会社情報

松本 大(おおき)から

皆さま、こんにちは。
マネックス証券の社長を務めております松本大です。

私は大学を卒業してから30余年、常に金融・資本市場の真ん中で仕事をしてまいりました。ニューヨーク・ウォールストリートの投資銀行で社会人としての第一歩を踏み出して以来、債券・先物・オプション・スワップ・デリバティブのトレーディング、証券化ビジネス、不良債権ビジネスの立ち上げなどを行い、資産運用業務にも関わりました。

経歴

松本大がマネックスをつくったわけ

インターネットの登場・普及の中で、個人が直接世界中の情報を得て、自ら判断し、株式や投信などを中心に自分で投資をする時代が来るであろうと考え、同じ考えを有する仲間と共に、マネックス証券を1999年に創業しました。
以来、インターネット証券として初めてのIPO取り扱い開始や貸株サービスの導入などを行い、海外株式なども含め商品・サービス・情報の充実に努めてまいりました。自社サービスの充実以外にも、単元株制度の導入に重要な役割を果たすなど、個人投資家の投資活動環境の充実に、全面的に全力で関わってまいりました。

松本大が今考えていること

今、世界は激動の時代です。リーマンショック以来続いた各国の金融緩和策はようやく出口を見始め、長く続いたデフレもほとんどの国で終わり、インフレの時代に入り始めました。中国の存在感はますます大きくなり、世界の覇権のバランスも確実に変わってきています。

その中で、投資をする環境も大きく変わってきています。投資をするかしないかで、人生設計をする基盤が大きく変わる時代です。そして投資も、「何に」投資するか、「どう」投資するかで、結果が大きく変わる時代です。
「いい」投資の選択肢も、かつてに比べて飛躍的に増えました。
個人の皆さまに、「上手にいい投資」をしていただくのが私たちマネックス証券の願いです。