サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

FX PLUS

レバレッジ

レバレッジについて

レバレッジとは、預入れている資金(預入証拠金)に対して何倍の為替取引を行っているか=投資倍率を意味します。FX PLUSでは、口座全体の取引額に対して4%(※)以上の証拠金が必要となるため、個別の取引ごとにレバレッジを変更することはできません。
4%の必要証拠金を差入れている場合のレバレッジ効果は最大(25倍)となります。 レバレッジ効果を下げたい場合は、預入証拠金額を4%よりも増やすことにより下げることが可能です。「口座全体」のレバレッジ効果は以下の計算で算出することができます。

南アフリカランド/円(ZAR/JPY)、香港ドル/円(HKD/JPY)は8%となります。また、FX PLUS法人口座の場合、1%以上 の証拠金(ZAR/JPY、HKD/JPYの場合8%以上)が必要で、レバレッジ効果は最大100倍となります。

「口座全体のレバレッジ」=「想定元本(※)」÷「証拠金」

『想定元本』=「為替レート」×「取引数量」

【例1】

米ドル/円(USD/JPY)5万通貨買い、約定価格100.00
証拠金 = 20万円
「想定元本」 = 100.00 × 5万米ドル = 500万円
「レバレッジ」 = 500万円 ÷ 20万円 =25倍

【例2】

米ドル/円(USD/JPY)3万通貨買い、約定価格100.00
証拠金 = 100万円
「想定元本」 = 100.00 × 3万米ドル = 300万円
「レバレッジ」 = 300万円 ÷ 100万円 =3倍

異なる通貨ペアを含む複数のポジションを保有している場合は、全てのポジションについて、上記の「想定元本」を算出し、合計したものを「証拠金」で割ることで、口座全体にかかるレバレッジ効果を計ることができます。

「レバレッジ」は、自己資金に対して何倍の投資を行っているかということを把握する、概算値にすぎないという点に注意が必要です。
「レバレッジ」を何倍にすれば、安全な投資という基準もありませんので、ご自身の投資において損失許容度を考えながら、証拠金額の増減でレバレッジを調整し、リスクをコントロールしていくことが重要です。

【例2】レバレッジ25倍

【例1】レバレッジ3倍

※ レートが100円00銭の場合

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには…

FX PLUSは、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「FX PLUS取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

こちらから簡単にお申込みできます。お申込み日からお取引が可能です。


FX PLUS(外国為替証拠金取引)を試してみたいお客様

本物の口座と同じ為替レートや取引ルールで仮想取引できる、「デモ取引口座」もご用意しています。仮の資産でお試し取引ができるので、初めてでも安心です。
「デモ取引口座」は、証券総合取引口座をお持ちでない方もご利用いただけます。

FX PLUS デモ取引口座の詳細・お申込み