株 円貨決済

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引デビュー応援!手数料全額キャッシュバック

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料0.1米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。