「投信つみたて」で資産形成をはじめよう!

「投信つみたて」からはじめよう!

貯金ではお金が増えないけど、投資はリスクがあるから少し怖い。そんな方には少額からはじめられる投資信託を使った積立投資(投信つみたて)がオススメ。
積立投資なら、つみたてNISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)など節税しながら、低コスト・低リスクで投資できるおトクな制度も活用できます。
あなたの未来をより豊かにするため、一歩踏み出してみませんか。

「投信つみたて」のメリット

メリット1:月々100円から世界中に分散投資できる

メリット1:月々100円から世界中に分散投資できる

投資信託とは、投資家からお金を集めて、専門家に運用してもらう金融商品です。さまざまな種類の投資信託が存在し、たとえばグローバルに株式や債券に投資する投資信託では、個別に購入するのが難しい新興国を含めた株式や債券に間接的に投資できるメリットがあります。

メリット2:自動購入・自動引き落としでストレスフリー

メリット2:自動購入・自動引き落としでストレスフリー

「投信つみたて」は、一度申し込めば毎月自動で買付が行われるので、注文の手間がなく、買い忘れる心配もありません。
さらに、いつもご利用の金融機関からの引落しにすれば、面倒な入金手続きも不要です。忙しい方も手軽に続けることができます。

メリット3:投資タイミングの分散でリスク低下

メリット1:月々100円から世界中に分散投資できる

投資信託の価格は日々上下するため、買い時を見極めるのはプロにも簡単ではありません。積立投資では価格の変動に惑わされず、毎月決まったタイミングで決まった金額分を購入するため、価格が高い時には少ない口数、価格が低い時には多い口数を買付けることができます。長く続けることで、1口あたりの取得単価(平均取得単価)を低く抑える効果が期待できます。

「投信つみたて」で使える節税制度

「投信つみたて」の1番のメリットは、2種類の節税制度を活用できることかもしれません。
60歳まで引き出せない代わりに、節税効果が非常に高いのがiDeCo。一方、つみたてNISAは節税効果では劣るものの、制限が少なく、最長20年間利用できるなど、異なる特性があります。
2つの制度を併用することもできますので、どちらか迷ったら、投資金額を半分ずつに分けて、両方試してみるのも良いかもしれません。

節税しながら自分年金づくり

iDeCoロゴ

個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)

サービス詳細を見る

いつでも取り崩せる長期積立なら

つみたてNISAロゴ

少額投資非課税制度
つみたてNISA(ニーサ)

サービス詳細を見る

節税しながら資産を作ろう iDeCo & NISA 徹底比較ガイド

マネックス証券の「投信つみたて」のメリット

つみたて可能な商品が豊富

充実のラインアップ数

1,060 銘柄以上

(2018年10月12日現在)

申込手数料を全額キャッシュバック

お申込不要の「ゼロ投信つみたて」プログラムで
投資信託の申込手数料(購入時)が

実質 0

「ゼロ投信つみたて」の詳細

無料だから続けられる

銀行引落による投資信託の購入も
NISA口座への定期自動入金も

引落手数料は 0

対応金融機関等の詳細

おトクなポイントサービス

投資信託の購入・保有で

人気のポイントサービスと
交換できる
マネックスポイントが貯まる

マネックスポイントの貯め方

新規口座開設
ゼロ円投資デビュー

お問い合わせは
「はじめてのお客様ダイヤル」へ

新規口座開設の手続き方法やマネックスのサービスについてのご質問にお答えします。

携帯・PHSから(通話料有料)

03-6737-1667

平日:8:00~17:00

固定電話から(通話料無料)

0120-430-283

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際には、申込金額に対して最大3.5%(税込3.78%)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日またはその翌営業日の基準価額に最大1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。さらに、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.60%(税込 2.6824%)(概算)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

NISA(つみたてNISA含む)、ジュニアNISAの口座開設およびお取引に関するご留意事項

口座開設および金融機関変更に関して

・NISA口座(つみたてNISA含む)、ジュニアNISA口座(未成年者口座)および課税未成年者口座は、同一年(1月~12月)において、1人1口座(1金融機関)までの開設となります。NISA口座は金融機関変更が可能ですが、ジュニアNISA口座および課税未成年者口座は不可となります。その年の買付けが既に行われている場合、金融機関変更はできません。また、NISA口座の残高を他金融機関へ移管することはできません。・NISA、つみたてNISAは選択制であり、同一年に両方の適用を受けることはできません。・ジュニアNISA口座および課税未成年者口座の開設には、親権者様(法定代理人)および未成年者ご本人様の証券総合取引口座の開設が必要です。マネックス証券では、当該親権者様のみがジュニアNISA口座および課税未成年者口座における運用管理者となることが可能です。

お取引に関して

・上場株式などの配当金等を非課税で受け取るためには、「株式数比例配分方式」をご選択いただく必要があります。・投資信託の分配金のうち特別分配金については従来より非課税です。・投資信託の分配金の再投資買付は非課税投資枠(NISA:120万円、つみたてNISA:40万円、ジュニアNISA:80万円)を使用します。超過している場合は分配金受取となります。・外国株のお取引には外国株取引口座およびNISA口座の開設が必要です。ジュニアNISA口座における外国株の取扱いは未定です。・年間の非課税枠はNISAが120万円、つみたてNISAは40万円、ジュニアNISAは80万円となります。売却しても非課税枠は再利用できません。また、非課税枠の残額(未使用分)は翌年以降に繰り越せません。・NISA口座(つみたてNISA含む)およびジュニアNISA口座で発生した損失は、特定口座・一般口座で保有する商品の譲渡益や配当金等と損益通算できず、また繰越控除もできません。・NISA口座(つみたてNISA含む)およびジュニアNISA口座および課税未成年者口座に関する取引報告書や取引残高報告書等の書面は、すべて電子交付サービスでのご提供となります。

その他

マネックス証券におけるNISA、つみたてNISA、ジュニアNISA取扱商品や、その他の口座開設およびお取引に関するご留意事項につきましては、当社ウェブサイトのNISA特設ページにてご確認ください。

その他のご留意事項

iDeCo(個人型確定拠出年金)に関する留意事項

  • マネックス証券のiDeCoは、証券総合取引口座の開設がなくても申込みできますが、加入者資格条件を満たしている必要があります。
  • 確定拠出年金は加入者が自己責任で運用する年金制度です。運用成績によって、年金資産額が掛金や移換金の総額を下回る場合があります。
  • 運用の実績が将来の年金額に反映されます。将来の年金受給額は定まっていません。
  • 掛金は60歳まで原則引き出すことができません。
  • 国民年金基金連合会、信託銀行に対する一定の手数料がかかります。マネックス証券に対する運営管理手数料は無料です。
  • 詳しくは個別の「商品説明資料」をよくお読みください。

確定拠出年金運営管理機関 登録番号784