サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

会社情報

松本 大(おおき)から

マネックス証券の会長の松本大です。

私は大学を卒業してから30余年、常に金融・資本市場の真ん中で仕事をしてまいりました。ニューヨーク・ウォールストリートの投資銀行で社会人としての第一歩を踏み出して以来、債券・先物・オプション・スワップ・デリバティブのトレーディング、証券化ビジネス、不良債権ビジネスの立ち上げなどを行い、資産運用業務にも関わりました。

経歴

松本大がマネックスをつくったわけ

インターネットの登場・普及の中で、個人が直接世界中の情報を得て、自ら判断し、株式や投信などを中心に自分で投資をする時代が来るであろうと考え、同じ考えを有する仲間と共に、マネックス証券を1999年に創業しました。
以来、インターネット証券として初めてのIPO取り扱い開始や貸株サービスの導入などを行い、海外株式なども含め商品・サービス・情報の充実に努めてまいりました。自社サービスの充実以外にも、単元株制度の導入に重要な役割を果たすなど、個人投資家の投資活動環境の充実に、全面的に全力で関わってまいりました。

松本大が今考えていること

人生100年時代が実際に到来し、若い方も高齢の方も、「投資をするかしないか、どう投資するか」によって、人生自体の風景が大きく変わる時代になりました。そのような中で、マネックス証券の体制を強化し、さらにマネックスグループ内の連携も強化し、お客さまの人生を豊かにする提案をしていかねばならないと考えています。

清明 祐子から

平素、マネックス証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
マネックス証券の社長を務めます清明祐子です。

みなさまのおかげを持ちまして、当社は今年創業20周年を迎えることができました。
創業来、私たちは、「一歩先の未来の金融」を創るべく、ユニークな商品・サービスを多数提供し、様々な情報を発信してまいりました。
その間、環境は大きく変化し、インターネット自体が新しかった時代から、FinTechによって金融業界の風景も変わり、AIなどのテクノロジーがさらに変革を推し進めています。

当社はこれまでユニークなポジショニングで個人投資家の投資活動のサポートをしてまいりましたが、「令和」の時代を迎える今、新しい体制の下、グループ内の連携強化を図り、また、他社とのアライアンスも模索しながら、新しい価値の提供に努めてまいりたいと存じます。
人生100年時代、お金との付き合い方、生活の在り方、人生の価値観がますます多様化する中、お客様の声を力に、社員一人ひとりが多様な感性を携え、より上手な資産形成・資産運用とその先にあるより豊かな未来の創造に取り組んでまいります。

今後とも、マネックス証券をご支援いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

経歴