サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

初心者コーナー

投資信託Q&A

売りたくてもすぐには売れない?

ほとんどの投資信託はいつでも換金(売却)することができます。

国内公募投資信託では、主に以下の2とおりのタイプがあります。

  • 満期償還までいつでも購入・換金ができる投資信託
    (「追加型」、「オープン型」と呼ばれているのがこのタイプです。)
  • 申込できるのは当初の一定期間(約1ヶ月ほど)のみで、
    あとは満期償還まで追加購入できない投資信託(換金は可能)

【換金(売却)する際の価格について】

いつの日の価格(基準価額)で換金(売却)するかは、投資信託ごとに投資信託説明書(交付目論見書)等で決められています。

国内で発行された公募投資信託であれば、主に以下の3とおりのタイプがあります。

  • 当日の基準価額で換金可能
  • 翌営業日の基準価額で換金可能
  • 毎月の定められた日(特定日)の基準価額で換金可能

なお、当社では、購入する際の注文画面等に表示しています。

基準価額とは

投資信託Q&A一覧

次へ (海外のファンドはハイリスク・ハイリターン?)

口座開設はこちら(無料)