サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

FX PLUS

【動画で為替解説】元ファンドマネージャー志摩力男の週間為替展望

2019年11月11日更新分

【動画で為替解説】トランプ大統領、関税引き下げ合意を否定。リスクオンマーケットも一服か。(15:05)

point
  • このところのマーケットは、(1)米中貿易問題、(2)ブレグジット、(3)一部経済指標の後退、という3つの主要な懸念があったのだが、これらが大きく後退したことで、リスクオンマーケットとなっていた。しかし、トランプ大統領が関税引き下げ合意を否定したことから、また暗雲が漂い始めている。
  • ブレグジットに関しては、12月12日投票の総選挙は、実質的に第2の国民投票。世論調査等を参考にすれば、保守党が大きく議席を伸ばすはず。
  • 米雇用は安定しており、FRBは予防的緩和の中止を決定したが、FRBの真意を今週水曜日に予定されているパウエル議長証言からヒントを得たい。

円、米ドル、ユーロをはじめとした注目通貨のチャートのチェックや、経済指標スケジュールのおさらい、その他ファンダメンタルズ分析などをわかりやすく解説いたします。

講師は為替相場に深く精通している元ヘッジファンドマネージャーの志摩力男氏です。
毎週第一営業日に更新予定です。ぜひご覧ください。
(配信日は原則毎週月曜日ですが、祝祭日等の場合は次の本邦証券市場の営業日となります。)

  • どなたでもご覧いただけるセミナーです。
  • 当セミナー内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

FX PLUS口座開設でPayPayギフトカードをプレゼント

講師プロフィール

志摩 力男氏

志摩 力男 氏

元ヘッジファンドマネージャー。
慶應義塾大学経済学部卒。1988 年~1995 年 ゴールドマン・サックス証券会社2006 年~2008 年 ドイツ証券等大手金融機関にてプロップトレーダー(自己勘定トレーダー)を歴任、その後香港にてマクロヘッジファンドマネージャー。世界各地のヘッジファンドや有力トレーダーと交流があり、現在も現役トレーダーとして活躍。

元SDN48メンバー津田麻莉奈と元国際派ファンドマネージャー江守哲の米雇用統計ライブセミナー

本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)に関する重要事項

<リスク>

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

<手数料等>

FX PLUSでは、取引手数料はかかりません。当社は、通貨ペアごとにオファー価格(ASK)とビッド価格(BID)を同時に提示します。オファー価格とビッド価格には差額(スプレッド)があり、オファー価格はビッド価格よりも高くなっています。流動性の低下、相場の急激な変動により、スプレッドの幅は拡大することがあります。

<証拠金>

FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。