サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

SOR注文での信用取引

信用取引には、金融商品取引所で行われるものの他に、PTS(私設取引システム)において行われるものがあります。PTSにおいて行われる「制度信用取引」と「一般信用取引」をそれぞれ「PTS 制度信用取引」、「PTS一般信用取引」といいます。
マネックス証券では、SOR注文を通じてPTSでの信用取引をご利用いただけます。

SOR注文とは

信用取引におけるSOR注文のイメージ

信用取引におけるSOR注文のイメージ

信用取引のSOR注文では東京証券取引所とPTSから執行する市場を選択します。ダークプールでは注文を執行しません。
また、PTSでの信用取引はSOR注文を介してのみ取次ぎますので、PTSを指定する注文はできません。

SOR取引説明書

マネックス証券のPTS信用取引の特徴

一般信用・制度信用いずれも利用可能

PTS信用取引は制度信用取引と一般信用取引の両方でご利用いただけます。
マネックス証券のPTS制度信用取引における対象銘柄は、ジャパンネクストPTSが定める銘柄です。

PTS信用銘柄(外部サイトを開きます)

東証とジャパンネクストPTSで他市場返済が可能

SOR注文を利用した場合は、東証とジャパンネクストPTSの2市場間で建玉の他市場返済ができます。
東証で建てた建玉をジャパンネクストPTSで返済、ジャパンネクストPTSで建てた建玉を東証で返済することが可能です。

詳細は信用取引ルールをご確認ください。

信用取引ルール

SOR注文利用料は無料・簡単なお申込み方法

PTS信用取引は信用取引の取引手数料でご利用料いただけます。PTS取引による追加的な費用等はいただきません。
また、所定の書面をご提出、ご確認いただいた後、すぐにご利用いただけます。